*

歯型

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ワセダの野々村荘の三畳間を再度借りたはいいものの、
家から片道1時間もかかるし、行く用事も特にないし、
誰も宿泊所に使いたがらないしで、
結局手放すことにした。
「手放す」といってもただ借りていただけなんだが。
後任は探検部現役の後輩。
彼は「ワセダ三畳青春記」を読んで早大に入り、探検部に入ったというから
野々村荘に入れて本望だろう。
後輩を連れて大家宅を訪れたら、
大家のおばちゃんとロックンローラーの長男が出迎えてくれ、
この間、長男が34年来の親友と家の中で取っ組み合いの喧嘩をしたという話をしてくれた。
長男が親友を「殺してやる!」と叫んで首を絞めたところ、
親友は長男の腕にかみついた。
「このままじゃどっちかが死んじゃう」と驚いたおばちゃんが110番し、
そのうちパトカーが到着、長男と親友は警察に連行された。
牛込警察署で長男は腕についた歯型を「傷害」の跡として確認された。
しかも歯形は2つ並んでいた。
「大きいほうが友達ので、小さいほうがおふくろだったんだよ。
いや、恥ずかしかったね」と長男。
「え、おふくろ?」
「あのね、あたしも必死になって止めようとして、かみついたのよ」とおばちゃん。
長男の腕に34年来の親友と84歳の母親が二人して食らいついていたらしい。
その2つの歯形を警察は何十枚と、角度を変えて写真撮影していたそうな…。
後輩は唖然としていた。
あとで彼曰く、「まったく本のままなんですね」
彼もやっと私の本が事実を誇張しているのでもなんでもなく、
どちらかといえばマイルドな事件をマイルドに書いていただけと気づいてくれたようだ。

関連記事

no image

ヤノマミ読書VSサバイバル登山家

忙しくてなかなかブログの更新ができなかった。 そうそう、本の雑誌3月号の「冒険本・探検本特集」でと

記事を読む

no image

タマキングはなぜモテる?

土曜日、新宿ネイキッドロフトにて行われたタマキング祭りを見に行った。 私は自分ではイベントにしばし

記事を読む

no image

『怪獣記』見本本、到着!

『怪獣記』(講談社)の見本本がついに届いた。 私は最近よく本を出しているイメージがあるが、ほとんど文

記事を読む

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

no image

笑えてスカッとするフランス映画

軍事産業を皮肉った面白いコメディをやっているというので、 下高井戸シネマに見に行った。 タイトルが

記事を読む

no image

スリランカ人しかいない焼肉屋

探検部の後輩たち数人と渋谷のラブホ街の真ん中にある焼肉屋に行く。 裏情報誌「裏モノジャパン」の編集長

記事を読む

no image

かっこいい公務員たちの物語

片野ゆかの『ゼロ!こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?』(集英社)が本日発売である。

記事を読む

no image

私の目は節穴

前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。 なぜなら茂木大輔『

記事を読む

no image

津波の子ども

 津波で両親が行方不明になった子どもについての緊急メールがまわってきた。  添付された写真を見る限り

記事を読む

no image

サバイバルには向いてない

産経新聞用の書評でベン・シャーウッド『サバイバーズ・クラブ』(講談社インターナショナル)という本を

記事を読む

Comment

  1. かりん より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SA700iS(c100;TB;W24H12)
    「ワセダ三畳〜」を古き良き時代の「トキワ荘」と同感覚で読んだ私としては、今だ下宿も大家さんも健在の事実が嬉しいです。早稲田界隈には、「街の文化遺産」がまだ残ってるんですね。

  2. machi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB5; .NET CLR 1.1.4322)
    こんな有難い(文字通りの意味でも)お話をタダで読めるなんて
    何でもっと早くこのサイトにたどり着かなかったんだろう?

  3. すぎまさ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30)
    はじめまして。高野さんの作品を楽しく読ませていただいております。
    ブログのほうもちょこちょこ読んでわらかせてもらってます。
    おばちゃんの健在っぷりといつまでもロックな長男氏なんですね。
    これからも楽しく読ませていただきます!

  4. hide より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    そうだったんですか!
    大家のおばさんはご健在だったのですね。
    ずっと気になってたんです。まだご健在なのかどうか。
    しかも歯型をつけられるほど元気なのですね。
    万歳!!

  5. トニー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.0.8) Gecko/2009032608 Firefox/3.0.8 GTB5
    「ワセダ三畳青春記」は、去年読んだ本の中で、もっともおもしろおかしく、そして胸に迫った1冊でした。終盤は最高のラブストーリーだと思います。今はそうではないのかもしれませんがw
    それにしても大家さんがご健在とのことで、とても嬉しいです。
    歯形が付くくらい噛む力が残ってるようなので、まだまだお元気なんですね。安心です。
    それにしても息子がなぁ。。。

  6. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    この部屋から新しい純文学が生まれる日を期待していたのですが、残念です。歯ブラシ男も気になります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑