*

ウモッカ・イベント(?)終了

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。
けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方々が集まってくれた。
りーだーさん、白谷さん、Kowさん…といった、このブログにときどき書き込みをしてくれる方とも直接会って話ができた。
ほんとうにありがたいことであります。
そのイベントで発表したのだが、私は12月13日より約三ヵ月、インドへ謎の怪魚「ウモッカ」を探しにいくことになっている。
いちいちこのブログには書かなかったけれど、目撃者の「モッカさん」や専門家に詳しく話を聞いたりして、事前準備は進めてきた。
幸いなことにモッカさんは常識的な人物で、目撃談の信憑性は「特A」と言ってもいい。
そして、彼が見た魚は、現代の魚はもちろん、古代魚にも似たものがまったくいない。
もし発見されたら、それはそれはすごいことになると思う。
発見されなければ、それはそれは悲惨なことになると思うが…。
ちなみに、上の絵はモッカさんに描いてもらった「トゲのついたウロコ」のスケッチである。
気持ち悪い魚ですね、ほんと。

関連記事

no image

10年遊んで暮らした人の話

私が解説を書かせていただいた川上健一『ビトウィン』(集英社文庫)が 発売された(たぶん)。 本来い

記事を読む

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

no image

新しい探検部の部室とゴリラ

第5回目の上映会が早稲田大学の学生会館で行われた。 数年前に建てられたわりと新しい建物だ。 この新

記事を読む

no image

「酒飲み書店員(中略)大賞」に選ばれた!?

 最近人づてに聞いたのだが、拙著『ワセダ三畳青春記』が「第1回 酒飲み書店員共同企画文庫ベストセラー

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

V字に向けて

後手後手になってしまっているが、2月20日ジュンク堂書店での 「エンタメノンフ三銃士トークショー」は

記事を読む

no image

「クロワッサン」で料理デビュー

明後日(3月25日)発売の「クロワッサン」が届いた。 表4(裏表紙?)をめくったところに、内澤

記事を読む

no image

「野々村荘」は今…

なんと約7年ぶりに、『ワセダ三畳青春記』の舞台である「野々村荘」を訪問、後輩の「中江」とともに大家の

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

大家のおばちゃんには誰も勝てない

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。 久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で

記事を読む

Comment

  1. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    先日はありがとうございました。
    来年3月には、「ウモッカ」捕獲記念イベント(!)が開催されること楽しみにしております。
    森清さんの美しい写真でこのグロい魚をどう撮られるか是非見てみたいので、がんばって(?)ください。

  2. 二村 より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/N503iS/c10
    通信や電気などのインフラはそこそこありそうだけど、日本ーインドではなく現地の異民族間の壁を打ち破れるのはあなたしかいませんよねー。どうぞみつかりますように! そして二年前にカレーになった個体が最後ではありませんように。DNAシーケンスは協力しますので少なくとも個体の一部はゲットしましょう!

  3. 白谷 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.22; Mac_PowerPC)
    先日はありがとうございました。
    ウモッカだけでなく、ムベンベ探索のヴィデオは、テレビの撮影班が撮るのではない探検隊の目線が非常に生々しく、ナレーション等なしでも引き込まれました(UMA研究のお話も然り…非常に分かり易かったです)。
    ウモッカ探索、興味深いお話が聞けそうで、楽しみにしています。
    二村さん
    いろいろとありがとうございました。話下手は助かりました。

  4. 風りん ナベタ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    イベントお疲れ様でした!
    ムベンベ探索の映像は、本を一度読んだ僕にとって、スリリングな気持ちでとても楽しめました!
    12月からのウモッカ探索、がんばってください!
    陰ながら応援してます!

  5. mayu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    楽しい時間をありがとうございました!その後,会社にイベントパンフを持って行ったら大笑いされました〜。
    サバイバル経験の実に豊かな方なので大丈夫と信じたいですが,どうぞこの度のインド行きも無事にご帰還を迎えられるよう祈っています。では。

  6. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    心から成功をお祈りしています。

  7. ウモッカ

    突然だけど、ウモッカってご存知だろうか?いや、知ってたらおかしいと思うんだけど。未確認生物好きの間で噂になっていた謎の巨大魚らしい。Real—————————————-実際、こんなサイトまである。→http://uma.tenboudai.com/…

  8. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
     イベント盛況だったようで何よりです。
     前には「ウモッカ協力隊の有志を率いて高野さんの調査の初め
    1週間だけ同行」なども打診されていた私ですが、仕事の都合で
    駄目になりました。
     出発まであと1ヶ月ですね。お一人で行かれるのですか? それとも
    早稲田探検部OBの方々と?
     宿オヤジさんには連絡を取られていないようですが、返って下手な
    先入観を持たずに現地入りする方がいいかも知れませんね。
     先週、シーラカンス(冷凍保存)が日本に輸入されたニュースを
    やっていましたね。学術的にはやはり写真だけではなく現物、
    現物もホルマリン漬けや塩漬け、干物ではなく冷蔵が一番よい
    そうです。「ウモッカ発見した! でも輸送手段・資金がない!」との
    嬉しい悲鳴が聞かれることを期待しています。(が、一方で運良く
    発見できた際に備えてある程度の輸送手段・資金の準備もされて
    おいた方がいいのではないかとも思います)

  9. おもいつき より:

    さて、車検に行った工場から半年点検の案内が来てたので、今日は午後に休みもらって車持って行ってきました。で、その工場の受付のおねぇさんが終始すごい営業スマイルに高め…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : そんな高野秀行さんが明晩、「荻上チキセッション22」に登場。お相手は同じ早大探検部の角幡雄介さん。角幡さんはかつて『中動態の世界』を熱く書評してくださいました。ケアひらは探検によく似合う? 「探検家は辺境の地で何を見るのか~新型コロナウイルス… ReplyRetweetFavorite
    • ちょっと私の「間違う力」に似てるんですよねえ。 https://t.co/gjnkBOV8dZ ReplyRetweetFavorite
    • 『やってくる』についてツイートしたら、友だちから「あれ、意味がよくわからないけど面白いよな!」と連絡が来て、1時間以上も電話で喋ってしまいました。いろんな人のところにやってきてるみたいです笑 https://t.co/aQDAxRidt7 ReplyRetweetFavorite
    • 奥村さんやザイール人ミュージシャンの生き方や音楽は「やってくる」で言われていることに近いような気がしてならない。少なくとも同時並行で読んでもいっこうに違和感がなかった。 https://t.co/67hq52qI9Z ReplyRetweetFavorite
    • 正直言って著者が語ることは半分以上わからないのだが、それでも面白くてちょっと笑ってしまう感じは、かつてオートポイエーシスを読んだときの感覚に似ている。今生きている世界の前提を地面から丸ごとひっくり返しにかかるような感覚。 https://t.co/SnNzOfUfLs ReplyRetweetFavorite
    • もう一冊は郡司ペギオ幸夫著『やってくる』(シリーズ ケアをひらく 医学書院)。帯のあおり文句が強烈で「これを買わずして何を買う」という気持ちになって買ってしまったが、読んでみたら想像したものとは全然ちがったのにすごく面白かった。そもそも何を期待していたのかも忘れてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 著者の奥村さんの行動原理には外部からの「こうあるべき」みたいな規範が一切ないのがたまらなく痛快。それに、アフリカでもっともハチャメチャ(てことは世界でも)なザイール(コンゴ)人の建前や時間感覚や自分と他人の区別など全てが溶解してい… https://t.co/JdvQPjdCFq ReplyRetweetFavorite
  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑