*

シリア・イラク国境地帯の驚異

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ユーフラテス河沿いに進み、イラク国境近くの町にいる。
シリアの他の場所は砂漠ばかりだが、この河沿いだけはずっと緑で
豊か。しかし、大問題に悩まされている。
ドライバー付きのワンボックスカーを雇ったのだが、
このドライバーはおそらく年は60半ば、頭はすっかり禿げ、残った髪も真っ白。
ものすごく融通がきかず、神経質。
私たちが河を見たいと何度言っても、「そんなに河を見たがるのはおかしい」「遺跡を見るべきだ」と主張、どうしてもこっちの話を聞かない。
遊牧民のテントを見つけて、森が「止めて!」と言っても答えは「ノー」。
自分の知らないことや不得手なことは絶対にやろうとしない。
朝から晩まで一日中、言い争いが絶えず、車内は緊張感が漂っている。
だいたい、どうしてドライバーが雇い主の注文を拒否するのだろう。
「私は東大の考古学の××教授と××教授と一緒に仕事をした」が口癖だが、
運転手やってただけだろうが。
昼飯を食おうにも、「ここは清潔なレストランがない」と拒否。
こっちはそんなの気にしてないのにさー。
昨日は結局昼飯を食い損ねた。
きっとアッパーな学者や観光客ばかり相手にして
年を食ってしまい、いまさら私ら若造の言うことなど聞けないのだろう。
20才も年上ならしょうがないよね。
…なんて、みんなと話をしていて、ふと彼に年を聞けば「44歳」というので腰が抜けるかと思った。
同い年じゃないか!
向うも私が20才くらいの学生と思っていたらしく
びっくりしていた。
「年の差20」という認識だけは一致していたのだ。
毎度のことながら中東の人の老け具合には驚かされる。
ていうか、少しはこっちの言うことにも耳を傾けてほしい。
※メンバーの様子
織田君…旅をいちばんエンジョイしている。だいぶ旅行にも慣れて、
現地の人とのやりとりも堂に入ったもの。
スエッチ(末沢)…例によって柳に風、でも彼もけっこう生き生きしてきた。
森…彼だけがずっと体調がわるい。
写真もあまりよいものが撮れないらしく、部屋に閉じこもっていることが多い。
大丈夫だろうか。

関連記事

no image

難病のソナタ

大事なことを忘れていた。 「困ってる人」第12回「わたし、生きたい(かも)」が更新された。 難病女子

記事を読む

no image

個人的2011年ミステリ・ベストワンはこれだ!

最近の海外ミステリはとにもかくにも猟奇連続殺人事件が多い。 「サイコパスもの」とでもいうのか。 私

記事を読む

no image

もう10月

いつの間にか10月になっていた。 先月読んだ本の中から面白いものをまとめて紹介しよう。 吉田誠一『ヨ

記事を読む

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

no image

頑張れ、ミャンマーの柳生一族!

 困ったことになった。  ミャンマー情勢である。  私は「小説すばる」誌で「ミャンマーの柳生一族」と

記事を読む

no image

ヘンタイ監督の話

今月号の『映画秘宝』(洋泉社)で、大槻ケンヂと小沢真珠の対談が載っている。 話題は、佐藤圭作監督『

記事を読む

no image

チャリ仲間が芸術祭大賞をプロデュース

私の友人で、昨年九州を一緒に自転車で走ったワンマン社長(社員が自分ひとりしかいないという意味だが)

記事を読む

no image

これからちょっとソマリランド

本日より約1年4ヶ月ぶりのソマリランド行きである。 帰国は今月の26日の予定。 おや、と思わ

記事を読む

no image

昔の未来

夜、珍しくテレビをつけたらNHKでちょうどNHKスペシャルが始まるところだった。 時節柄だろう、オリ

記事を読む

no image

新連載はまさか、あの…?!

『アジア新聞屋台村』本日発売!…なのだが、なんか、今回もまた売れない予感がしてきた。芥川龍之介ではな

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    森さん大丈夫かなぁ?頑張ってね!

  2. negi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; Creative AutoUpdate v1.10.10)
    森さん心配ですね…
    とりあえず流れにゆだねて、ゆっくり体を休めてくださいね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 何度も言いますが、高野秀行さんの本は本当に死ぬほど面白いので皆さん読んでください。 「アヘン王国潜入記」は流石に皆さん全員読んだと思うので、次は「西南シルクロードは密林に消える」を読んでください。58件のレビューで星5の作品です。 https:… ReplyRetweetFavorite
    • リプ、ありがとうございます。そうですね、今のところ、その2件だけです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑