*

海賊国家プントランド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、
そこにいると同じ意見しか聞けない。
というのは、ソマリランド人は、誰もが独立を支持し、
何の疑いも持ってないからだ。
公平を期すためには、ソマリランドに強く反発する人たちにも
話を聞かねば。
そう思って敵対する隣のプントランドに
来た。
ちゃんと出入国の手続きをし、国際線のフライトで
未確認国家から別の未確認国家に来たわけだ。
プントランドはソマリランドにも増して奇々怪々なところだ。
独自の政府を持ち、大統領もいて、外国人はビザを必要とするのに、
「我々は独立国家ではない。あくまでソマリアの一部」と主張している。
だいたい、国でも自治区でも機関産業が海賊業なんてありえない。
そんなプントランドの最大の町、ボサソに到着した。
一見、静かで美しい海辺の町だが、
「絶対に一人ではホテルから一歩足りとも出てはいけない」と
世話役の人に厳しく言われている。
「海賊は海だけじゃない。町にもいる。外国人は
すぐ拉致される」そうだ。
とてもそんなことが起こりそうな町には見えないのだが…。
ショックなのは自由に葉っぱを買い、
地元の人たちと談笑できないこと。
「この町では誰も信用できない」と、
この土地に生まれ育った人が言う。
でも、結果的には、その人と刺しで葉っぱを食い、
いろいろと面白い話が聞けた。
やっぱり現地に来て初めてわかることがたくさんあるのだなと
改めて実感している。

関連記事

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

no image

「アヘン王国」復活?!

知人から「アヘン王国」関係の情報を教えてもらった。 「黄金の三角地帯」でアヘン生産が激増しているとい

記事を読む

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

no image

女帝の出版記念パーティ

滅多に人の出版記念パーティには行かない(呼ばれないともいえる)のだが、 土曜日は特別。 「日本ビル

記事を読む

no image

原稿と有酸素運動

 web本の雑誌で連載している宮田珠己「スットコランド日誌」http://www.webdokush

記事を読む

no image

カルカッタの悲劇再び?!

現在、中東の某国にいるのだが、 これから向かう先の国に入国できるか微妙な状況だ。 またもや空港で拘束

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

un no ochiteiru kata boshu

Bhutan no kita e ittekita. omotta ijou ni samukute

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

25年ぶりに天龍源一郎を見た

なぜか一足早く忘年会シーズンになり、 連日飲んでいる。 日曜日は先日本屋野宿を行った伊野尾書店の伊野

記事を読む

Comment

  1. koikea より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; CIBA; InfoPath.3; AskTbTKR/5.8.0.12304)
    お元気そうで何よりですが、相変わらず恐ろしい旅をされてますね。
    とりあえず誘拐されないように、お気をつけください。

  2. h.u. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    まさかプントランド入りしていたとは。そしてソマリランドから定期便が飛んでいたのも驚きです。
    金三角を股にかけた高野先生だからこそできる旅ですよね。
    ニュースをにぎわわせたりしないよう願っております。誘拐されたら今の日本政府がジャーナリストの解放にお金を出してくれるかわからないので、出版社とファン有志で身代金をカンパするしかないと思います。でも、体験記は売れるかも知れませんね。

  3. 小川清貴 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; ja; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 GTB7.1
    高野先生
    「腰痛探検家」を読みました。面白かったです。
    その流れでBlogを拝見しました。
    まさに日本の常識外の国にいるのですね。まるで映画の世界のようです。
    でも、個人的にはかなり惹かれます。
    私も行ってみたい感じです。
    とりあえず、無事のお帰りと体験記を期待して応援しております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
    • しかも、そのあと場所を変えて、二人でオンライン打ち上げでまた二時間以上喋ってしまった。仕事であってもなくても全く同じように喋りまくる私たちはバカなのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • ”相棒”である清水克行さんとオンライン対談。辺境と中世の疫病についてしゃべり倒してしまった。清水さんの引き出しの多さには毎度ながら驚くばかり。すごく楽しかった。オール讀物誌上にて掲載予定です。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【文庫】新潮文庫5月の新刊発売しました 一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』 渡辺都さん『お茶の味』 高野秀行さん『謎のアジア納豆』 高田崇史さん『鬼門の将軍 平将門』など入荷しています。k.s https://t.co/KVWQD… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます。今日は高野秀行さん『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』や一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』など新潮文庫の新刊が入荷しています。 https://t.co/qWDHW2iiBO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 納豆を食べるのは日本人だけではなかった!  世界を駆ける辺境作家が、アジア各地を訪れ、さまざまな納豆民族と絶品料理に出会います。 #高野秀行 著『#謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』、5月28日発売。 担当Aも毎朝納豆食べてます! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌社WEBストアでは、池澤春菜さん、大山顕さん、高野秀行さん、宮田珠己さん、北原尚彦さん、清原なつのさん、沢野ひとしさん、平松洋子さん、荻原魚雷さん、都築響一さん、たくさんの著者の方のサイン本を販売しております。オリジナルグッズや本の… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑