*

皇太子にアシストしたらベンツ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


サッカーは特に好きでもないのに、サッカー本は好きだ。
とくに非西欧のサッカー事情はひじょうに食欲をそそる。
『越境フットボーラー』(角川書店)はまさに私のストライクゾーンど真ん中、あ、いや、キラーパスである(この比喩の使い方は正しいのかな?)
日本で戦力外通告を受けた元Jリーガーやそもそも日本でプロになれなかった選手が
アジアや中南米のクラブで活躍する話だ。
伊藤壇という選手は「1年1国」というポリシーを掲げ、タイ、ベトナム、香港、インドネシア、ミャンマー…とほんとに毎年どんどん国を変えてプレーをしているという。
サッカーにはお国柄が現れる。
いちばん笑ったのはブルネイで、伊藤選手は、皇太子がオーナーであるクラブに入った。
練習もろくにやらずだらだらしているのに、このチームは試合になると緊張感をもつ。
なぜなら、皇太子も選手として試合に出てるから。
皇太子に絶好のアシストをするとベンツを買ってもらえたりするので、
みんな、超真剣なのだという。
経験豊かでリーダーシップのとれる伊藤選手は皇太子に頼んで、ゴール前を守ってもらった。相手チームも絶対に皇太子を鋭く削ったりしないから、そうすれば点をとられずに済むそうだ。
これでもプロリーグだというのだから楽しい。羨ましい。
私は生まれて初めて自分がサッカー選手でないことをひじょうに残念に思った。
本書は驚きの連続でもある。
黄金世代でワールドユース準優勝も経験した酒井友之選手は、
東南アジアにわたったが、流れ流れて、しまいにはインドネシアのイリアンジャヤ(西イリアン)に拠点を置くチームに入った。
あのペニスケースで有名なダニ族のいる町・ワメナにプロサッカーチームがあること自体が驚きだが、そこに日本人選手が行ってプレーしていたとは。
しかし、とにかく辺境の地なので、サッカーの試合と練習以外はすることが全くない。
酒井選手は毎日、宿舎から徒歩10分の場所にあるネットカフェに入り浸っていた。
そこは藤原さんという日本人冒険家が経営している店だった。
…とそこまで読んで、目が点になった。
えー、冒険家の藤原さんってあの?!(つづく)

関連記事

no image

イギリスにもタマキングがいた!

書くのがだいぶ遅くなったが、今年最初に読んだ本は早くも今年最高の本になる可能性がある。 ダグラス・

記事を読む

no image

自虐読書の旅

地震以降、朝ジョギングに行くと、びっくりするほど人がいない。 私が走る玉川上水沿いは、いつもはジョギ

記事を読む

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

no image

未確認思考物隊

1月からどうやら本当に始まるらしい関西テレビの 変な番組のタイトルが決まったと連絡があった。 「未確

記事を読む

no image

銀河ヒッチハイク・ガイド

 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフ

記事を読む

no image

ユーフラテスの旅の落とし穴

昨日やっとこワンに飛んだ。 延々とつづく茶色の香料として山岳地帯を見下ろし、 「こんなところで河下り

記事を読む

no image

素晴らしき酒飲み書店員飲み会

酒飲み書店員飲み会(ややこしいね)に招待してもらい、一緒に飲む。 千葉周辺の書店員さんたちと出版社の

記事を読む

no image

【訂正】岡野雅行『野人伝』

このところ忙しくてブログを書く時間がなかなかとれないが、 岡野雅人 岡野雅行『野人伝』(新潮社)だ

記事を読む

no image

船戸与一は不死身

日本冒険小説協会の内藤陳会長が昨年末に亡くなり、その追悼イベント 「内藤陳帰天大宴会」というものが行

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    お久しぶりです。スポーツに興味なしですが、サッカー選手たちのボーダーレスさには驚かされます。野球と違ってワールドワイドなスポーツだからでしょうか。西イリアンジャヤって…何かご当地UMAを思い出そうとして失敗しました。

  2. 渡社長 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_3) AppleWebKit/534.55.3 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.5 Safari/534.55.3
    高野さん、伊藤壇さんは、マレーシアのミュージックライター、ネギシさんが定点で追いかけていますよ。
    http://www.aisa.ne.jp/musicraja/blog/index.php?cid=6&page=22

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.168 Safari/535.19
    >コシチェイさん、ニューギニアのご当地UMAについては、本日のブログをご覧下さい。
    >渡社長、
    そうみたいだね。二村さんも伊藤選手と話をしたことがあると言ってました。
    アジア・アフリカは日本人が少ないから、「世界」がかえって狭いんだよね(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑