*

津波の子ども

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 津波で両親が行方不明になった子どもについての緊急メールがまわってきた。
 添付された写真を見る限り、欧米系もしくは中南米系の子どもみたいだが、まだ言葉もしゃべれないようで、国籍などまったく不明という。
メールの依頼にしたがい、私も知人にどっとこのメールを転送した。
 すると、それから4時間もしないうちに、バンコクに住む知人から、「あの子どものお父さんが無事見つかった」という連絡が入った。


 このメールをいちばん先に発信したのが誰なのか、また、それがいつのことなのかもわからないが、メールを大量転送することがこういう際、ものすごく有効であることが確認された。
 メールのおかげで、子どもの父親が見つかったのかどうか定かではないが、少なくとも子どもがみつかったという情報が数時間で私のところにバックされてきたのだ。
 考えてみれば、私ひとりで50人くらいにメールを出している。そのうち、10人でもメールを自分の知り合い50人に出すとすれば、500人である。
 そのうち100人が同じ行動をとれば、 5000人。
 つまり、1回の転送で桁が1つ増えるのだ。
 単純計算で8、9回転送されれば、100億人に達し、世界の人口を超える。
 こりゃ、すぐに世界中に伝わるわな。
しかし、困ったのはあとの処置である。
 私は急いで「発見されました」メールを発信した。しかし、私の親切な知人の方々はもう緊急メールを転送しているはずだ。
 つまり、それがまたぐるぐると地球を回るはめになる。
 だが、緊急メールとちがい、「発見されました」メールは、読んだ人みんながホッとしてしまう。そして、転送がめんどうくさくなる。
 実際、私もすごく面倒くさくて、もう少しで放置するところだった。
 つまり、このニュースは緊急メールのように迅速に伝わらないはずである。
 というわけで、子どもが行方不明になったということは知っていても、その父親が発見されたことは知らないという人が世界中に大量に出現することになる。
 そういう人たちはまだせっせと「誰か知ってる人はいませんか」とメールを転送し続けるから、ほんとうに冗談ではなく、2〜3週間で世界中のインターネット環境にある人々全員がこの子どもの存在について知ることになるだろう。
 全世界に顔写真が撒かれた子ども。
 誰もがその存在を知っているのに、名前どころか国籍もわからない子ども。
 こんなの、人類史上で初めてのケースではないか?
 今後海外に出かけたり、日本で外国人に会う際、いや日本人同士でも、「あの子はいったいどこの、なんという子どもだったのか?」という話が挨拶代わりに使われ、もしかすると、人類最大の「共通の話題」として重宝されるかもしれない。

関連記事

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

no image

『犬部!』

明日7日、妻・片野ゆかの新刊『犬部!』(ポプラ社)が発売される。 犬部とは、北里大学獣医学部に実在

記事を読む

no image

メモリークエスト2

遅ればせながら、ようやく『メモリークエスト』の続編を開始することが正式決定した。 現在、幻冬舎の編集

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

『辺境の旅はゾウにかぎる』

ここで書いたかどうかもう忘れてしまったが、 6月に『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)という本

記事を読む

no image

今年からノンフィクション作家

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年は何をするか。 まずは肩書きを変えることにした。 正

記事を読む

no image

豚はいらねえだろ

「小説すばる」(4月号)の平山夢明と本谷有希子の対談がめっぽう面白い。 本谷さんはごく普通だが、平

記事を読む

no image

昔の縁

仕事というより雑事に追われて ブログを書く時間もなかなかとれない日々が続いている。 昨日は稲城市で上

記事を読む

ここ数年最大の問題作か?

キャサリン・ブーの『いつまでも美しく インド・ムンバイのスラムに生きる人々』(早川書房)を読

記事を読む

Comment

  1. you より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02
    初めまして。
    著作を大変楽しく拝読させてもらってます。
    さて、今回の件結果オーライのような気もしますが、
    下記のページも是非一度ご覧下さいませ。
    目からウロコだと思います。
    http://onohiroki.cycling.jp/comp-mail.htm

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
     YOUさん、ご指摘のサイトを見ました。
     チェーンメールは「してはならない行為」だったのですね。
     いや、勉強になりました。
     どうもありがとうございました。

  3. you より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02
    こちらこそ気にして頂きありがとうございます。
    わたしとしては、善意の人の心の流れと、極めて合理的でもっともな意見の比較が出来て興味深かったです。

  4. ken より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; .NET CLR 1.1.4322)
    はじめまして。小生もイタリアの取引先の人から、同じようなメールを1月14日付でもらいました。でも、まだみつかっていないことになってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑