*

来たれ、ポロロッカ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日、『困ってるひと』に重版がかかったという知らせが届いた。
発売後たった6日のことだ。
よく「発売後たちまち重版!」なんて宣伝文句が広告にのっているが、
発売一週間もたたないで重版なんて、最初からわざと少なめに刷っている「計画的重版」じゃないかと疑っていたのだが、本当にあるのかと驚いた。
私の新刊は「売れる」ということとは無縁なので、よくわからないが、
片野ゆか『犬部!』(現在9刷、実売2万数千部)と比較しても倍以上のスピードなのはたしか。
つまり、その類推からいけば、少なくとも5万部は行くだろう。
10万部突破も十分ありうる。
昨日、重版以上に嬉しい知らせだったのは、あの名作『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を書いた窪美澄さんが『困ってるひと』をツイッターで熱烈にプッシュしてくれていたということ。
ここ2,3年でも抜群に優れた、純文学とエンタメを超えたあのすごい小説を書いた人に
「まえがきを読んだ瞬間から持っていかれます」「ものすごい筆力の持ち主」と評された。
破格のことだと思う。
一般の読者には受けているが、本当にシビアな読者の目に耐えるのだろうかという
最後までつきまとっていた不安がやっと解消された。
もしかすると今年を代表するベストセラーになるかもしれない。
私も、「あの有名な本をプロデュースしたとかいう人」として世に認識され、
「高野秀行ってなんだかよくわからないけど、あの大野更紗を世に出したというなら、
面白いのかもしれない」と、本を手にとってもらえるかもしれない。
ていうか、すでに私の本をまったく知らないのに、「『困ってるひと』のプロデューサーというなら会ってみたい」という有名人の人がいるのだ。
こうして、今は細々と流れている高野本も、優秀な弟子の恩恵を受けて、どばっと売れてしまう。
おおっ、まさにアマゾンの大逆流ポロロッカのようではないか。
唯一残念なのは、営業活動の大チャンスである来月中旬から8月下旬まで
私がアフリカに行ってしまい、インタビューも取材も対談もラジオ・テレビ出演も何も受けられないこと。
草葉の陰から世紀の珍現象を見守りたい。

関連記事

no image

ウモッカのトゲ!?

早稲田での上映会では錦鯉専門誌という珍しいものと トナカイのぬいぐるみ(?)という奇妙なものをいた

記事を読む

no image

「シャバはつらいよ」連載開始!

大野更紗「困ってるひと」の続編、「シャバは辛いよ」がポプラ・ビーチにて連載が始まった。 今回、私は

記事を読む

no image

dancyuの味噌汁

本日発売のdancyu2月号は味噌汁特集。 私も戦国時代以前から伝わる元祖インスタント味噌汁を再現

記事を読む

no image

エンタメノンフの古典

「不思議ナックルズ」という変わった雑誌のインタビューを受ける。 「実話ナックルズ」の別冊ムックみたい

記事を読む

no image

素晴らしき酒飲み書店員飲み会

酒飲み書店員飲み会(ややこしいね)に招待してもらい、一緒に飲む。 千葉周辺の書店員さんたちと出版社の

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

no image

ワンの大地震

バンコクで大洪水、そしてトルコ東部のワンでは大地震が発生。 私にとって思い入れが深く、知人友人が何人

記事を読む

no image

謎の怪魚ウモッカ!

突然、魂の叫びを発したところ、いろいろとおもしろそうな「探し物」関連のコメントをいただいた。 その中

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」と飲む

ついに夢の同姓同名対談(といってもただの飲み会だが)が実現した。 相手は将棋の棋士・高野秀行五段。

記事を読む

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    「困ってるひと」快調ですね。良かったですね。
    高野さんの喜びが素直に出てますね。
    でも「ポロロッカ」と「草葉の陰から」は使い方が間違ってるような気が…

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「もしかすると…」以降が高野さんらしいな、って思います。

  3. ミジンコ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
    「草葉の陰から」は「お墓の中から」という意味だったよな~、って思っていたら山中温泉さんに指摘されましたね。
    「困ってるひと」の63~64ページの「享年25歳」も年と歳がダブっておかしな表現ではありますが最近はこの表現も多く見受けられると辞書にありました。
    言葉は生き物ですね。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    「草葉の陰から」はもちろん(つまらない)ジョークなのだけど、
    みなさん、疑っておいでですねー。
    ま、間違う力ですからね。
    無理もないか。

  5. asajiro より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2) Gecko/20100115 Firefox/3.6
    草葉→アフリカのボウボウと生い茂る場所を掻き分けて、そこにテントを張る高野さんのイメージが浮かびますね。bon voyage

  6. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    ごめんなさい、
    私のまずいコメントが皆さんに不快感を与えたことをお詫びします。
    高野さんのボケの「草葉の陰から」に
    「なんでやねん!」と突っ込みたかったんです。
    でも言葉が足りなかったですね。
    反省してコメントを付けるのは自主規制します。
    (期間は未定)
    私が高野さんのブログを見るのは
    高野さんの文章が大好きだからです。
    まじめな言動とは逆な暴走的妄想が素晴らしいです。

  7. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    いえ、誰も不快感なんてもってないでしょう。
    ここにはそんなに心の狭い人は来ませんから。
    反省や自主規制は一般の人々に任せて、
    われわれはどんどん間違って行きましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑