*

世の中がキビシイのではなく

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

二週間ほど前のこと、探検部OBで映像ディレクターの竹村先輩と本の雑誌の杉江さんと
三人で会った。
2月に撮影したサハラマラソン映像を何かの形で商品化できないかという相談である。
竹村先輩はテレビ界の直木賞ともいえる「ギャラクシー賞」を二十代で受賞し、
NHKスペシャルなどもたくさん撮っている一流ディレクターなのだが、
最近はテレビの仕事があまりに報われないということで、
新しい映像表現の場を探しているのだ。
でもテレビ以外で映像をビジネスにするというのは存外にむずかしい。
もちろん広告ならいくらでもあるが、ドキュメンタリーではどうやったらいいのかわからない。
その日も三人であーだこーだとさんざん話したが、
「とりあえずDVDにして売るしかないんじゃないか」という話になった。
将来的にサハラマラソンの本が出たとき、別売りにしたらどうかということである。
「仮に1枚1000円で売ったとして、千人が買ってくれたら10万円か」と私が言うと、先輩も杉江さんも「そうだねえ…」と黙り込んだ。
みんなして、口には出さなかったが、「キビシイ…」と思ったのだ。
サハラマラソンは一人20万円以上かけている。
趣味ならまだしも、これじゃとてもじゃないが仕事として成立しない。
「でも何かやらなきゃ始まらないし…」と私が例によって根拠なき楽観主義を発揮して
その日はお開きになった。
で、昨日。竹村先輩がうちに来て言う。
「高野さあ、この前一枚1000円で千人が買ってくれたら10万円って言わなかったっけ?」
「ええ。それが何か?」
「一枚1000円で千人なら、100万だろ!!」
「え?!」
いやあ、びっくりした。
道理で安すぎると思った。
しかし、いい大人が三人いて、どうして計算を一桁間違って誰も気づかないんだろう。
杉江さんなんか営業なのに。
これが逆に一桁多くて1000万円と言ったらな「おかしい」とすぐ気づいただろう。
要するに日頃から「どうせ金にならない」と思い込んでいるので、
収入の低さにはすぐ納得してしまうのだ。
世の中がキビシイのではなく、私たちが人間社会で普通に生きていくこと自体がキビシイのだった。

関連記事

no image

2009年の小説ベスト1

ここんところ仕事で行き詰っているのに、いや、だからこそ、 大作の小説を読んだ。 アミタヴ・ゴーシュ

記事を読む

no image

「ダカーポ」に書評が載る

 新作『異国トーキョー漂流記』が「ダカーポ」(3月2日発売)という雑誌の書評欄(「旬の本」というやつ

記事を読む

no image

「未確認思考物隊」終了

関西テレビ「未確認思考物隊」の収録が終了した。 深夜枠で裏番組に強力なライバル番組があるわりには ま

記事を読む

no image

豚はいらねえだろ

「小説すばる」(4月号)の平山夢明と本谷有希子の対談がめっぽう面白い。 本谷さんはごく普通だが、平

記事を読む

no image

甲子園が割れた日

中村計『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実』(新潮文庫)を読む。 松井のこの出来事のとき、

記事を読む

no image

新刊入荷『青春の門』

今日も外出。 といっても毎日、最終的にはワセダの「野々村荘」に落ち着く。 これは外出ではなく、アパー

記事を読む

no image

ポルターガイストで訴える

「未確認思考物隊」の第5回と第6回のテーマは「心霊」だが、 おかげさまで両方とも私のリポート出動はな

記事を読む

no image

バンコクの冬

最近、飛行機での移動中は、話題作(あるいは古典)の長篇ミステリを読むというのがマイブームである。

記事を読む

no image

万歳!文芸の東スポ

おととい届いた「本の雑誌」今月号の特集は 「読んでない本大会」。 メインは書評家三人が自分の詠んで

記事を読む

no image

突然、魂の叫び

どこか遠くへ行きたい−−。 これは平凡な日常に飽きた人間がよく思い浮かべることだろう。 私もよくそう

記事を読む

Comment

  1. bkkakiyama より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB0.0; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    え、印税のことじゃなかったの???

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.62 Safari/534.3
    そう、たぶん杉江さんも印税と勘違いしたんでしょうね。
    でもこれはあくまで自分たちで直販するという話なのでした。

高野秀行 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑