*

2010年ノンフィクション・マイベストテン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


続いてノンフィクション。
1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)
 木村元彦の旧ユーゴ三部作がダントツの一位だ。ピューリッツァー賞をとってもいいのになあ。
4位 石川好『ストロベリー・ロード』(文春文庫/絶版)
 40年前の話で、20年前に書かれた本だが、今でもアメリカを知るのにこれ以上の本はないような気がする。
5位 角幡唯介『空白の五マイル』(集英社)
 探検家&作家・角幡唯介の強烈なデビュー作。来年は「雪男」本の刊行を期待したい。
6位 国分拓『ヤノマミ』(日本放送出版協会)
 著者も壊れていくところが恐ろしい。
7位 中村計『甲子園が割れた日』(新潮文庫)
 お手本のように良質なノンフィクションである。
 
8位 上原善広『日本の路地を旅する』(文藝春秋)
 別な日本が見える本は大好き。
9位 岡野雅行『野人伝』(新潮社)
 今年もっとも笑ったノンフィクション。
10位 高橋秀実『おすもうさん』(草思社)
  大相撲の核心をついたノンフィクションだが、核心を突きすぎて一般からは評価されなかったようだ。
今年もよいノンフィクションをたくさん読ませてもらった。
来年は自分も強烈なやつを出したいと思います。
みなさん、よいお年を!

関連記事

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

no image

『メモリークエスト』続編決定

二日酔いのまま、笹塚で杉江さんに会って、定例の放談会。 本の雑誌社の女性スタッフが、『メモリークエス

記事を読む

no image

韓国で高野本バブル?

韓国での翻訳出版の話だが、すでに刊行された『ワセダ三畳青春記』、 それから出版が決定している『幻獣ム

記事を読む

no image

イスラムと仏教

土曜日はイスラム地域を研究している若手研究者の会合に参加させていただく。 研究地域は多岐にわたってお

記事を読む

no image

インドの怪魚ウモッカを探せ!

自分のなかではずっと前から決定していすぎてブログに書くのを忘れていた。 今年の12月中旬から来年の

記事を読む

no image

タマキングのおそるべき深化

早く紹介せねば!と思いながら、もう発売から二週間近くが過ぎてしまった。でも、まだ買っていない人もたく

記事を読む

no image

鴎外、ダメじゃん!

ひきつづき、吉村昭。 今度は慈恵会病院の創始者で海軍医総監にもなった医師・高木兼寛の一生を描いた

記事を読む

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

身体のいいなり

内澤旬子副部長の新刊『身体のいいなり』(朝日新聞出版)はもうとっくに読んだのだが、 来月11日にト

記事を読む

no image

やっと帰国、でも暑い…

今度こそ、ちゃんと帰国しました。 しばらくは日本にいるつもり。 チュニジアの、特に砂漠地帯は暑かった

記事を読む

Comment

  1. 小杉 穣 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; CIBA)
    すみません、このブログを全部読んではいないのですが、漂流するトルコが入らない理由は何ですか?

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.10 (KHTML, like Gecko) Chrome/8.0.552.224 Safari/534.10
    あ、『漂流するトルコ』、入れ忘れてた!

  3. 小杉 穣 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; CIBA)
    渋谷の紀伊国屋、世田谷区図書館、千代田区図書館にもおいてません。朝日新聞のいろんな人が選んだ本にも入っていませんでした。この国の読書界は、こわれているのでは?やっぱり、旅行人がマイナーなせいですか?前作以上の名著だと思います。今友人に勧めていて感動しなかったら、本代返すというキャンペーン実施中。高野さんもみんな広めてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑