*

来たれ、ポロロッカ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日、『困ってるひと』に重版がかかったという知らせが届いた。
発売後たった6日のことだ。
よく「発売後たちまち重版!」なんて宣伝文句が広告にのっているが、
発売一週間もたたないで重版なんて、最初からわざと少なめに刷っている「計画的重版」じゃないかと疑っていたのだが、本当にあるのかと驚いた。
私の新刊は「売れる」ということとは無縁なので、よくわからないが、
片野ゆか『犬部!』(現在9刷、実売2万数千部)と比較しても倍以上のスピードなのはたしか。
つまり、その類推からいけば、少なくとも5万部は行くだろう。
10万部突破も十分ありうる。
昨日、重版以上に嬉しい知らせだったのは、あの名作『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を書いた窪美澄さんが『困ってるひと』をツイッターで熱烈にプッシュしてくれていたということ。
ここ2,3年でも抜群に優れた、純文学とエンタメを超えたあのすごい小説を書いた人に
「まえがきを読んだ瞬間から持っていかれます」「ものすごい筆力の持ち主」と評された。
破格のことだと思う。
一般の読者には受けているが、本当にシビアな読者の目に耐えるのだろうかという
最後までつきまとっていた不安がやっと解消された。
もしかすると今年を代表するベストセラーになるかもしれない。
私も、「あの有名な本をプロデュースしたとかいう人」として世に認識され、
「高野秀行ってなんだかよくわからないけど、あの大野更紗を世に出したというなら、
面白いのかもしれない」と、本を手にとってもらえるかもしれない。
ていうか、すでに私の本をまったく知らないのに、「『困ってるひと』のプロデューサーというなら会ってみたい」という有名人の人がいるのだ。
こうして、今は細々と流れている高野本も、優秀な弟子の恩恵を受けて、どばっと売れてしまう。
おおっ、まさにアマゾンの大逆流ポロロッカのようではないか。
唯一残念なのは、営業活動の大チャンスである来月中旬から8月下旬まで
私がアフリカに行ってしまい、インタビューも取材も対談もラジオ・テレビ出演も何も受けられないこと。
草葉の陰から世紀の珍現象を見守りたい。

関連記事

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

ゾウ本、着々と

本の雑誌社の杉江さんと打ち合わせ。 ゾウ本(「辺境の旅はゾウにかぎる」)の製作が着々と進んでいる。

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

no image

炎のジプシー・ブラス

ルーマニアを代表するロマ(ジプシー)ブラス、ファンファーレ・チォカリーアのドキュメンタリー映画『

記事を読む

no image

『メモリークエスト』見本とどく

初めてのことだが、2日連続で新刊の見本がとどく。 今度はお待ちかね、『メモリークエスト』。 カバー

記事を読む

no image

ついに「増刷童貞」が破られる

 日本帰国後に知ったニュースの第二弾。  ついにというか、やっとというか、私の「増刷童貞」が破られ

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

no image

『腰痛探検家』&『空白の5マイル』発売

早大探検部の後輩で、今年開高健ノンフィクション賞を受賞した 角幡唯介『空白の五マイル』(集英社)が

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

勝利の方程式も崩れるときはある

丹沢・大山登山の翌日は予想通りというか、足が激しく筋肉痛。 トレランの鏑木さんに影響されて、山を駆

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    「困ってるひと」快調ですね。良かったですね。
    高野さんの喜びが素直に出てますね。
    でも「ポロロッカ」と「草葉の陰から」は使い方が間違ってるような気が…

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「もしかすると…」以降が高野さんらしいな、って思います。

  3. ミジンコ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
    「草葉の陰から」は「お墓の中から」という意味だったよな~、って思っていたら山中温泉さんに指摘されましたね。
    「困ってるひと」の63~64ページの「享年25歳」も年と歳がダブっておかしな表現ではありますが最近はこの表現も多く見受けられると辞書にありました。
    言葉は生き物ですね。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    「草葉の陰から」はもちろん(つまらない)ジョークなのだけど、
    みなさん、疑っておいでですねー。
    ま、間違う力ですからね。
    無理もないか。

  5. asajiro より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2) Gecko/20100115 Firefox/3.6
    草葉→アフリカのボウボウと生い茂る場所を掻き分けて、そこにテントを張る高野さんのイメージが浮かびますね。bon voyage

  6. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    ごめんなさい、
    私のまずいコメントが皆さんに不快感を与えたことをお詫びします。
    高野さんのボケの「草葉の陰から」に
    「なんでやねん!」と突っ込みたかったんです。
    でも言葉が足りなかったですね。
    反省してコメントを付けるのは自主規制します。
    (期間は未定)
    私が高野さんのブログを見るのは
    高野さんの文章が大好きだからです。
    まじめな言動とは逆な暴走的妄想が素晴らしいです。

  7. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    いえ、誰も不快感なんてもってないでしょう。
    ここにはそんなに心の狭い人は来ませんから。
    反省や自主規制は一般の人々に任せて、
    われわれはどんどん間違って行きましょう!

山中温泉 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑