*

映画『レイ、初めての呼吸』を観る

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 つれづれ日記

 ちょっと前の話だが、11月のあたま、久しぶりに映画を観に行った。
 タイトルは『レイ、初めての呼吸』
 高校の同期、梶野純子さんが監督をつとめる作品だ。
 あらすじをざっくりと説明すると・・・
 10年前の沖縄で、一人の少女がアメリカ兵から暴行を受けた。
 反米、反基地など、世論をつき動かしたその事件から月日は流れ、大人になったレイは、心と体に傷を負いつつも、それを取り除こうとアメリカへ渡る。
 彼女の向かった先は、かつて自分の体を傷つけた2人の元アメリカ兵。そこで彼女は父の過ちについて何も知らない息子パリスを誘拐する。
 父の過去を初めて聞かされるパリスと、過去のフラッシュバックに苦しみながら一人の人間へと立ち戻ろうとするレイ。それぞれの心情の変化が二人の会話を通して細やかに表現されていく。。。
 日米で丹念に撮影された映像は、青い空と海、太陽がまぶしい沖縄と、どんよりと灰色の曇り空でくすむシカゴという対比にもなっていて、目を奪う。
 しかし、それ以上に驚いたのは編集の妙味だった。
 沖縄、米兵、暴行、誘拐、告白・・・。
 どれ一つとっても明るいテーマではない。
 たとえ、映画の伏線となっている「憎しみではなく、赦しから生まれてくるもの」を描くにしたとしても、事実をそのまま伝えるドキュメンタリー映画でもなければ、避けて通りたいネタの数々である。
 それらの重いテーマを、重く感じさせず、相手に深く考えさせ、そして、教訓めいたり、正解を押しつけたりしない。
 カット割りや、構成など、映画の国、アメリカで身につけた技と、日本人特有の細やかさが見事にまとまった作品だと思う。
 終演後、同期の登内くんとともに、梶野さんに直接を話を聞いてみた。
 すでにこの作品はアメリカ国内で上映されているけれども、日本での上映は試写も含めて相当ハードルが高いという。
 そもそも、映画に対する人々の付き合い方もアメリカと日本ではだいぶ違っていて、彼らは夕食後に「ちょっと映画でも観ていく?」みたいなラフな雰囲気で、テーマもその時その時で変えていく。
 だから、もちろんエンターテイメント性の高い作品は人気を集めるけれども、それと同時に社会派のハードな作品にも一定数のニーズがある。そして、それに応えるだけのシアターが存在するのだという。
 大抵の人が映画を観ることを数日前から決めている日本とは、環境も大きく異なるのだ。
 11時5分からの試写なのに、11時に駅について危うくオープニングを見逃すところだったが、「間に合った〜」と汗をかきながらひとりほっとしていたら、斜め後ろに伊那北同窓会長の東條さんやら、加山さんやらがいて、
「小林、あぶなかったな」
といわれ、さらに大汗をかいてしまった。。。

『レイ、初めての呼吸』についてはこちら

PR

関連記事

no image

真剣バカになろう。

普段のーてんきな私ですが、月末が来ると会社の口座からバンバンお金が逃げていくので暗い気持ちになります

記事を読む

no image

遠方より友きたる

 土曜日、岡山から宮本が上京した。  宮本は大学時代、吹奏楽でいっしょに時を過ごした旧友である。  

記事を読む

no image

友あり便りあり、また嬉しからずや

 親、親戚、同僚、友達、先輩後輩。  人にはいろんな知人がいて、いろんな付き合いがある。  人よりも

記事を読む

10月29日、創業10周年を迎えました。

 今から10年前の2004年10月29日、金曜日。有限会社AISA(アイザ)は生まれました。  創

記事を読む

no image

Wataru Kobayashi Profile English ver.

 高校の同級生で、今、シカゴで映画監督をしている梶野純子さんの協力により、私のつたない英語バージョン

記事を読む

no image

明けませんが、おめでとうございます。

はやいもので2012年がはじまり、もう13日目です。 そう、今日は13日の金曜日です。 年末より取り

記事を読む

一見ムダなようでも、好きなことに没頭しておくと、後でいいかもよ……というお話

 一件ムダかもしれないことが、ひょんなことで役に立つケースがあります。  特に、子どものころ好きだ

記事を読む

no image

終戦インパクトー価値観の激変を越えて

 アメリカで初の黒人大統領が誕生した。  どうしょうもない人たちがいる反面、ちゃんとした人たちも同じ

記事を読む

no image

久しぶりに聞いたこの言葉ー「ぼんたん」

今年もまた謎の演奏団体Say Noの季節がやってきた。 Say Noとは「練習数回で金賞を狙う」とい

記事を読む

no image

今週、久しぶりにトランペットでステージ乗ります

 昨年、15年ぶりに吹奏楽コンクールへ出場した。  今年はさらにコンサート復帰である。  楽団名は

記事を読む

PR

Comment

  1. 純子 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; YTB720; GTB6.3; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    小林君、
    上映へ来てくれて本当にありがとう。あの編集方法に行きつくまでに2年くらいかけました。それを気に入ってもらえるのは長い年月をかけた効果が少しはでているのかな?と嬉しくなります!映画は今月27日まで大阪で上映しております。関西の方は大きな画面で是非ご覧ください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑