*

TBS「クレイジージャーニー」とすしざんまい

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

さきほど私が出演したTBS「クレイジージャーニー」が放映された。

当初は「ムベンベ」「アヘン王国」「ソマリランド・ソマリア」「西南シルクロード」を全部やる予定だったが、

あまりに盛りだくさんなため「西南シルクロード」をカットした。で、収録したら、それでも盛りだくさんということで、2回に分け、ソマリ部分は次回にすることになったそうだ。

見ていて、いろいろと感慨深かった。

まず、アヘンの話がテレビで放映されること自体が初めてで新鮮だった。

これまでテレビには何度も出たことがあるが、アヘンの話はタブーだった。

(なぜかラジオはどこでもOKで、何度も話しているが)

なのに、今回はアヘンがメインで番組を一本作っているのだからすごい。

 

もう一つは、やっぱり懐かしくなった。今頃、村の人たちはどうしてるんだろう?と思う。

昨年、「ワ州」から突然Facebookを通じてメッセージが送られてきて驚いたことがある。実はロンドン大学で文化人類学を教えているドイツ人研究者だった。私の本を読んで、ワ州に行き調査を始めたそうだ。

「今でも君のことを憶えている人が大勢いる。こっちに来るなら歓迎してくれるよ」と言っていた。

一度行ってみるのもいいかもしれない。ただ、アヘンはもうないんだよな…。

 

ちなみに、今日、番組を一緒に見ていた妻は、松本人志さんが「ワ州」という言葉を発したところで大受け。

「だって、うちの茶の間以外で『ワ州』なんて初めて聞いたから」

そうか。「ワ州」とか「アヘン」というのは、うちでは「家庭用語」だったのか。

 

 

たまたまだけど、昨日からなぜか「すしざんまい」の社長の話題がネットで盛り上がっている。

ソマリアの海賊を一人で絶滅させたとか。

そんなわけがないだろう。もしそうだとしたら、とっくに世界中で大ニュースになっているはずだ。日本の一業者がソマリアの海賊を全部退治したなんていうのは、ネッシーや雪男が捕まったという話と同じくらいの途方もないニュースだ。

 

海賊の激減とすしざんまいには何も関係はない。たとえすしざんまいで元海賊を漁師や船乗りに雇っても、

他の人間が海賊をやるから同じことだ。

ソマリの海賊がこの2,3年で激減したのは、一般の船舶が武装護衛をつけるようになったことがいちばん大きい。従来は丸腰だったから襲われるのは無理もなかった。ところが2,3人でも護衛をつけると大違い。なにしろ通行する船はでかい。海賊は下からはしごをかけて上がっていかねばならない。それを上から銃で撃てば、海賊は手も足も出ないのだ。

2番目の理由は、自衛隊を含む各国の海軍が警備を行っていることだろう。

まあ、仕事がなくなった海賊の一部はすしざんまいで助かっているかもしれないが。

というか、ちゃんと操業してるんだろうか。単にカモネギになっているだけじゃないかという気がしてならないのだが…。

 

『謎の独立国家ソマリランド』で私が書いているように、ソマリアの海賊は9割方が事実上の独立国家「プントランド」から出陣していた。海賊の原因が「貧困」だと言う人が昔も今もいるが、それも単なる固定観念にすぎない。

貧困者が海賊をやるなら、世界中の海で海賊が跋扈していることになる。そしてそんなことは全然起きていない。

他の大多数の貧しい国でも海賊がいないのは、そこの政府が取り締まるからだ。そして、なぜプントランドに海賊がわんさかいたのかというと、プントランド政府が黙認していた、もっと正確にいうなら利益を共有していたからだ。前に私がこのブログで「プントランド政府と海賊は、国土交通省と道路公団みたいなもの」と書いたとおりだ。プントランドの基幹産業は「海賊」だったのである。最近はそれができなくなり、別の産業(貿易や土地開発とか)に移行しつつあるだろう。

ふつうの土地になりつつあると思うかも知れないが、でも外国人が行けば、今でもすぐに拉致されると思う。

そもそも海賊は、陸で拉致をしていた人たちが、海でも同じことを始めたというのがソマリアの海賊の起源だと私は推測している。

別に「拉致=犯罪」というわけでもない。ワ州でのアヘンと同様、善悪は場所によってちがう。

「拉致」とは何か。かつて「不倫は文化」と言った人がいたように、拉致もソマリの文化なのである。

それについては来週の「クレイジージャーニー」で放映されるんじゃないかと思う。(私は収録のとき話したけど、どこまで放映されるかわからない)

海賊と拉致についてもっと知りたい方は『謎の独立国家ソマリランド』と『恋するソマリア』をお読み下さい。

 

 

関連記事

no image

超高級リゾートアイランド

インド洋に浮かぶ超高級リゾートアイランド、セイシェルにいる。 あやうく入国審査にひっかかりそうになっ

記事を読む

no image

「イエティは現実だ」

長らく待っていたブータン行きがやっと決定した。 来週の14日(水)に出発となった。 期間は約一ヵ月半

記事を読む

no image

世界はまだまだ広く、日本人にもスゴイ人たちがいる

まずはお詫びから。 『謎の独立国家ソマリランド』で2ヵ所誤りが見つかった。 正確に言えば、知

記事を読む

no image

カルトにムックはよく似合う

紹介が大幅に遅れて申し訳ないのだが、「偏愛!! カルト・コミック100」(洋泉社ムック)という面白い

記事を読む

no image

発売直前の本は売れるように見える

本の雑誌社へ赴き、できたての「アスクル」を見る。 一見ビジネス書風だが色合いがおかしい。 ブログに載

記事を読む

no image

25年ぶりに天龍源一郎を見た

なぜか一足早く忘年会シーズンになり、 連日飲んでいる。 日曜日は先日本屋野宿を行った伊野尾書店の伊野

記事を読む

no image

西南シルクロード文庫あとがき

いよいよ、あの『西南シルクロードは密林に消える』が講談社から文庫化される。 校正ゲラを読み返したが、

記事を読む

no image

日本タイトルだけ大賞2011の候補になっていた

とにかく面白い(笑える)タイトルだけを選ぶ「日本タイトルだけ大賞」というのがあり、 知らないうちに「

記事を読む

no image

ダメ男子ロマン大作

「人のやらないことをする」がモットーの私は、 これまで盆と正月とGWだけはせっせと働き、 そのほか

記事を読む

no image

インドのビザがとれる

インド謎の怪魚ウモッカ探しだが、いいアイデアは何も浮かばない。現地の漁師に聞いて、網を毎日覗くくらい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2016.06.21みらぶー
『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

2016.01.29sekamuro
室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

2016.01.28itodan
次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

no image
続・「クレイジージャーニー」とすしざんまい

昨日、ブログを書いたあと修正しようとしたけど、私のIT力の限界か、二度

no image
TBS「クレイジージャーニー」とすしざんまい

さきほど私が出演したTBS「クレイジージャーニー」が放映された。当初は

→もっと見る

    • 区役所で期日前投票。私の支持する候補者や政党が勝つことはまずないが、投票はします。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7/15(金)19時から『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行さんトークイベント&サイン会@立川・オリオン書房ノルテ店、続々お申込みいただいているそうです!  https://t.co/mYAenXLWk5 ReplyRetweetFavorite
    • 今日は午前中、東京体育館のプールで泳ぎ、午後は角幡唯介と『外道クライマー』の宮城公博君と鼎談、その後、拓徹(たく・とおる)『インド人の謎』(星海社新書)に感銘を受けつつ松戸に行って、高野本の聖地・良文堂書店でサイン会、そして酒飲み書店員OB飲み会。濃すぎる一日に脳が白くなった。 ReplyRetweetFavorite
    • 今、松戸から帰るところ。えらく長い1日だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7/15(金)19時から立川・オリオン書房ノルテ店にて、高野秀行さん『謎のアジア納豆』トークイベント&サイン会開催決定! 聞き手はFMヨコハマ「books A to Z」パーソナリティ・北村浩子さん! https://t.co/ktGahaA22H ReplyRetweetFavorite
    • RT : いよいよ本日18時30分より松戸良文堂書店さんにて高野秀行さんのサイン会です。当日良文堂書店さんで購入された高野さんの本ならなんでもサインします!雨が心配ですが、駅前なので傘を開いている間に着いちゃう?!心配無用。お待ちしています。 htt… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7/15(金)19時より開催決定!→『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行さんトークイベント&サイン会 | オリオン書房 https://t.co/95vuos2ZbW ReplyRetweetFavorite
  • 2016年6月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑