*

記憶がないからどうにも

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。
今年はなぜか今がそう。
昨日、伊坂幸太郎の『重力ピエロ』をDVDで観た。
多くの人がそうであるように、私もこの原作を読んで、
「うわっ、こんな面白い小説を書く人がいたのか!」と驚き、
一時期、伊坂作品を片っ端から読んでいた。
で、昨日、その映画版を見たら、筋をまったく憶えていない!
一緒に見た妻によれば、「原作とだいたい同じ」と言うのだが…。
もっとミステリとして練られていたように思ったが、
ちがったのだろうか。
それとも映画になると、原作にあった言葉の綾みたいなものが失われて、
結果的に平板な調子になってしまうのだろうか。
記憶がないからどうにも判断がつかない。

関連記事

no image

皇太子にアシストしたらベンツ

サッカーは特に好きでもないのに、サッカー本は好きだ。 とくに非西欧のサッカー事情はひじょうに食欲を

記事を読む

no image

新刊『アジア未知動物紀行』が発売

新刊『アジア未知動物紀行』(講談社)があさって、つまり2日に発売となる。 ある意味で私の未知動物探索

記事を読む

no image

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、 即読んだ。  あまりにも意外性のない

記事を読む

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

本日発売。自分にとっては世にも奇妙な本

『世にも奇妙なマラソン大会』(集英社文庫)、本日発売です。 私はたいていすごく苦しんで原稿

記事を読む

no image

帰国しました

予定通り、本日インドシナ旅行より帰国しました。ヴェトナム、カンボジア、ラオスの旧仏領三国をメコン沿い

記事を読む

no image

別ジャンルで2つ上がる

「本の雑誌」2008年1月号が届いた。 2007年度ベスト10に『怪獣記』が6位にランクイン。 昨

記事を読む

no image

東京に戻りました。

だいぶ予定より遅くなりましたが、おかげさまで無事帰国しました。 2ヶ月近くも、めくるめくソマリ・ワン

記事を読む

no image

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という ソマリ

記事を読む

Comment

  1. みか より:

    AGENT: KDDI-SH38 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.349 (GUI) MMP/2.0
    おはようございます。初めてコメントさせていただきます。全然今回のブログ内容とも関係ないし、今さら?!という感じでもうご存知かもしれみせんが…
    アフリカのどこかを舞台にした自然保護管と野生のチーターの触れ合い(?)の実話で『野生のガラヤカ』 って本に川の主と呼ばれるムレンベという大きなワニが出てきます。昔は地元の村人がお供えをしていた とか…すみません。あやふやな話で。通勤中にふと思い出して手元に本がないものですから…高野さんの『ムベンベ』と関わりあるのかな〜と思い、なんとなくコメントしてみました。

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    伊坂幸太郎さん、私も好きでほとんど読んでます。
    でも覚えてないんですよ!いつも仙台が舞台だったり、前の作品のキャラが出てきたりするのが多いでしょ?だからかなぁと。
    記憶力が悪いのと思い込みが激しいのでそれが原因だと思いますが。
    映画になった「アヒルと鴨のコインロッカー」もよかったです。
    初めて読んだ伊坂作品は「死神の制度」だったんですが、こないだその映画を見て、高野さんと同じ状況に陥りました。
    息子に「原作もこんなだっけ?」と確認すると「見ただけですぐに結末思い出した」と。
    え〜〜〜!そうなの?私なんて結末を覚えてなくて、自分の記憶力と戦いながら見たのに?!
    まぁ作品を2度も3度も楽しめていいってことなんでしょうか(ポジティブすぎ。笑)

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    僕のお気に入りは「チルドレン」です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑