*

皇太子にアシストしたらベンツ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


サッカーは特に好きでもないのに、サッカー本は好きだ。
とくに非西欧のサッカー事情はひじょうに食欲をそそる。
『越境フットボーラー』(角川書店)はまさに私のストライクゾーンど真ん中、あ、いや、キラーパスである(この比喩の使い方は正しいのかな?)
日本で戦力外通告を受けた元Jリーガーやそもそも日本でプロになれなかった選手が
アジアや中南米のクラブで活躍する話だ。
伊藤壇という選手は「1年1国」というポリシーを掲げ、タイ、ベトナム、香港、インドネシア、ミャンマー…とほんとに毎年どんどん国を変えてプレーをしているという。
サッカーにはお国柄が現れる。
いちばん笑ったのはブルネイで、伊藤選手は、皇太子がオーナーであるクラブに入った。
練習もろくにやらずだらだらしているのに、このチームは試合になると緊張感をもつ。
なぜなら、皇太子も選手として試合に出てるから。
皇太子に絶好のアシストをするとベンツを買ってもらえたりするので、
みんな、超真剣なのだという。
経験豊かでリーダーシップのとれる伊藤選手は皇太子に頼んで、ゴール前を守ってもらった。相手チームも絶対に皇太子を鋭く削ったりしないから、そうすれば点をとられずに済むそうだ。
これでもプロリーグだというのだから楽しい。羨ましい。
私は生まれて初めて自分がサッカー選手でないことをひじょうに残念に思った。
本書は驚きの連続でもある。
黄金世代でワールドユース準優勝も経験した酒井友之選手は、
東南アジアにわたったが、流れ流れて、しまいにはインドネシアのイリアンジャヤ(西イリアン)に拠点を置くチームに入った。
あのペニスケースで有名なダニ族のいる町・ワメナにプロサッカーチームがあること自体が驚きだが、そこに日本人選手が行ってプレーしていたとは。
しかし、とにかく辺境の地なので、サッカーの試合と練習以外はすることが全くない。
酒井選手は毎日、宿舎から徒歩10分の場所にあるネットカフェに入り浸っていた。
そこは藤原さんという日本人冒険家が経営している店だった。
…とそこまで読んで、目が点になった。
えー、冒険家の藤原さんってあの?!(つづく)

関連記事

no image

ハサミ男、驚愕のラスト

前々から気にはなっていたが、読んでいなかった殊能将之『ハサミ男』(講談社文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

メモリークエスト2

遅ればせながら、ようやく『メモリークエスト』の続編を開始することが正式決定した。 現在、幻冬舎の編集

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

今日のアブちゃん

今週の講義のゲストでもあるアブディンのブログを発見した。 ていうか、どうして今まで気づかなかったんだ

記事を読む

no image

ラジカル佐藤英一先輩逝く

昨日は大阪に行ってきた。 早大探検部で私より2つ上の先輩が心筋梗塞で急逝し、その告別式があったのだ

記事を読む

no image

帰国しました

昨夜遅くに帰国した。 東京は寒いが、きりっと晴れて気持ちがいい。 ユーフラテス河は、ここで書いたかど

記事を読む

no image

最近、高野秀行の本がつまらないと思われている方、私以外にいらっしゃいますか?

最近気づいたのだが、Yahoo知恵袋になんとこんな質問が寄せられていた。 「最近、高野秀行の本

記事を読む

no image

「イエティは現実だ」

長らく待っていたブータン行きがやっと決定した。 来週の14日(水)に出発となった。 期間は約一ヵ月半

記事を読む

no image

いや、おどろいた

『三畳記』が”酒飲み書店員大賞を受賞して、何ヶ月か経った。 もともとは”酒飲み書店員が強烈にプッシュ

記事を読む

no image

シャングリ・ラは実在した!

探検部の後輩・角幡唯介の開高健ノンフィクション賞受賞作品 『空白の五マイル』(集英社から刊行予定)の

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    お久しぶりです。スポーツに興味なしですが、サッカー選手たちのボーダーレスさには驚かされます。野球と違ってワールドワイドなスポーツだからでしょうか。西イリアンジャヤって…何かご当地UMAを思い出そうとして失敗しました。

  2. 渡社長 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_3) AppleWebKit/534.55.3 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.5 Safari/534.55.3
    高野さん、伊藤壇さんは、マレーシアのミュージックライター、ネギシさんが定点で追いかけていますよ。
    http://www.aisa.ne.jp/musicraja/blog/index.php?cid=6&page=22

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.168 Safari/535.19
    >コシチェイさん、ニューギニアのご当地UMAについては、本日のブログをご覧下さい。
    >渡社長、
    そうみたいだね。二村さんも伊藤選手と話をしたことがあると言ってました。
    アジア・アフリカは日本人が少ないから、「世界」がかえって狭いんだよね(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑