*

海賊国家プントランド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、
そこにいると同じ意見しか聞けない。
というのは、ソマリランド人は、誰もが独立を支持し、
何の疑いも持ってないからだ。
公平を期すためには、ソマリランドに強く反発する人たちにも
話を聞かねば。
そう思って敵対する隣のプントランドに
来た。
ちゃんと出入国の手続きをし、国際線のフライトで
未確認国家から別の未確認国家に来たわけだ。
プントランドはソマリランドにも増して奇々怪々なところだ。
独自の政府を持ち、大統領もいて、外国人はビザを必要とするのに、
「我々は独立国家ではない。あくまでソマリアの一部」と主張している。
だいたい、国でも自治区でも機関産業が海賊業なんてありえない。
そんなプントランドの最大の町、ボサソに到着した。
一見、静かで美しい海辺の町だが、
「絶対に一人ではホテルから一歩足りとも出てはいけない」と
世話役の人に厳しく言われている。
「海賊は海だけじゃない。町にもいる。外国人は
すぐ拉致される」そうだ。
とてもそんなことが起こりそうな町には見えないのだが…。
ショックなのは自由に葉っぱを買い、
地元の人たちと談笑できないこと。
「この町では誰も信用できない」と、
この土地に生まれ育った人が言う。
でも、結果的には、その人と刺しで葉っぱを食い、
いろいろと面白い話が聞けた。
やっぱり現地に来て初めてわかることがたくさんあるのだなと
改めて実感している。

関連記事

no image

野外の強者たち

 金曜日、山形かみのやま温泉で上映会。  いや、正確には山形大学医学部法医学科の先生が主催する「勉

記事を読む

no image

驚嘆のユーゴ・サッカー三部作

山田先輩は四万十に帰ってしまいサッカーファン強化合宿は終了してしまったが、 その後も自主練はつづい

記事を読む

no image

私にとって最大最後の秘境はアメリカ

webマガジン幻冬舎で依頼募集中の「メモリークエスト2」更新。 新たな依頼になぜか自分のアメリカ音痴

記事を読む

no image

自意識が森に溶けていく

以前、本の雑誌の杉江さんが「すごいドキュメンタリーですよ!」と NHKハイビジョンでブラジルの先住

記事を読む

no image

混沌とするタイのお化けワールド

ついに『謎の独立国家ソマリランド』の見本があがってきた! パネルも本の装丁もむちゃくちゃか

記事を読む

no image

2013年小説ベストワン決定

風邪は治ったものの今度は咳がひどく、声もがらがら。 とくに夜になると咳が止まらず苦しい。 朝

記事を読む

no image

ひそやかに『謎の独立国家ソマリランド』完成

2月18日発売の新刊『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(本の

記事を読む

no image

エンタメノンフの傑作

巷では有名なのに、私は全然知らないという物事がたくさんある。 おそらくは徳島県上勝町の「奇跡」もそ

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

元首相になりたい

福田首相が一昨日、突然辞任した。 次は麻生太郎が首相になるらしい。 それ以来、「みんな、どうして首相

記事を読む

Comment

  1. koikea より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; CIBA; InfoPath.3; AskTbTKR/5.8.0.12304)
    お元気そうで何よりですが、相変わらず恐ろしい旅をされてますね。
    とりあえず誘拐されないように、お気をつけください。

  2. h.u. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    まさかプントランド入りしていたとは。そしてソマリランドから定期便が飛んでいたのも驚きです。
    金三角を股にかけた高野先生だからこそできる旅ですよね。
    ニュースをにぎわわせたりしないよう願っております。誘拐されたら今の日本政府がジャーナリストの解放にお金を出してくれるかわからないので、出版社とファン有志で身代金をカンパするしかないと思います。でも、体験記は売れるかも知れませんね。

  3. 小川清貴 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; ja; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 GTB7.1
    高野先生
    「腰痛探検家」を読みました。面白かったです。
    その流れでBlogを拝見しました。
    まさに日本の常識外の国にいるのですね。まるで映画の世界のようです。
    でも、個人的にはかなり惹かれます。
    私も行ってみたい感じです。
    とりあえず、無事のお帰りと体験記を期待して応援しております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ニューヨークボ!! https://t.co/zA0dcqtcUb ReplyRetweetFavorite
    • 新大久保の現在の主力がベトナム人とネパール人だなんて初めて知ったし、その中に入り込んでいる中国系や韓国系の人の動き、風変わりなキリスト教の牧師、ヒンドゥー教徒やムスリムなど、その混合雑多ぶりはまるでニューヨークのよう。行ったことないけどイメージで。 ReplyRetweetFavorite
    • 室橋裕和著『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』(辰巳出版)を2週間ぐらいかけて少しずつ読み進め、先ほど終わった。もしできるなら新大久保に住みたいが、事情が許さないので本書を読んで2週間ぐらいホームステイした気分を味わった。実に楽しい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 書店に並んだらすごいですけどねえ。単にコピーをホチキスで留めただけのものですから。 https://t.co/0cJRsSNEh2 ReplyRetweetFavorite
    • 昔自作したコンゴのリンガラ語のテキストを公開中。表紙にはコンゴの諺が。「歯があるうちにトウモロコシを食え=できるうちにそれをしろ」https://t.co/BLIewFVZM3 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 数ヶ月前に初めて行ってミャンマー料理のその複雑な味に感動して二回続けて行ってしまった曙橋のゴールデンバガン、めちゃおすすめ。お茶の葉サラダにひよこ豆の豆腐の揚げ物、名物ひよこ豆チャーハンに豚と筍のスープ、発酵生姜と豆のサラダも素晴らしかった。食で旅す… ReplyRetweetFavorite
    • RT : きたきたきた!絶対『買い』だ! 【28日限定】日替わりkindleセール 未来国家ブータン 299円 高野秀行(著 ⇒https://t.co/0UL9gPKjzM 未来国家ブータンという題名ですが、中身は『遠野物語 ブータン編』ともいうべき民話採集… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年11月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑