*

「ワセダ三畳記」が増刷!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


『ワセダ三畳青春記』の増刷が決まった。
集英社文庫、5冊目出してやっと増刷だ。
私は最初『異国トーキョー』が重版かと勘違いし、何人かの知人にそう伝えてしまったが、まあ、どっちでもいいやね。
 
たぶん、『異国トーキョー』も近いうち、増刷するでしょう。

関連記事

no image

カルカッタの悲劇再び?!

現在、中東の某国にいるのだが、 これから向かう先の国に入国できるか微妙な状況だ。 またもや空港で拘束

記事を読む

no image

名探偵なき大巨篇ミステリ

最近小説が読めなくなっていると前に書いたが、 とくにミステリはダメだ。 なにしろリアルでは原発や放射

記事を読む

no image

琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。

私の沖縄の友人が統括プロデューサーをしている映画が今日からついに 東京でも公開が始まる。 「琉球カ

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」と飲む

ついに夢の同姓同名対談(といってもただの飲み会だが)が実現した。 相手は将棋の棋士・高野秀行五段。

記事を読む

no image

楽しい南米

ペルーのマリオ・バルガス=リョサがノーベル文学賞を受賞した。 私が親しみ、著作を何冊も読んでいる作

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

未知の未知動物マリンダとは?

右絵:目撃者によるスケッチ。 彗星のごとく、私の前に現れた未知動物「マリンダ」の続報をお伝えするのを

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(小説部門)

恒例(といっても2回目か)の「今年読んだ本ベストテン」である。 自分が読んだということだから、今年出

記事を読む

no image

家宝、誕生

新刊「ミャンマーの柳生一族」のおどろおどろしい表紙に笑った人も多いだろう。 「昔の東映時代劇みたい」

記事を読む

no image

本格エンタメノンフの傑作

平松剛『磯崎新の「都庁」』を読了。 著者については恥ずかしながら全く知らなかったが、2001年に同

記事を読む

Comment

  1. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     いいモノが売れて欲しいものじゃね。
    友人の場合は関西から両親がざわざ上京して、紀伊国屋で大注文したというからご苦労なこと。2ヵ月半で6刷りじゃ。ははは。めでたい。めでたい(涙)。
     ところで高野クン、アマゾンにはカースト制度(推定)があるのをご存知?発売された時点で(たとえばまとめて100冊注文したとして)、その本は上位のカーストをキープし、その中で上下するのみ。最初っからネットで売れなかった物は、ずーっとハリジャンでせいぜいその中で上下する−−−のではないか?最近わかった。
     2刷といわず○ズリまで行きたいところですね。お互いに・・・。
     

  2. POPUN より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    はじめまして、高野さん
    大学1年生の時に、ワセダ〜を読む機会があったのですが
    ポジティブな意味で大学生活・人ってこれでいいのだ!
    と、この本は気づかせてくれました。
    ますますのご活躍をお祈りしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「パキスタン山岳地帯でバスが岩に衝突し転落、23人死亡」というニュース。実は3年前、私はほとんど同じ場所で、雇った車で移動中、飛び出してきた子供をよけて、崖下へ車ごと転落した。が、たまたま崖が2メートルの高さしかなく、命拾いをした。https://t.co/eSIR0Ium4r ReplyRetweetFavorite
    • ソマリア産のイカ、実に美味かった。ソマリア沖はもともと良い漁場だが、長らく海賊の出没するエリアで漁業ができなかったため、皮肉にも海産資源が世界の他のどの海域よりも守られていたとされている。今「最後の海の秘境」が市場に開かれていくところなのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 難しい質問。まず、これがどこで取れたかわからない。ソマリランドならそもそも海賊いないし。それから今、海賊がどのくらい活動しているのか。もう、あまりいないんじゃないかな。あとは、漁船が武装しているか、海賊か地元の氏族にショバ代を払って操業しているのかも。 ReplyRetweetFavorite
    • この「ソマリア共和国」の紋甲イカ、一体どこから来たのか? プントランド沖でもソマリランド沖でも表示は「ソマリア」になるからなあ。 ReplyRetweetFavorite
    • 近所のスーパーでなんとソマリア産のイカを発見! ソマリの物産を日本で見たのは初めてだ。思わず買ってしまった。 https://t.co/9gGbTBRD3j ReplyRetweetFavorite
    • 失礼しました。奥田英朗さんのデビュー作は『ウランバーナの森』でしたね。『最悪』は出世作でしょうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 一日中、外で取材やら何やら。移動と待ちが長かったため、長編小説が読めた。奥田英朗著『罪の轍』(新潮社)。いやあ、奥田さんのデビュー作にして名作『最悪』を思い出してしまった。こんなに興奮して小説のページをめくったのは久しぶり。仕事で読書を中断するのにちょっとむかついたほど。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑