*

願い事は強要から

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。
中島さんの『均ちゃんの失踪』(講談社文庫)の解説を頼まれたとき、
「中島さんに会わせてほしい」と編集者に強要したのが実ったのである。
中島さんは去年、アイオワ大学が主催するIWP(国際創作プログラム)に参加したという。
話題作『日本語が滅びるとき』で水村美苗が紹介しているイベントで、
世界中の作家を招いて、同じ建物に詰め込んで、2ヵ月半、放置するという聞くだけで
楽しそうな催しだ。
(水村美苗の報告とはかなりちがった印象だったそうだ)
30代から40代の作家たちが、第二の青春とばかりハメをはずすとのことで、
(物まね名人の中島さんがそれを面白おかしく再現してみせる)
みなさん、一体何しに行くかわからないが、
「次回はぜひ僕を推薦してください」としつこく何度も繰り返した。
願い事は強要すると実るからである。

関連記事

すごく太っている人は働き者なのか?

タイでは比較的やせた人が多いが、ときおり、男性でも女性でもすごく太った人を見かける。 身長160セ

記事を読む

no image

絶滅動物の生き残り?

さて、マリンダはいったいなにものなのか。 既知の現生哺乳類にはこんな動物はいない。 ところが、過去に

記事を読む

no image

サハラから八王子へ

やっとサハラマラソンの原稿が終わった。 どういう形になるかわからないが、本の雑誌の杉江さんに渡してお

記事を読む

no image

僕が、落語を変える

私は自分のことを「文芸人」だと思っている。 文章を芸とする芸人であるという自覚だ。 だから、「芸人

記事を読む

no image

藤沢周平症候群にお悩みの方へ

前にも書いたが、長年私は深刻な藤沢周平症候群にかかっている。 この病気にかかると藤沢周平以外の時代

記事を読む

no image

高島先生の新刊

高島俊男先生が新刊を送ってくださった。 早速読んでみたが、これもまた名著です。

記事を読む

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

タイの黄金のバーミヤン

バンコクから入り、西のラッブリー県というところに行った。 観光客はほぼゼロだが、なぜかバーミヤンみた

記事を読む

no image

尼僧が行く!

誰か人を別の人に紹介するのがとても好きである。 昔から、自分には彼女がいないのに、友人に女の子を紹

記事を読む

no image

ロンドンのカート居酒屋と在仏ルワンダ難民のワイン

 十日くらい前からどうも胃腸の調子がよくなかったのだが、酒を飲むと不思議に治っていた。そのうち、朝や

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    「願い事は強要から」んな無茶な!(笑)と思ったけど
    そういえば私もそれで長年の長いが叶ったとこでした。
    次の願いも叶えたいと思います!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年1月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑