*

エンタメノンフ@ジュンク新宿

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ジュンク堂新宿店にて「エンタメノンフ」のフェアをやっているというので見に行った。
最初なかなか見つからず、
「せっかく棚ができても棚がどこにあるかわからないんじゃ意味ないよ」などと文句を言いながら広いフロアをうろうろしていたら、
人気の新刊書が並んでいる一角にどかーん!と出現し、感動した。
先ほどの暴言、失礼しました。

私の本も『怪獣記』だけでなく『西南シルクロード』も置いてある。
いや、私の本がどうのじゃなくて、棚全体に「エンタメノンフ」への愛があふれていて、
それに心打たれたのだ。
私の本は、タマキングと内澤旬子さんに囲まれている。
まるで夢のような棚だ。
ジュンク新宿My Love!である。

私は、自分の手元に『怪獣記』がないので、一冊買おうと思ったら、
前にいた客がふっと一冊、手にとり、パラパラとめくりだした。
最初の本を出して18年になるが、
自分の本をお客が店頭で手にとるのを初めて見た。
パラパラとめくったあと、気が済んだように棚に戻していたけど。
(ちなみに、あの宮部みゆきさんでさえ、「自分の本をお客さんが買うところは一度も見たことがない」と言う。
それほど稀有なことなのだ)
このままフェアから常設棚まであと一歩。
がんばれ、ジュンク新宿!!

関連記事

no image

マイナー・ミート対談

9月15日(土)にジュンク堂池袋店にて、『世界屠畜紀行』の内澤さんとトークセッション (まあ、公開対

記事を読む

no image

帰国しました。

やっとモガディシオを脱出し、帰国した。 と言っても、ソマリランドだけど。 でも、プントランドとモガデ

記事を読む

no image

王様のブランチ

妻は早起きして一昨日から通っている浦安市の災害ボランティアに出かけていたので、 9:30にひとりで「

記事を読む

no image

ロスト・シティZ

最近、突然読書量が増えたのは、仕事のあとや合間でなく、 始まる前に机に向かって本を読むようになった

記事を読む

no image

逃してますぜ

ドキュメンタリー映画「引き裂かれたイレブン オシムの涙」のDVDを購入して観る。 原題は「ユーゴス

記事を読む

no image

連絡とれました

「巨大生物UMA」のサイトを主催しているSさんから、 めでたくお返事がきました。 私もいよいよ「謎の

記事を読む

no image

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたと

記事を読む

no image

ずいぶん前の話だけど

ずいぶん前の話だけど、早大探検部の先輩・西木正明の『流木』(徳間文庫)という本の「解説」を頼まれて、

記事を読む

no image

溝口敦『暴力団』は入門書にして名著

タイトルからして素晴らしい。溝口敦の『暴力団』(新潮新書)。 「暴力団のいま」でもなければ「ヤクザ

記事を読む

no image

帰国&新刊「アスクル」

さっき帰国した。 これで年内は長期で出かけることはなく、おとなしくしていることと思う。 年明けには一

記事を読む

Comment

  1. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    お久しぶり!
    ワシが昔、紀伊国屋にいったらワシの本を手に取っていた男がいた。
    『そけ、オレが書いたんだけどよぅ、頼むぜ!』
    と言ったら、足早に去って行っちまった。セールスはナカナカ難しい。
    ところで昔、チェンマイの屋台で、高野君に紹介されたシャンの長老って、今回の人?あれからもう15年度経っちゃったんだね。合掌。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    悟空さん、お久しぶりです。
    悟空さんが声をかけたら、ふつうの人は逃げますよ(笑)。
    チェンマイで悟空さんに紹介したシャンのじいさんは10年前に亡くなりました。そういえば、じいさん、悟空さんと意気投合してましたよね。
    今回亡くなったのはその弟です。
    ずいぶん時間が経ってしまったものです…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑