*

津波の子ども

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 津波で両親が行方不明になった子どもについての緊急メールがまわってきた。
 添付された写真を見る限り、欧米系もしくは中南米系の子どもみたいだが、まだ言葉もしゃべれないようで、国籍などまったく不明という。
メールの依頼にしたがい、私も知人にどっとこのメールを転送した。
 すると、それから4時間もしないうちに、バンコクに住む知人から、「あの子どものお父さんが無事見つかった」という連絡が入った。


 このメールをいちばん先に発信したのが誰なのか、また、それがいつのことなのかもわからないが、メールを大量転送することがこういう際、ものすごく有効であることが確認された。
 メールのおかげで、子どもの父親が見つかったのかどうか定かではないが、少なくとも子どもがみつかったという情報が数時間で私のところにバックされてきたのだ。
 考えてみれば、私ひとりで50人くらいにメールを出している。そのうち、10人でもメールを自分の知り合い50人に出すとすれば、500人である。
 そのうち100人が同じ行動をとれば、 5000人。
 つまり、1回の転送で桁が1つ増えるのだ。
 単純計算で8、9回転送されれば、100億人に達し、世界の人口を超える。
 こりゃ、すぐに世界中に伝わるわな。
しかし、困ったのはあとの処置である。
 私は急いで「発見されました」メールを発信した。しかし、私の親切な知人の方々はもう緊急メールを転送しているはずだ。
 つまり、それがまたぐるぐると地球を回るはめになる。
 だが、緊急メールとちがい、「発見されました」メールは、読んだ人みんながホッとしてしまう。そして、転送がめんどうくさくなる。
 実際、私もすごく面倒くさくて、もう少しで放置するところだった。
 つまり、このニュースは緊急メールのように迅速に伝わらないはずである。
 というわけで、子どもが行方不明になったということは知っていても、その父親が発見されたことは知らないという人が世界中に大量に出現することになる。
 そういう人たちはまだせっせと「誰か知ってる人はいませんか」とメールを転送し続けるから、ほんとうに冗談ではなく、2〜3週間で世界中のインターネット環境にある人々全員がこの子どもの存在について知ることになるだろう。
 全世界に顔写真が撒かれた子ども。
 誰もがその存在を知っているのに、名前どころか国籍もわからない子ども。
 こんなの、人類史上で初めてのケースではないか?
 今後海外に出かけたり、日本で外国人に会う際、いや日本人同士でも、「あの子はいったいどこの、なんという子どもだったのか?」という話が挨拶代わりに使われ、もしかすると、人類最大の「共通の話題」として重宝されるかもしれない。

関連記事

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

no image

美しき日韓問題

講談社ノンフィクション賞を受賞した安田浩一『ネットと愛国』(講談社)を読んだ。 丁寧に取材した

記事を読む

15年前のドンガラさんと私

二十代の頃からずっとお世話になっている翻訳家の浅尾敦則さんからこんな写真が送られてきて仰天した。

記事を読む

no image

トルコで未確認物体を目撃&撮影

昨夜、トルコより帰国した。 すでにお伝えしたように、トルコのワン湖での取材中に、奇妙な物体を目撃、ビ

記事を読む

2013年に読んだノンフィクション・ベストテン

毎年恒例となっている「今年読んだ本ベスト10」をやるのをすっかり忘れていた。 今急いでやります。

記事を読む

no image

見上げてごらん

 前に「イスラム飲酒紀行 イラン篇」はSPA!3月24日発売号に掲載と書いたが、 どうも間違いだっ

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎

 先週のことだが、ミャンマー・フォーラムへ行ってきた。  ミャンマーで行われている「麻薬(ケシ)栽培

記事を読む

no image

ライバルは漱石!

紀伊国屋新宿東口本店へ行き、 「私のオススメ本 バトルロイヤル」をのぞいてきた。 たしかに10冊、面

記事を読む

no image

前回はブチ切れて、すみません。

よくよく見たら、前回の記事はなぜか途中でブチ切れているではないか。 石川さんと読者の方、すみません

記事を読む

Comment

  1. you より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02
    初めまして。
    著作を大変楽しく拝読させてもらってます。
    さて、今回の件結果オーライのような気もしますが、
    下記のページも是非一度ご覧下さいませ。
    目からウロコだと思います。
    http://onohiroki.cycling.jp/comp-mail.htm

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
     YOUさん、ご指摘のサイトを見ました。
     チェーンメールは「してはならない行為」だったのですね。
     いや、勉強になりました。
     どうもありがとうございました。

  3. you より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02
    こちらこそ気にして頂きありがとうございます。
    わたしとしては、善意の人の心の流れと、極めて合理的でもっともな意見の比較が出来て興味深かったです。

  4. ken より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; .NET CLR 1.1.4322)
    はじめまして。小生もイタリアの取引先の人から、同じようなメールを1月14日付でもらいました。でも、まだみつかっていないことになってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年11月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑