*

サッカーファン強化合宿

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』(河出書房新社)を読む。
文学が成り立つ前提をとっぱらうというタカハシさんの手法がよく生きていて
なかなか面白い。
こういう方向の小説をもっと読みたいと思う。
     ☆       ☆         ☆
数日前から、四万十在住の山田先輩がうちに泊まっている。
彼はサッカーの大ファン。
若いころ、オリノコ川、アマゾン川、ラプラタ川を下って、ブエノスアイレスに出た。
ちょうどマラドーナがアルゼンチンでブームを巻き起こしたときだったという。
「テレビを見てもマラドーナのCMや映像、街を歩いてもマラドーナのポスターで、そこらじゅう、マラドーナだらけ。でもマラドーナのプレイを見るだけで、アルゼンチン中の人たちがみんな、わくわく、うきうきしていた。あんな体験は後にも先にもこれだけや」
とのこと。
山田さんはその後、アフリカの川を片っ端からくだりつつ、
金がなくなると、ロンドンやパリに出て働いた。
パリにいたときは全盛期のプラティニやジーコなど黄金のカルテットに燃え、
ロンドンにいたときはオランダのトータル・フットボールに夢中になったという。
そんな話を聞きながら、朝起きてから寝るまで、今のワールドカップの試合を見たり、
昔のワールドカップやチャンピオンズ・リーグのDVDを見たりして、
眠くなると眠り、腹が減ると、ご飯にふりかけをかけて食べるという生活である。

関連記事

no image

ダルマ死す。享年17歳9ヶ月

飼い犬のダルマが昨晩、午前2時ごろ息を引き取った。 享年17歳9ヶ月。人間なら90歳くらいの高齢だっ

記事を読む

no image

乃木坂☆ナイツで金メダリストと

今日も、というか今日こそ、アブディンと「トライデム」の練習。 今週末に、ちょっと遠乗りをする予定に

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。 高野本の読者

記事を読む

no image

『ルポ アフリカ資源大国』 

ソマリアに行ったことのある日本人ジャーナリストはいないかと調べてみたら、 毎日新聞のアフリカ特派員だ

記事を読む

no image

ロンドンのカート居酒屋と在仏ルワンダ難民のワイン

 十日くらい前からどうも胃腸の調子がよくなかったのだが、酒を飲むと不思議に治っていた。そのうち、朝や

記事を読む

no image

怪獣ノノゴン、上智に現る!

「探検業界の寅さん」「永遠の日雇い青年」こと野々山富雄氏が 上智大学の対談ゲストに登場。 かつて一

記事を読む

no image

名犬ラッシー 家路

妻の希望で夕食後「名犬ラッシー 家路」を見る。 1943年製作、ラッシーとエリザベス・テイラーの両

記事を読む

no image

「メモリークエスト」再開

銀座のマガジンハウスに行き、「an an」と「TARZAN」のインタビューを受ける。 両方ともマラ

記事を読む

no image

大脱出記を生かすも殺すも表現次第

なぜかよくわからないが、小説では「表現」や「いかに書かれているか」が問題とされるのに、 ノンフィク

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.70 Safari/533.4
    e-honの予約本に、こんな本が出てました。
    サッカーボールの音が聞こえる ブラインドサッカー・ストーリー
    平山譲
    出版社名 新潮社
    発売予定日 2010年7月16日
    予約締切日 2010年6月28日
    予定税込価格 1,470円
    ■おすすめコメント 
    緑内障による突然の失明が、大好きなサッカーを奪い去った──。絶望の淵から彼を救ったのは、音を頼りにボールを追う「もう一つのサッカー」だった。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.5; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    ご指摘ありがとうございます。
    知りませんでした。
    新潮社のサイトを見てみたら、私も何度か練習に参加したことのある
    「乃木坂☆ナイツ」の話みたいですね。
    ブラインドサッカーについての書籍はほかに
    岡田仁志『闇の中の翼たち—ブラインドサッカー日本代表の苦闘』(幻冬舎)があります。
    ほんとはいちばん先に私が書く予定だったんですがねえ…。
    盲人のサッカー以前に「サッカーのおもしろさがさっぱりわからない」という
    困難に直面してやめてしまいました。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    あー、高野さん、我が家の世界一(?)の観客と一緒にW杯を観戦できればねー。サッカーの面白さ(興奮するポイント)はわかるんでしょうけど(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 本日19時から!「ポリタスTV」の「石井千湖の沈思読考」で、高野秀行著『語学の天才まで1億光年』をご紹介くださるそうです! ReplyRetweetFavorite
    • いや、明日はマジで楽しみ。いつも彼とはほろ酔いでてきとうなことを喋っているけど、明日はガチで行きたい。 https://t.co/Dw6TWxuX8Q ReplyRetweetFavorite
    • RT : Webマガジン「考える人」のリレー書評「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」で、高野秀行さんが、「言語の面白さを教えてくれる10冊」のうちの1冊として、『日本語とにらめっこ 見えないぼくの学習奮闘記』(モハメド・オマル・アブディン著)を挙げて下… ReplyRetweetFavorite
    • そこまで想像が及ぶと、通訳の人に訊ける。すると「あー、そのとおりです!」という答えが返ってくる。実際はそこまで単純ではなかったけれど、大まかにはこんな感じ。現地語が少しでもわかると、それくらい取材ができてしまう一例です。 https://t.co/fp7bbdM1yA ReplyRetweetFavorite
    • つまり、テンジャンには食べ方がいろいろあるけれど、チョングッチャンには汁物しかない。だからチゲをつけない。そこからさらに、大半の韓国人はチョングッチャン=汁物と認識しており、他の形態を知らないから、それが日本の納豆と同じものだと全… https://t.co/ThbJrauA2d ReplyRetweetFavorite
    • どこの店でもこう書かれている。これを見るだけで「チョングッチャン(納豆)とテンジャン(味噌)は同じジャン(醤)でも食べ方がちがうんだな」と想像がつきます。テンジャンはチゲ(汁物)と書くのにチョングッチャンはチゲがつかない。 https://t.co/CD3d7gxmjM ReplyRetweetFavorite
    • 通訳がいても、現地の言葉がある程度わかるのはとても重要です。例えば、これはソウルにあるチョングッチャン(韓国納豆汁)の有名店の看板。左がチョングッチャン、右はテンジャンチゲ(味噌の汁物)と書かれています。… https://t.co/OjPuB6GZK3 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑