*

本来なら今日エジプトに行っていた

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

本来私は今日、成田を発ち、エジプトのカイロに向かっているはずだった。
カイロで一泊して、ケニヤのナイロビに行くという便をおさえていた。
それがオープンチケットとしてはナイロビ往復でいちばん安かったのだ。
だが、犬が寝たきりになった時点で断念、キャンセルした。
その直後、エジプトでデモが激化。
今エジプト航空は欠航と遅延が相次ぎ、行きたくても行けるかどうかわからない状況だ。
もし犬がまだ無事で、エジプト航空が飛んでいた場合、
私はいったいどうしていたんだろう。
エジプトは見てみたいし、でも本来の目的はソマリランドとソマリアだし。
まあ、今となっては無意味な仮定だが。
     ☆         ☆         ☆
昨日、タマキングのウェブ新連載「日本全国津々うりゃうりゃ」を読んで、たまげる。
「旅の理不尽」や「ずんずん歩く」時代のハチャメチャなギャグが復活しているのだ。
一体何がタマキングに起きたのだろう。
夜、杉江さんとマラソン本の打ち上げをしたのだが、杉江さんは「どうしてあれ、他社の連載なんだろう」といたくショックを受けていた。
連載開始前、宮田さんがどうにも暗かったので、杉江さんは関係ないのにこの連載企画の相談にのっていたのだ。
要するにタマキングを心配すること自体が無意味だったわけだ。
ちなみにこの連載は、オフィスでは見ないほうがいいと思います。周囲に顰蹙を買うから。

関連記事

究極の野菜はフグ野菜

今年も年初から忙しくなかなか読書の時間がとれないけれど、 読んだ本は当たりが多く、充実している。

記事を読む

no image

異文化の二日酔い

何でも面白かったり気持ちよかったりすると歯止めが効かなくなるのが 私の悪癖だ。 「ほどほど」でいられ

記事を読む

no image

高島先生の新刊

高島俊男先生が新刊を送ってくださった。 早速読んでみたが、これもまた名著です。

記事を読む

no image

「いちおう民主国家」ミステリ

今さらだが、伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』を読んだ。 独裁国家でのミステリ読書週間の番外編だ。

記事を読む

no image

おすすめ文庫王国2010

この前のエンタメノンフ忘年会で杉江さんに「おすすめ文庫王国2010」をいただいたので それを読んで

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

陳会長の誕生パーティで動転する

日本冒険作家協会の内藤陳会長の誕生日パーティがあるから来ないかと友人に誘われ、行ってみた。 陳会長は

記事を読む

no image

藤岡弘はキリヤマ隊長か

子供のころ夢中になっていたウルトラセブンを見たくなり、DVDを購入、第5話から第8話まで見たが、あ

記事を読む

no image

【訂正】岡野雅行『野人伝』

このところ忙しくてブログを書く時間がなかなかとれないが、 岡野雅人 岡野雅行『野人伝』(新潮社)だ

記事を読む

no image

ネアンデルタール人の冬眠性って…

 ケリー・テイラー=ルイス著『シャクルトンに消された男たち』(文藝春秋)の書評を書く。  前に書いた

記事を読む

Comment

  1. fankani より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 ( .NET CLR 3.5.30729)
    午前中、まさにオフィスで「日本全国津々うりゃうりゃ」を見てしまいました。
    口元がニヤケテしまいましたが、風邪予防のためのマスクが思わぬかたちで役に立ちました。タマキング節全開!
    「カミシンデン奇譚」と同じ人が書いているとは思えませんね。

  2. しばいぬ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB6.6)
    ちょっと留守をしていて、こちらも暫く拝見していない間に、ダルマちゃん亡くなっていたのですね。
    奥様の作品でダルマちゃんに出会って以来、会った事も無いのに、友達犬のような気がしていたので、しばらく涙がt止まりませんでした。
    何も言葉が見つかりませんが、ダルマちゃん有難う。

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    インターネット→民主化要求→アメリカ支持☆、と言うのが合衆国の描くシナリオでしょうか。ムシがいいってヤツですね。今回のエジプト騒動を見ていてそんな気持ちがします。

  4. 台湾まにあ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    うーん、今までだってエジプトはサウジと同じく「親米の砦」だったはずなんだけど、オバマ政権の弱腰でアメリカによる一元支配の箍が緩んできているってことなんでしょうか? そう考えると日本における沖縄を巡る混乱や自民党の失墜も、それと同じ文脈で捉えられるのかな。
    チュニジアといいスーダンといい、世界が多極化に向かってるきざしなのかも。キルギスやウクライナでは親露へのゆり戻しが起こっているし。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑