*

サッカーファン強化合宿

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』(河出書房新社)を読む。
文学が成り立つ前提をとっぱらうというタカハシさんの手法がよく生きていて
なかなか面白い。
こういう方向の小説をもっと読みたいと思う。
     ☆       ☆         ☆
数日前から、四万十在住の山田先輩がうちに泊まっている。
彼はサッカーの大ファン。
若いころ、オリノコ川、アマゾン川、ラプラタ川を下って、ブエノスアイレスに出た。
ちょうどマラドーナがアルゼンチンでブームを巻き起こしたときだったという。
「テレビを見てもマラドーナのCMや映像、街を歩いてもマラドーナのポスターで、そこらじゅう、マラドーナだらけ。でもマラドーナのプレイを見るだけで、アルゼンチン中の人たちがみんな、わくわく、うきうきしていた。あんな体験は後にも先にもこれだけや」
とのこと。
山田さんはその後、アフリカの川を片っ端からくだりつつ、
金がなくなると、ロンドンやパリに出て働いた。
パリにいたときは全盛期のプラティニやジーコなど黄金のカルテットに燃え、
ロンドンにいたときはオランダのトータル・フットボールに夢中になったという。
そんな話を聞きながら、朝起きてから寝るまで、今のワールドカップの試合を見たり、
昔のワールドカップやチャンピオンズ・リーグのDVDを見たりして、
眠くなると眠り、腹が減ると、ご飯にふりかけをかけて食べるという生活である。

関連記事

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

井原美紀さんと対談

井原美紀という作家さんと対談を行った。 小説すばる9月号の「旅」特集の目玉(?)である。 彼女は「

記事を読む

no image

鍵は辺境にある!らしい

すごい本が出たものである。 内田樹『日本辺境論』(新潮新書)。 「日本人とは何ものか? 鍵は『辺境

記事を読む

no image

鴎外、ダメじゃん!

ひきつづき、吉村昭。 今度は慈恵会病院の創始者で海軍医総監にもなった医師・高木兼寛の一生を描いた

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまって

記事を読む

no image

藤岡弘はキリヤマ隊長か

子供のころ夢中になっていたウルトラセブンを見たくなり、DVDを購入、第5話から第8話まで見たが、あ

記事を読む

no image

ニュー蔵前本

次回の「辺境読書」では、蔵前仁一『わけいっても、わけいっても、インド』(旅行人)を 紹介することに

記事を読む

no image

宣教師ニコライのファンになる

今、「移民の宴」で在日ロシア人取材をやっているので、その資料として中村健之介『宣教師ニコライと明治

記事を読む

no image

人は夢だけでは生きて行けない

かすれ声のまま、大学へ。 幸いマイクがかろうじて音を拾ってくれていたが、 声は突然、完全ストップす

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.70 Safari/533.4
    e-honの予約本に、こんな本が出てました。
    サッカーボールの音が聞こえる ブラインドサッカー・ストーリー
    平山譲
    出版社名 新潮社
    発売予定日 2010年7月16日
    予約締切日 2010年6月28日
    予定税込価格 1,470円
    ■おすすめコメント 
    緑内障による突然の失明が、大好きなサッカーを奪い去った──。絶望の淵から彼を救ったのは、音を頼りにボールを追う「もう一つのサッカー」だった。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.5; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    ご指摘ありがとうございます。
    知りませんでした。
    新潮社のサイトを見てみたら、私も何度か練習に参加したことのある
    「乃木坂☆ナイツ」の話みたいですね。
    ブラインドサッカーについての書籍はほかに
    岡田仁志『闇の中の翼たち—ブラインドサッカー日本代表の苦闘』(幻冬舎)があります。
    ほんとはいちばん先に私が書く予定だったんですがねえ…。
    盲人のサッカー以前に「サッカーのおもしろさがさっぱりわからない」という
    困難に直面してやめてしまいました。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    あー、高野さん、我が家の世界一(?)の観客と一緒にW杯を観戦できればねー。サッカーの面白さ(興奮するポイント)はわかるんでしょうけど(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • たぶん、どっちかが死ぬ。 https://t.co/yZgTTAsMpC ReplyRetweetFavorite
    • さらに電話でこの友人に問いただすと、「俺にはコスプレとファッションのちがいがわからない」とか「ただの布に10万とか出すなんてどうかしてる」など、迷言の数々。内澤さん、もし続篇やるなら、この男をバーニーズに連れて行ってやってください。鴨田さんとの一騎打ちが見たい。 ReplyRetweetFavorite
    • 私の親しい友人が内澤旬子さんの『着せる女』の写真を見て、「beforeの何が悪いのかわからん」「afterは単にみんな、スーツの人になっただけに見える」などという恐るべき感想を述べていた。村西監督じゃないが「下には下がいる」。 ReplyRetweetFavorite
    • よかった、森の中に捨てられないで。 https://t.co/RHPN5DeTlF ReplyRetweetFavorite
    • 新型肺炎のニュースを見聞きしていると、病気に罹患してないのに気鬱、苛立ち、焦燥感といった各種症状におそわれる。そんなときは全卓樹著『銀河の片隅で科学夜話』(朝日出版社)が効くと気づいた。ひそやかな科学の好奇心が鎮静剤になる。造本も素晴らしい。 ReplyRetweetFavorite
    • 「パラサイト」もびっくり。半地下どころか墓場の地中深くに潜っていたのか、私は。 https://t.co/FspAO48snC ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子さんの新刊『着せる女』(本の雑誌社)読了。「職質もののファッション」を纏う男性陣に似合うスーツを選ぶ顛末。ビフォーアフターの写真つきです。笑いで免疫力増しましたわ。高野秀行さんの場合が、ビフォーもアフターも破壊的に凄い。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑