*

編集力

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。
エッセイ、対談、書評など中身も分量もトーンもバラバラな原稿群が
いったいどうなるんだろう?と実はけっこう心配だったのだが、
すごくうまく編集され、一つの流れにすっきりおさまっている。
杉江さんともう一人腕利きの編集者の人が二人で一生懸命考えてくれたらしい。
こういう本は特に編集者次第で全然変わってくる。
本になるのがすごく楽しみだ。

関連記事

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

書店野宿

2年前、前代未聞の「書店プロレス」を実施した伊野尾書店の伊野尾さんから、 今度は「書店野宿」という

記事を読む

no image

トルコで最も知られたジャナワール写真(画像)日本初公開

私たちがワン湖で撮影した謎の物体の解析をしようとあちこちに依頼しているが、なかなか専門家の方々が

記事を読む

no image

「クロワッサン」で料理デビュー

明後日(3月25日)発売の「クロワッサン」が届いた。 表4(裏表紙?)をめくったところに、内澤

記事を読む

no image

マリンダは馬じゃない

(右絵:斜め後ろから見た、走り行くマリンダ) マリンダはどんな形をしているのか。 レース中であり、し

記事を読む

no image

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、 第3回 酒飲み書店員大賞を受賞し

記事を読む

no image

ソマリアのワークショップで怪しまれる

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってき

記事を読む

no image

深谷陽というアジア風天才漫画家

日本にいる時間が残り少なくなってきたので、 駆け足で紹介。 先日行われたmixiのイベントに、純粋

記事を読む

no image

イスラム飲酒紀行・イスタンブール篇

昨日、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」というコーナーのためのインタビューを受ける。 といっても、担当記

記事を読む

『バウルを探して』が新田次郎文学賞を受賞!!

川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)が 第33回新田次郎文学賞を受

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行辺境チャンネル」は、こんな感じで肩の力を抜きつつ、しかし高野さんと高野さんの作品の魅力と真実に迫ってます。チャットやQ&Aを利用して皆様の質問にもどんどん答えて参ります。 次回は8月1日(土)14時から、テーマは『謎のアジア納… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌8月号発売となりました!大人気連載、高野秀行さんの「SF音痴が行くSF古典宇宙の旅」は、ついにSF初心者の前に高く険しくそびえ立つイーガンに挑みます。様々なサポートに助けられ、高野さんはイーガンを踏破することができるのか?!大注目で… ReplyRetweetFavorite
    • RT : [今日の新着記事] 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行|本の山|KIKI https://t.co/KNNShRiZMX ReplyRetweetFavorite
    • 11日間の東北旅行を終えて帰宅するなり、留守中に届いていた「本の雑誌」と「UP」(東京大学出版会)をむさぼるように読んでしまう。前者は落語本の特集が、後者は川添愛さんの「言語学バーリ・トゥード」が嬉しかった。川添さんがプロレスだけでなくプロゴルファー猿も好きなことも!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 次回の高野秀行オンラインイベント『辺境チャンネル』は、3週間後の土曜日、8月1日午後2時スタート!チケット発売中です! https://t.co/vsjZb8UY5K ReplyRetweetFavorite
    • RT : 日本以外にも納豆は存在するんですね! 「納豆のような柔らかい粘っこさで周囲を巻き込んでいく展開」に興味津々。早く読んでみたい。(竹) 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行 本の山|KIKI - 幻冬… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑