*

逃亡先としての「辺境」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


知人に勧められて、乃南アサの『涙』(新潮文庫)を読んだ。
1964年、東京オリンピックの最中に殺人事件が起こり、それに関与したと見られる若い刑事が失踪する。
刑事の許嫁である主人公が、日本各地を探して回るという筋立てが核のサスペンスだ。
この小説は典型的な「逃亡もの」である。
そして私は逃亡ものが大好き。
なぜなら、逃亡者は必ず「辺境」に逃げるからだ。
逆の言い方をすれば、逃亡者の行く先が「辺境」と言える。
例えば、角田光代「八日目の蝉」(中央公論新社)では、
子供を盗んで指名手配された主人公は
・工事のため立ち退き命令が出て無人となった住宅地
・新興宗教の拠点
・瀬戸内のラブホ
などを転々とする。なるほどという感じだ。
いっぽう、これはノンフィクションだが、市橋達也「逮捕されるまで」(幻冬舎)
フィクションとノンフィクションではちがうと言う意見もあるかもしれないが、
市橋達也も「なんとかなりそう」というイメージでそこに行っているわけだから、
発想としては小説家とそんなに変わらないんじゃないかと私は思う。
こちらは初期は北関東、熱海、青森、東京などを短期間に回っているが、
中長期で滞在したのは、
・四国のお遍路
・沖縄の離島
・那覇
・大阪の西成
だった。
こちらも「なるほど」である。
では「涙」ではどうだったか。
・川崎のドヤ街
・熱海の温泉宿
・福岡の炭鉱
・大阪の釜が崎
・沖縄・宮古島
正体を隠して働けるような場所として、「炭鉱」や「川崎」が登場するのがさすが1960年代である。
「熱海」も意外。私はてっきり新婚旅行で行くような場所だったと思い込んでいたが、
夜は素人の女性は誰も歩いていないような、風俗の町だったらしい。
しかも「東京より家がたてこんでいる」というから驚きだ。
しかし、私が心惹かれたのはなんといっても沖縄。
まだ米軍に占領されたまま、つまりパスポートがなくては行けない「外国」だったのだ。
当然日本の治安当局の手の及ばない地域であり、でも言葉はいちおう通じる。
これはどの犯罪者もみんな目指したことだろう。
通貨は米ドルで、常夏の国で、なんだかフィリピンかサイパンみたいな雰囲気もする。
宮古島など、まだテレビの電波が届いてなくてラジオのみだし、
台風で木も家も根こそぎ吹っ飛ばされてしまう。
ああ、この時代の沖縄に行ってみたかったとしみじみ思う。
ちなみに、今日奥多摩にぶらっと行ってみたら、妙に指名手配のポスターが多かった。
あの辺もそういう人間たちが流れ着く「辺境」なのだろうか。

関連記事

no image

今、日本で最も儲かっているかもしれない輸出業者はこう言った

昨日のブログで書いた調布の中古車輸出会社だが、ほんとうに儲かっている。 半年ほど前、初めて社長に会っ

記事を読む

no image

幻の国ソマリランド

エチオピアを経て、ソマリアに入った。 ここが今回のほんとうの目的地なのだが、さすがに出発前は言いづら

記事を読む

学校や仕事に行くのが辛いとき、この映像を見よう

アブディンの『わが盲想』、やっと重版がかかった。 「すぐにドカーンと売れる」という私の皮算用か

記事を読む

no image

原宏一氏と対談

新宿のナイジェリア料理店で異能の小説家・原宏一氏と対談。 原さんは昨年、『床下仙人』で「啓文堂おすす

記事を読む

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

no image

最終的にはパッション

宮田部長の『だいたい四国八十八カ所』(本の雑誌社)が重版になったそうだ。 このすさまじい出版不況下

記事を読む

no image

だからアメリカは嫌なんだ!

今、バンコクであります。 今回、フライトがノースウェスト航空。9.11以来アメリカの飛行機に乗るのは

記事を読む

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさ

記事を読む

no image

酔って記憶をなくします

野宿泥酔の翌日は二日酔いにもならず、心身とも妙に快調。 そして翌々日、つまり今日も絶好調。 身体か

記事を読む

今年最後のトークイベント&川崎市と横浜市の市境は神の意志で決められた

6月15日(土)19:0016:30(よっしいさんありがとうございました!)より早稲田奉仕園にて、元

記事を読む

Comment

  1. 杉江 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S9081) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
    角田さんの新刊『紙の月』も逃亡劇なんですが、逃げた先が高野さんの詳しいあたりだと思います!

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.83 Safari/535.11
    もしかして、ソマリランド!?
    意外すぎて誰にも見つからないと思うな(笑)

  3. 嵐馬詐欺 返金はTCA総合探偵事務所

    嵐馬/返金・解決お任せ下さい!競馬予想詐欺 競馬ソフト詐欺 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所

トラブル解決無料相談センター へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 本日19時から!「ポリタスTV」の「石井千湖の沈思読考」で、高野秀行著『語学の天才まで1億光年』をご紹介くださるそうです! ReplyRetweetFavorite
    • いや、明日はマジで楽しみ。いつも彼とはほろ酔いでてきとうなことを喋っているけど、明日はガチで行きたい。 https://t.co/Dw6TWxuX8Q ReplyRetweetFavorite
    • RT : Webマガジン「考える人」のリレー書評「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」で、高野秀行さんが、「言語の面白さを教えてくれる10冊」のうちの1冊として、『日本語とにらめっこ 見えないぼくの学習奮闘記』(モハメド・オマル・アブディン著)を挙げて下… ReplyRetweetFavorite
    • そこまで想像が及ぶと、通訳の人に訊ける。すると「あー、そのとおりです!」という答えが返ってくる。実際はそこまで単純ではなかったけれど、大まかにはこんな感じ。現地語が少しでもわかると、それくらい取材ができてしまう一例です。 https://t.co/fp7bbdM1yA ReplyRetweetFavorite
    • つまり、テンジャンには食べ方がいろいろあるけれど、チョングッチャンには汁物しかない。だからチゲをつけない。そこからさらに、大半の韓国人はチョングッチャン=汁物と認識しており、他の形態を知らないから、それが日本の納豆と同じものだと全… https://t.co/ThbJrauA2d ReplyRetweetFavorite
    • どこの店でもこう書かれている。これを見るだけで「チョングッチャン(納豆)とテンジャン(味噌)は同じジャン(醤)でも食べ方がちがうんだな」と想像がつきます。テンジャンはチゲ(汁物)と書くのにチョングッチャンはチゲがつかない。 https://t.co/CD3d7gxmjM ReplyRetweetFavorite
    • 通訳がいても、現地の言葉がある程度わかるのはとても重要です。例えば、これはソウルにあるチョングッチャン(韓国納豆汁)の有名店の看板。左がチョングッチャン、右はテンジャンチゲ(味噌の汁物)と書かれています。… https://t.co/OjPuB6GZK3 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑