*

わが読書人生史上、最高に驚いた出来事

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


宮田部長の『スットコランド日記 深煎り』(本の雑誌社)を読んでいた。
例によって、四国のお遍路だとか、ジェットコースターだとか、時代の気分だとか、
妙なところにいろんなこだわりを発揮し、どこまでがギャグでどこまでがマジな意見なのかもわからない、
不可思議な日記というか、これ、そもそも日記なのかという本である。
とりわけ口やかましいのは昨今の時代劇に対する苦言で、
やれ殺陣が下手だ、一話完結はよくない、連続ものにしろ、SF的な敵を出せ、耽美的にせよ、などなど、「また始まったよ」と私は半分笑い、半分呆れていた。
で、彼の結論は「仮面の忍者 赤影の復活を希望する」となっており、
そういえば、前に会ったときもそんなことを力説してたよなー、どうして赤影がそんなに好きなんだろう、アホだねーと苦笑したが、次の一文で目が点になった。
「そういえば、こないだ高野さんに金目教篇のDVDを貸したが、もう観ただろうか。呆れて途中で投げ出しているような気がしなくもない」
あーっ!と思わず叫んでしまった。
そういえば、前に宮田部長から何かDVDのようなものを渡された気がする。
そしてそこには「赤影 金目教篇」と書いてあったような気もする。
宮田部長が本でもDVDでも実際にブツを渡して勧めたことなどこれ以外になく、
「面白いから是非見てください」といつになく真剣な顔で言っていたような
気もする…。
それなのに。
途中で投げ出すどころか、プレーヤーに入れたことすらなく、
だいたいどこに行ってしまったのか。
一度も家で見かけたことがない。
やばい!!
いや、本を読んでいてこんなに驚いたことは初めてだ。
もはやスットコを読んでいる場合ではない。
慌ててDVD棚を探すが赤影なんてない。
あちこち探し回るがどこにもない。
まちがえて燃えないゴミに出してしまったのだろうか。
汗だくになって、絶対ありそうもないような場所まで探したら、
なんと、プロレスのVHSビデオの間にはさまっていた。
どうしてそんなところにもぐりこんでいるんだ。
DVDからして謎の忍者だ。
というわけで、見ましたよ。赤影。第一話だけだけど。
なんだろう、このシュールさは。
敵の忍者が怪獣を呼びよせ、火炎放射で五重塔を破壊させたりしている。
あー、これだったのか。宮田部長が前から書きたい、書きたいと言っていた
チラノザウルスと侍が戦うようなチャンバラ小説って。
「だから赤影を見ろって言ってたやんか!!」
という部長の絶叫が聞こえたような気がした。

関連記事

no image

an anとミャンマー

お待ちかね、「an an」に登場した。 しかも「永久保存版」と記されている。 美人レシピ142だそ

記事を読む

no image

酒浸りなのかと言われても…

私の数ある悩みの一つは、初対面の人に「これが私の書いた本です」とさっと渡せるような本が一冊もないこと

記事を読む

辺境ドトールで大宴会

土曜日、仕事場である「辺境ドトール」にて受賞祝賀パーティが行われた。 ドトールの常連である高級

記事を読む

no image

愛するマンガ

今、私がいちばん愛しているマンガはこれです。

記事を読む

no image

ラジカル佐藤英一先輩逝く

昨日は大阪に行ってきた。 早大探検部で私より2つ上の先輩が心筋梗塞で急逝し、その告別式があったのだ

記事を読む

no image

豚追い人

バングラ北部への旅の途中、すごく変なものを見た。 ヤギか牛を追うように、棒をもって群れを追い立てて

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

no image

熊の爪跡

「台風の爪跡」とか「戦争の爪跡」とか、 よく「爪跡」という言葉を目にするが、じゃあ、実際の爪跡はど

記事を読む

no image

お詫びとやり直し

先日このブログで内澤旬子さんについてかなり失礼なことを書いてしまったような気がする。 あまりに刺激

記事を読む

no image

新婚2ヶ月ではありません

こんな時期に不思議なのだが、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社文庫)が 重版になった。 王

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N03B(c500;TB;W24H16)
    はじめまして。
    ノと申します。
    大学生です。
    恐れ多いですが、念願のコメントさせていただきます。
    スットコランド、北欧のお洒落な本だと思っていました。なにはともあれ、その本に高野さんのお名前が載っているならば是非買わねば…。
    新刊、楽しみにしています。
    かしこ。

  2. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/533.17.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.1.1 Safari/533.17.8
    初めまして。秀と申します。恐らくは高野先生と同年輩の
    同性です。小学生の頃、仮面の忍者赤影の再放送に夢中になり申した。
    その後は、間違った人生を着実に歩んでいます。
    でも、コンゴにモケーレムベンベがいるならば、日本のどこかに千年生きて巨大化したガマガエルが存在する事を100%否定する事はできませんね。先生の著作を読むと力づけられます。勇気が出ます。
    これからも頑張ってください。

  3. くのいち より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    DVD見つかってよかったですね。
    ちょうど今、スットコのそのあたり読んでたので、
    一粒で二度おいしい気分でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【新刊】『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行(新潮文庫)辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。山奥のジャングルで出会った納豆ご飯、ぱりぱりと割れるせんべい納豆、日本の究極の納豆…知的好奇心あふれるノンフィクション。… ReplyRetweetFavorite
    • RT : テレワークで自宅にいたり、衣替えも迫り、すっかりスーツを着たり、目にする機会がなくスーツ好きには残念な日々ですが、そんな不満を内澤旬子さんの『着せる女』を読んで解消しましょう! 宮田珠己さんや高野秀行さんのビフォーアフターの写真も収録!… ReplyRetweetFavorite
    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑