*

海賊国家プントランド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、
そこにいると同じ意見しか聞けない。
というのは、ソマリランド人は、誰もが独立を支持し、
何の疑いも持ってないからだ。
公平を期すためには、ソマリランドに強く反発する人たちにも
話を聞かねば。
そう思って敵対する隣のプントランドに
来た。
ちゃんと出入国の手続きをし、国際線のフライトで
未確認国家から別の未確認国家に来たわけだ。
プントランドはソマリランドにも増して奇々怪々なところだ。
独自の政府を持ち、大統領もいて、外国人はビザを必要とするのに、
「我々は独立国家ではない。あくまでソマリアの一部」と主張している。
だいたい、国でも自治区でも機関産業が海賊業なんてありえない。
そんなプントランドの最大の町、ボサソに到着した。
一見、静かで美しい海辺の町だが、
「絶対に一人ではホテルから一歩足りとも出てはいけない」と
世話役の人に厳しく言われている。
「海賊は海だけじゃない。町にもいる。外国人は
すぐ拉致される」そうだ。
とてもそんなことが起こりそうな町には見えないのだが…。
ショックなのは自由に葉っぱを買い、
地元の人たちと談笑できないこと。
「この町では誰も信用できない」と、
この土地に生まれ育った人が言う。
でも、結果的には、その人と刺しで葉っぱを食い、
いろいろと面白い話が聞けた。
やっぱり現地に来て初めてわかることがたくさんあるのだなと
改めて実感している。

関連記事

no image

Bangladesh

Bangladesh no shuto,Dhaka ni iru. 20nenmae no

記事を読む

no image

元キャバ嬢&風俗嬢にはかなわなかった

「SPA!」の掲載誌が届いた。 「イスラム飲酒紀行」はかなりトンチキな企画で(文芸誌ではできない)、

記事を読む

no image

個人的2011年ミステリ・ベストワンはこれだ!

最近の海外ミステリはとにもかくにも猟奇連続殺人事件が多い。 「サイコパスもの」とでもいうのか。 私

記事を読む

no image

偉いのは荻原井泉水

いつ買ったのかすら憶えていない吉村昭『海も暮れきる』(講談社文庫)を読む。 吉村昭のドラマチック性を

記事を読む

no image

旅のトリビア「たびとり」

突然だが、フジテレビの「トリビアの泉」という番組をご存知だろう。 何の役にも立たないが、面白い(とい

記事を読む

no image

イトコの息子と探検部の後輩

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで 外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学した

記事を読む

no image

とても美味しく、驚きもある

 先週の土曜日、グレッグとミワさんという日仏カップルの友人と神楽坂のクレープ専門レストランで食事をし

記事を読む

帰国。今回の無念について

昨夜、ソマリランド取材から帰国した。 今回の取材の目的は2つ。 一つは5月から連載を開始

記事を読む

no image

バオバブの記憶

ポレポレ東中野にて、本橋成一監督のドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」を見る。 西アフリカ・セネ

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

Comment

  1. koikea より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; CIBA; InfoPath.3; AskTbTKR/5.8.0.12304)
    お元気そうで何よりですが、相変わらず恐ろしい旅をされてますね。
    とりあえず誘拐されないように、お気をつけください。

  2. h.u. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    まさかプントランド入りしていたとは。そしてソマリランドから定期便が飛んでいたのも驚きです。
    金三角を股にかけた高野先生だからこそできる旅ですよね。
    ニュースをにぎわわせたりしないよう願っております。誘拐されたら今の日本政府がジャーナリストの解放にお金を出してくれるかわからないので、出版社とファン有志で身代金をカンパするしかないと思います。でも、体験記は売れるかも知れませんね。

  3. 小川清貴 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; ja; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 GTB7.1
    高野先生
    「腰痛探検家」を読みました。面白かったです。
    その流れでBlogを拝見しました。
    まさに日本の常識外の国にいるのですね。まるで映画の世界のようです。
    でも、個人的にはかなり惹かれます。
    私も行ってみたい感じです。
    とりあえず、無事のお帰りと体験記を期待して応援しております。

h.u. へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑