*

サッカーファン強化合宿

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』(河出書房新社)を読む。
文学が成り立つ前提をとっぱらうというタカハシさんの手法がよく生きていて
なかなか面白い。
こういう方向の小説をもっと読みたいと思う。
     ☆       ☆         ☆
数日前から、四万十在住の山田先輩がうちに泊まっている。
彼はサッカーの大ファン。
若いころ、オリノコ川、アマゾン川、ラプラタ川を下って、ブエノスアイレスに出た。
ちょうどマラドーナがアルゼンチンでブームを巻き起こしたときだったという。
「テレビを見てもマラドーナのCMや映像、街を歩いてもマラドーナのポスターで、そこらじゅう、マラドーナだらけ。でもマラドーナのプレイを見るだけで、アルゼンチン中の人たちがみんな、わくわく、うきうきしていた。あんな体験は後にも先にもこれだけや」
とのこと。
山田さんはその後、アフリカの川を片っ端からくだりつつ、
金がなくなると、ロンドンやパリに出て働いた。
パリにいたときは全盛期のプラティニやジーコなど黄金のカルテットに燃え、
ロンドンにいたときはオランダのトータル・フットボールに夢中になったという。
そんな話を聞きながら、朝起きてから寝るまで、今のワールドカップの試合を見たり、
昔のワールドカップやチャンピオンズ・リーグのDVDを見たりして、
眠くなると眠り、腹が減ると、ご飯にふりかけをかけて食べるという生活である。

関連記事

no image

バンコクの冬

最近、飛行機での移動中は、話題作(あるいは古典)の長篇ミステリを読むというのがマイブームである。

記事を読む

no image

女帝の出版記念パーティ

滅多に人の出版記念パーティには行かない(呼ばれないともいえる)のだが、 土曜日は特別。 「日本ビル

記事を読む

no image

「アンダーグラウンド」は私の理想

下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の超名作「アンダーグラウンド」を観る。 この映画を観

記事を読む

no image

抱かれたい路上の男ナンバーワン

先日紹介した『TOKYO 0円ハウス0円生活』(大和書房)の著者・坂口恭平が その本に登場するスーパ

記事を読む

no image

「幻獣ムベンベ 早稲田大学探検部コンゴ行」

7月12日発売のヤングチャンピオン誌で、いよいよマンガ版「ムベンベ」が始まる。 正式なタイトルは「

記事を読む

no image

タマキングの気づかい

三省堂神保町本店で宮田珠己ことタマキングとトークショーを行う。 驚いたのはタマキングが「Tシャツを2

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境はいい

 ミャンマーより帰国した。  たった一週間の慌しい旅だったが、同国最北部の辺境地まで行き、イラワジ

記事を読む

no image

こんな名著が!

たまたまネットで見つけた小島剛一『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を読んだら、 あまりの面白さ、

記事を読む

no image

釣りに失敗する

本の雑誌の杉江さんに新宿で会ったので、昨日思いついたばかりの「儲け話」をもちかけてみた。 すると、彼

記事を読む

no image

まだやる気なのか?

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.70 Safari/533.4
    e-honの予約本に、こんな本が出てました。
    サッカーボールの音が聞こえる ブラインドサッカー・ストーリー
    平山譲
    出版社名 新潮社
    発売予定日 2010年7月16日
    予約締切日 2010年6月28日
    予定税込価格 1,470円
    ■おすすめコメント 
    緑内障による突然の失明が、大好きなサッカーを奪い去った──。絶望の淵から彼を救ったのは、音を頼りにボールを追う「もう一つのサッカー」だった。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.5; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    ご指摘ありがとうございます。
    知りませんでした。
    新潮社のサイトを見てみたら、私も何度か練習に参加したことのある
    「乃木坂☆ナイツ」の話みたいですね。
    ブラインドサッカーについての書籍はほかに
    岡田仁志『闇の中の翼たち—ブラインドサッカー日本代表の苦闘』(幻冬舎)があります。
    ほんとはいちばん先に私が書く予定だったんですがねえ…。
    盲人のサッカー以前に「サッカーのおもしろさがさっぱりわからない」という
    困難に直面してやめてしまいました。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    あー、高野さん、我が家の世界一(?)の観客と一緒にW杯を観戦できればねー。サッカーの面白さ(興奮するポイント)はわかるんでしょうけど(笑)

アジケト へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑