*

加点法の偉大なる記録

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


最近私が島田荘司を強力に勧めたため、友人の二村さんが読んでみたらしい。
で、答えは「島田荘司は減点法では点が低くなるけど、加点法ではすばらしいですね」。
言い得て妙だ。
減点法では上限が決まっている。
『占星術殺人事件』のトリックは5点満点で10点あげたいが、減点法では5点止まりだ。
いっぽう、物語のバランスや整合性、登場人物の会話、描写などで細かく減点されてしまうから(と勝手に判断しているのだが)、総合得点がずいぶんと低くなってしまう。
でも加点法で、各部門を青天井にしたら、他が多少低くても、トリックや志の高さなどで
稼ぎまくり、ハイスコアをたたき出すこと必至。
「その分析はすばらしい!」と絶賛したところ、二村さんは
「だって、僕がいつも『君は加点法ならいい得点なんだけどね…』って言われてるから」
と苦笑していた。
なるほど。
考えてみれば、アスクルに出てくる人はみんな加点法タイプだ。
で、今日読んだ安田純平『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』(集英社新書)もそう。
バランスは決してよくない。
イラクの戦場に出稼ぎに行こうというだけで異常なのに、「なるべく危険なところへ行きたい」と繰り返すし、何が目的かよくわからなくないと思える箇所が多々ある。
最後に「今の日本人もどうせ仕事がないなら戦場に出稼ぎというのも手ではないか」とマジに提案するのを読むに至り、「ああ、この人も加点法なのだ」と納得した。
バランスがよくないと思ったのは、著者本人も読者もこれがまじめで客観的なルポとして
書いている(読んでいる)からだが、実はハチャメチャなノンフィクションとして書けば(読めば)いいのである。
純平さんには、ぜひ「不肖・宮嶋」みたいに、「作家」になってほしい。
で、世間の常識なんぞに背を向けて、「日本の食えない若者は戦場に行くのもアリ」みたいな、現場の体験に根ざした極論をふるってほしい。
ほんと、そう思って読むと、すごい本です、これは。
だってイラク激戦地ど真ん中にある民間軍事会社の厨房で料理人として潜り込んで、出稼ぎのネパール人なんかと同じ立場で半年以上も働いているのだ。
どうかしている。
料理人などやったこともないのに平気で務めてしまうし、爆弾の破裂による振動や爆音で夜よく眠れないがそれより毎日変化がなくて退屈なのが辛いとか、、
この人の度胸、根性、志の高さは半端ではない。
加点法の偉大なる記録としておすすめしたい。

関連記事

no image

Arrived at Amman

sakki yorudan no anman ni tsuita. shiria no damasu

記事を読む

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

京極堂に会う

平山夢明さんと京極夏彦さんがホストを務めるFM東京のラジオで、『困ってるひと』の大野更紗さんがときど

記事を読む

no image

幻のポスター

最近、出版社が新刊の文芸書のゲラを書店員の人たちに前もって配り、 感想をいただくということがよく行わ

記事を読む

no image

Bhutan ni tsuita

Ottoi Bhutan ni tsuita. Sono hi wa hareteite yokat

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

ツアンポー峡谷の謎

最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか 外にいても日陰なら涼しい。 今日はなぜかJR高尾

記事を読む

no image

昔の未来

夜、珍しくテレビをつけたらNHKでちょうどNHKスペシャルが始まるところだった。 時節柄だろう、オリ

記事を読む

no image

新刊「世界のシワに夢を見ろ!」完成

いよいよお待ちかね、新刊「世界のシワで夢を見ろ!」(通称「しわゆめ」)が完成した。 これはヤングチ

記事を読む

Comment

  1. ドリアン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0)
    北朝鮮の金ちゃん家の」ように子供を世襲させた、自らも議員お世継ぎの小泉に自己責任で断罪されたこの人の方を俺は人間として信用する。誰も行かない所へ行って誰も経験したことが無い事をする。高野さんと一緒や。

  2. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
     いやいや、出足のクエートでの長い就職活動であれだけページ数食ってる時点で、高野さんと同じニオイを感じ取りましたよ、私は。
     本人は至って真剣なのに、やる気が空回りする姿が、お二人とも良く似ておられます。読者には可笑しいです。高野さんがUMAじゃなく軍事マニアだったら同じような本を書かれたのでは。

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    昔安田さんの講演会に行って話を聞いた事があります。訥弁で話下手な様子と「イラク元人質」と言うあんまりな肩書き(主催者命名)が印象に残っています。あの純朴な好青年がそんな大胆な事を…?!って、多分タカノさんも思われているはず〜ε=┏( ・_・)┛

LP にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑