*

突然、魂の叫び

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

どこか遠くへ行きたい−−。
これは平凡な日常に飽きた人間がよく思い浮かべることだろう。
私もよくそう思う。
しかし、私の場合、ただ遠くへ行くだけでは気がすまないから厄介だ。
じゃあ、何が必要か。
探し物がしたい。
どこか遠くへ行って、探し物がしたい。
それも「幻の〜」とか「謎の〜」なんて形容されるものや、昔はあったけど今は失われてしまったもの、あるいは忽然と姿を消してしまったものを探したい。
人でも動物でも旧日本軍の宝でも珍しいコーラのビンでも何でもいい。
知力・体力・気力を総動員して探したい。
しかし、今のところ、探すものがない。
「二十年前に失踪した父親が実は中東のどこかで生きているらしい…」
なんて母親が打ち明けてくれれば飛びつくのだが、残念ながら私の父親は東京のはずれで呑気にガーデニングなどしている。
「ふざけんな、オヤジ!」と憤りすら覚える。
こうなったら、他人の父親でもいいとさえ思える。
いや、父親じゃなくてもいいのだ。何でもいいのだ。
誰か私に「探し物」を教えてほしい。
ゲーテは死ぬ間際に言った。「もっと探し物を!」と。
ガリレオは異端審問のあと、こうつぶやいた。
「それでも私は探す…」
犬養首相にいたっては暴漢に向かってこう叫んだ。
「探せばわかる!」
嗚呼、誰か、私に探し物を教えてくれえ!
ミッションを与えてくれえ!
突然ながら、私の今現在の魂の叫びでした。

関連記事

『バウルを探して』が新田次郎文学賞を受賞!!

川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)が 第33回新田次郎文学賞を受

記事を読む

no image

ポプラ社で「ムベンベ」キャンペーン?!

ポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」の日替わり表紙写真(「本のある風景」)が6月29日、「ムベ

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

また「テレビみたい」と言われるんだろう

日曜日の朝刊のテレビ欄で知ったのだが、 「ウルルン」の後番組として「地球感動配達人」とかいう番組がは

記事を読む

no image

残念な人

話題の『KAGEROU』の発売日にポプラ社の編集者にたまたま会い、一冊もらったので 昨日読んだ。 内

記事を読む

no image

海賊国家プントランド

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、 そこにいると同じ意見しか聞けない。

記事を読む

no image

東電に勇気と可能性をもらった

昨日、友人のワタル社長に驚くべき話を聞いた。 東電は今、人手が足りないのか、会社自体が混沌としている

記事を読む

no image

お湯割をください。涙の数だけ

さまざまな困難を乗り越え、 イランでの「アルコールクエスト」を続けている。 イランに来て、やっと一週

記事を読む

no image

8年ぶりにアフリカ大陸

 セイシェルの取材を終え、次は旧ユーゴスラビアのセルビアに行くはずが、 急に気が変わって南アフリカ

記事を読む

no image

謎、とける

先日の泥酔野宿のとき、石原たきび編『酔って記憶をなくします』(新潮文庫)をくれた人がわかった。

記事を読む

Comment

  1. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    探し物ありますよー。
    新しい私の仕事を探してください(笑)!
    コンサル業を廃業して新しいことしたい病にとりつかれております。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    申し訳ありませんが、そのような抽象的なオファーはお断りしております。
    私の探し物は質量を伴ったもの、もしくは写真や映像、録音に収められるものに限ります。
    新しい仕事なら、私の知っているAISAという会社をオススメします。すぐ採用されるのではないでしょうか。

  3. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    > 質量を伴ったもの、もしくは写真や映像、録音に収められるものに限ります。
    なるほど。
    牛久沼には本当に河童がいるのか(私のダンナはいると言い張ります)みたいな。
    うー、スケールがちっちゃいですね・・・

  4. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    ミャンマーのカカボラジに行く道を、そのまま東に向きを変えて中国に向かう。 外国人には人跡未踏だし、訳のわからない話がいっぱい転がってるし
    高野さん向けでしょう。
    ミャンマー最大のインド−ジ湖の外国人が立ち入れない地域で魚釣りをする。 巨魚がいるそうです(本当か?)
    1980年代末期に絶滅したと言われるチンドウィン川の川イルカを探せ!!
    最後はN会長もご存知のチンドウィン川の龍、又はイラワジ川の龍を
    探せ!!
    カヤ州ならもっと面白話が転がってますよ、外国人は入れないけど

  5. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ぜひ!
    インドの『謎の怪魚 ウモッカ』を探してください!
    ウモッカについては、こちらのサイトを。
    http://homepage3.nifty.com/Daiou3/
    NONOさんの記事もありますよー。

  6. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    ニューギニアのアマゾネスはどうでしょうか?
    W大探検部も調査しているみたいですし。
    インドネシアのパプア州側はともかく、パプアニューギニアサイドは
    個人的にまもなく自由アクセスが可能になりますので!
    あ、僕が行くわけじゃなかった。。。

  7. 義姉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    あの−、義姉の住むオーストラリアには探すのを商売にしている人たちがいるのでちょっとご紹介します。それは野生馬の群れを探して追いかけ、その子馬を捕まえて売る商売なんですね。そういう人たちは家族や仲間で原野を馬の群れを探しながら、転々と居住地を変えていくんです。適当なところに丸木で掘っ立て小屋を建てて、また次の場所へ移るという次第で。ふつうそんなことをしたら違法建築で捕まるはずですけど、市役所も彼らの居所を探しきれないんでしょうね。税金なんかもどうしてるんでしょうね。税務署も彼らを探しきれないということなんでしょうか。なんだかマタギに近い生活ですねえ。オーストラリアは人口のわりに国が広すぎるので、何となく法律の目からこぼれてしまったような人が時々います。

  8. 沈香はトラの敵

    以前、マレーシア南部のジャングルに入った時、ガイドとして雇った先住民族の男性が川の浅瀬で何かを拾い上げた。ちらりと覗くと、大きめの焼き芋程度の木切れのようだったが、後生大事にバッグにしまっていた。『gharu』という名の香木樹脂であるということであった

タカノ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑