*

わが読書人生史上、最高に驚いた出来事

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


宮田部長の『スットコランド日記 深煎り』(本の雑誌社)を読んでいた。
例によって、四国のお遍路だとか、ジェットコースターだとか、時代の気分だとか、
妙なところにいろんなこだわりを発揮し、どこまでがギャグでどこまでがマジな意見なのかもわからない、
不可思議な日記というか、これ、そもそも日記なのかという本である。
とりわけ口やかましいのは昨今の時代劇に対する苦言で、
やれ殺陣が下手だ、一話完結はよくない、連続ものにしろ、SF的な敵を出せ、耽美的にせよ、などなど、「また始まったよ」と私は半分笑い、半分呆れていた。
で、彼の結論は「仮面の忍者 赤影の復活を希望する」となっており、
そういえば、前に会ったときもそんなことを力説してたよなー、どうして赤影がそんなに好きなんだろう、アホだねーと苦笑したが、次の一文で目が点になった。
「そういえば、こないだ高野さんに金目教篇のDVDを貸したが、もう観ただろうか。呆れて途中で投げ出しているような気がしなくもない」
あーっ!と思わず叫んでしまった。
そういえば、前に宮田部長から何かDVDのようなものを渡された気がする。
そしてそこには「赤影 金目教篇」と書いてあったような気もする。
宮田部長が本でもDVDでも実際にブツを渡して勧めたことなどこれ以外になく、
「面白いから是非見てください」といつになく真剣な顔で言っていたような
気もする…。
それなのに。
途中で投げ出すどころか、プレーヤーに入れたことすらなく、
だいたいどこに行ってしまったのか。
一度も家で見かけたことがない。
やばい!!
いや、本を読んでいてこんなに驚いたことは初めてだ。
もはやスットコを読んでいる場合ではない。
慌ててDVD棚を探すが赤影なんてない。
あちこち探し回るがどこにもない。
まちがえて燃えないゴミに出してしまったのだろうか。
汗だくになって、絶対ありそうもないような場所まで探したら、
なんと、プロレスのVHSビデオの間にはさまっていた。
どうしてそんなところにもぐりこんでいるんだ。
DVDからして謎の忍者だ。
というわけで、見ましたよ。赤影。第一話だけだけど。
なんだろう、このシュールさは。
敵の忍者が怪獣を呼びよせ、火炎放射で五重塔を破壊させたりしている。
あー、これだったのか。宮田部長が前から書きたい、書きたいと言っていた
チラノザウルスと侍が戦うようなチャンバラ小説って。
「だから赤影を見ろって言ってたやんか!!」
という部長の絶叫が聞こえたような気がした。

関連記事

no image

四万十の至福

将来の極秘プロジェクトについて相談するため、 先週末から四日ほど高知・四万十市(中村)に行き、 現

記事を読む

no image

夢のエンタメノンフフェア

丸善川崎ラゾーナ店という書店で「エンタメノンフフェア」をやっており、 しかもそこの書店員オリジナルの

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

no image

なぜ北欧人は放射能を恐れてヒロシマに逃げるのか

もはや日記代わりなので、ここにどんどん書く。 29日(火)、「おとなの週末」で連載している「移民の宴

記事を読む

no image

鳥籠

インド人作家、ヴィカス・スワラップ原作の映画「スラムドッグ・ミリオネア」がいいらしい。 私は原作の

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

no image

八王子の人間だから

火曜日に集英社の会議室で角幡唯介と対談したが、 三日後の金曜日、まったく同じところで今度は中島京子

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行<第3弾>

「小説現代」(講談社)で不定期連載中の「アジア未知動物紀行」。 第1弾はベトナムの猿人フイハイ、そ

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N03B(c500;TB;W24H16)
    はじめまして。
    ノと申します。
    大学生です。
    恐れ多いですが、念願のコメントさせていただきます。
    スットコランド、北欧のお洒落な本だと思っていました。なにはともあれ、その本に高野さんのお名前が載っているならば是非買わねば…。
    新刊、楽しみにしています。
    かしこ。

  2. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/533.17.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.1.1 Safari/533.17.8
    初めまして。秀と申します。恐らくは高野先生と同年輩の
    同性です。小学生の頃、仮面の忍者赤影の再放送に夢中になり申した。
    その後は、間違った人生を着実に歩んでいます。
    でも、コンゴにモケーレムベンベがいるならば、日本のどこかに千年生きて巨大化したガマガエルが存在する事を100%否定する事はできませんね。先生の著作を読むと力づけられます。勇気が出ます。
    これからも頑張ってください。

  3. くのいち より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    DVD見つかってよかったですね。
    ちょうど今、スットコのそのあたり読んでたので、
    一粒で二度おいしい気分でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑