*

アフリカの奇跡!?(1)

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 先日刊行した『異国トーキョー漂流記』に関して、奇遇としか言いようのない出来事があった。
 本書ではジェレミー・ドンガラというコンゴ人が登場する。
 彼はコンゴ人として初めて日本に留学した人であり、世界的作家エマニュエル・ドンガラの弟でもある。
 私はジェレミーと知り合ったおかげで、エマニュエルにも出会い、彼の小説を翻訳したおかげで卒業することができた。それについては本に詳しく書いた。
 ジェレミーは今から9年前に日本人女性と結婚、アメリカへ移住した。そして、そこでずっと暮らしている。
 …と思っていたら、なんと日本にいた。
「発見者」が通報してきたのだ。
 発見者は白石顕二さんという人。
 最初、何者かわからなかったが、電話の声を聞いてハッとした。聞き覚えがあったからだ。
 今からなんと16年前、1989年、ちょうど私がコンゴに怪獣探しに行く前後の頃だが、東京で「アフリカ映画祭’89」というマイナーな催しが行われた。
 そのときに舞台挨拶をした映画祭実行委員長がこの白石顕二さんだった。
 白石さんはアフリカの映画、音楽、美術などを日本に紹介した草分け的な存在で、『アフリカ直射思考』(洋泉社)、『ザンジバルの娘子軍』(現代教養文庫)など、評論やノンフィクションも多数発表しており、私も何冊か彼の著作を持っている。
 私は名前をよく知っているだけに、そんな人から突然連絡が来たこと自体が驚きだった。
 
 その白石さん、今、ちょうど「愛知万博」のアフリカ諸国広報の手伝いをしているという。
 日本政府は万博用資金として、アフリカ各国に100万円ずつ配ったと言う。
 一人100万円ならわからないでもないが、一国100万円とはバカにした話だ。
 これじゃパンフレット1つ作ることもできない−−。
 そう思ったアフリカ諸国が30集まり、共同でパンフレットを作ることになった。
 100万円も30カ国集まると3000万円になるからだ。
 アフリカ通で出版の仕事にも携わっている白石さんが、コーディネーターとして手伝うことになった。
 その仕事でガボン大使館を訪れた。
 担当職員が現れるまで、白石さんはロビーで私の『異国トーキョー漂流記』を読んでいた。
(ちなみに、白石さんは「私は高野さんの本はみんな読んでますよ。アフリカ関係者の間では高野さん、有名ですよ」とありがたいことをおっしゃっていた。)
 
 彼がちょうど第3章のジェレミー・ドンガラのところを読んでいたとき、担当職員がやってきた。
 そのときは名刺交換をして、仕事の話をしただけで、気づかなかったが、あとで家に帰って名刺をよく見れば、ジェレミー・ドンガラと書いてある。
 「これは、本に出てきたコンゴの人じゃないか?!」
 驚いた白石さんは、再びガボン大使館に電話して確かめると、果たしてその職員はジェレミーだった。
 いくら隣の国とはいえ、コンゴ人がガボンの大使館にいるとは思わなかったので、すぐには気づかなかったのである。
 白石さんは集英社でも仕事をしていたので、編集者を通じてすぐに私に電話してきた。 彼は興奮しながら話した。
「いやあ、本を読んでいるとき、その登場人物が目の前に現れるなんて、信じられませんよ。ふつう、ありえないですよね?」
 ほんと。そんなケースは聞いたことがない。
(つづく)

関連記事

no image

原宏一氏との対談がウェブ登場

昨日まちがえて「タカタカ対談リターンズ」と書いたが、 「タカタマ対談」でした。 まさか「本の雑誌」の

記事を読む

no image

タイの懐メロを熱唱してしまう

こちらに来て初めて飲み会に行った。 「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポー

記事を読む

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、 即読んだ。  あまりにも意外性のない

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行

朝日新聞の読書欄で『メモリークエスト』の書評が出た。 「スーパー小学生」なんて言葉が丸山眞男とダライ

記事を読む

no image

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあま

記事を読む

アラスカへ逃げたい

石塚元太良・井出幸亮著『All About Alaska アラスカへ行きたい』(新潮社)

記事を読む

no image

孤高の学者とゼミ合宿

名著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)の著者、小島剛一先生とお会いした。 先生はフランスとドイツ国

記事を読む

no image

面白いことは全てに優先する

今日から上智大学の講義。 教室にはぞくぞくと女の子がやってくる。 全部で学生が40人以上、うち男はた

記事を読む

no image

さらば「増刷童貞」!?

 自慢ではないが、私は「増刷童貞」だ。  これまで書いた本は8冊。さらに、文庫化された本が3冊。さら

記事を読む

Comment

  1. kuro chan より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; i-NavFourF)
    私、ある事情により元ガボン大使ドンガラジェレミさんを探しています。
    もし、こちらに書かれている人物と同一人物で現在連絡がとれるならば
    こちらのメールにその情報を教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    個人的なご用件はブログ右側のCONTACTというところをクリックし、
    私宛てにメールを下さい。
    なお、その際は、ひととおりの自己紹介やかいつまんだ事情などを書いていただきたいと思います。
    いろんな人からいろんなメールが来るものですから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 私はタオルを濡らして首に巻いていた。西欧人のランナーたちには怪訝そうに見られて、中には「それは重くて首によくないんじゃないか」と忠告してくれる人もいた。でも実際は首タオルは体温を低く保ち、すごく快適だった。西欧では知られていないジ… https://t.co/skXMkm6W2L ReplyRetweetFavorite
    • 十数年前、私がサハラマラソンに出場したとき、主催者はレース前に選手たちに「とにかくたくさん水を飲んでください。そして、(給水所で)頭から水をかぶってください」と言っていた。すると実際熱中症で倒れる人はいなかったようだ。日本で「水を頭からかぶる」は難しいが… ReplyRetweetFavorite
    • 私もまだ徹マン効果が続いている。気持ちが高ぶって昼寝しようにも眠れなくて困ってる。この発明はマジで凄いのかも。 https://t.co/J33GKQk6LZ ReplyRetweetFavorite
    • 帰りの新幹線で眉村卓著「ねらわれた学園」(講談社文庫)を一気読み。シンプルな力強さに古典の醍醐味を満喫。 ReplyRetweetFavorite
    • 長野県の菅平高原で開催されている信州森フェスで講演してきた。菅平は涼しい!森フェスは入場無料だから、避暑だけでも行く価値あり。食べ物も美味しいです。https://t.co/B7WUhvoHPc ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【🦍是非🦍】 『渋谷いきもの会議2022』のアーカイブ販売はいよいよ今週末6月25日(土)22時までとなります。三年ぶりの生物パーティーを目撃ください! https://t.co/zTNrOjP04A ※ゲストの宮田珠己氏の登場は開始から約2時間5… ReplyRetweetFavorite
    • 元のカバーと比べてみた。元の方もすごくいいんです。ちなみに内容はこんな感じ。 https://t.co/qTIJtTFEFJ ReplyRetweetFavorite
  • 2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑