*

丸善ラゾーナ川崎店は伝説になる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今、丸善ラゾーナ川崎店でものすごいフェアをやっている。
その名も「君は高野秀行を知っているか」。
私が「絶対に面白い!」と太鼓判を押す本のみを
エンタメノンフを中心に、でも小説もまじえて、
どーんと80冊あまり展開。
そこに高野本を全部、つまり十数冊。
「ベスト・オブ・マイ本棚」が丸善の中にどかんと登場したわけだ。
しかもフェアの場所には、その約100冊を紹介する無料パンフがおかれている。
読めば、面白そうで、めまいがする。
それだけではない。
上映会で上映したあのコンゴ・ムベンベ&トルコ・ジャナワールの映像が
普通のテレビサイズのスクリーンで流されているという。
しかもエンドレスで。
川崎の丸善は駅前の新しいショッピングモールの中心に位置しているのだが、
そこでカメラマンの森清が
「なんだ、あれ、ギザギザだぞ!」と叫び、
私たちの食ったゴリラやチンパンジーが繰り返し大写しになっているというのだ。
どうかしてる。
フェアを企画したSさんもおかしいが、それを許す上の人たちもおかしい。
たぶん、上の人たちも何か新しいポップなことをやっていると勘違いしているのだろう。
コラボとかパフォーマンスとか。
いちおう、あと一ヶ月くらい続ける予定だというが、
「こんなのはやっぱりおかしい!」と上の人たちが絶対そのうち気づくと思う。
あと、一般のお客さんからクレームが来るとか。
だから本と映像を見たい人は一刻も早く川崎に行くべきだ。
伝説を見逃すな!

関連記事

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

目指すはドリトル先生

読者の方からご指摘があったが、今回の『メモリークエスト』のカバーは 「ドリトル先生」をイメージした

記事を読む

学校や仕事に行くのが辛いとき、この映像を見よう

アブディンの『わが盲想』、やっと重版がかかった。 「すぐにドカーンと売れる」という私の皮算用か

記事を読む

no image

「占い」と「UFO」収録

雪の東京へ出て大阪のスタジオ収録へ。 箱根を越えたら雪などまったく降ってないのでちょっと驚く。 今回

記事を読む

no image

ジプシーのヒンディー語

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。 セルビア付近とおぼしき土地に住

記事を読む

no image

ランニング復活記念に立ち会う

月曜日の晩、チェンマイ門の近くにある日本人ゲストハウスの庭先で開催されたライブを見に行った。

記事を読む

no image

藤沢周平症候群にお悩みの方へ

前にも書いたが、長年私は深刻な藤沢周平症候群にかかっている。 この病気にかかると藤沢周平以外の時代

記事を読む

no image

「ダカーポ」に書評が載る

 新作『異国トーキョー漂流記』が「ダカーポ」(3月2日発売)という雑誌の書評欄(「旬の本」というやつ

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

カゴの中の鳥のつぶやき

謎の海賊国家プントランドに入ってからもうすぐ一週間。 今は首都のガロウェという町にいる。 滞在し

記事を読む

Comment

  1. しばいぬ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6)
    ラゾーナでそんなフェアをやっていたなんて!!
    我が家は都内ですが、川崎は目と鼻の先という至近距離なので、早速偵察に行ってきます!!
    スクリーンで流れてる映像もしっかり眺めて来ます!!

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
     うわー羨ましいですねー
     自分ならそんなことをしてもらったら、もう後はノーベル文学賞を
    もらって賞金で世界中を旅行しまくるだけです。
     おめでとうございます。(って祝福していいんですよね?)

  3. ^_^ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 1.6; ja-jp; Docomo HT-03A Build/DRD08) AppleWebKit/528.5+ (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Mobile Safari/525.20.1
    うわ!素晴らしい企画ですね!!
    やるなぁ、川崎。うちの近くでもぜひ開催してほしいです(^^)

  4. su より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; MDDC; OfficeLiveConnector.1.4; OfficeLivePatch.1.3)
    昨日ラゾーナ川崎店にいってきました。インディージョーンズが鳴り響く中での選書はちょっとはずかしかったです。2冊購入させていただきました。高野さんのセレクトは80冊とうかがっていたのですが、昨日いった時点ではその半分くらいのセレクト数になっていました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑