*

白石顕二さんを悼む

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


今年の3月にこのブログ上で「アフリカの奇跡!」と題する話を書いた。
そこで紹介した白石顕二さんが先日急逝されていたことがわかった。
白石さんは私の「異国トーキョー」をガボン大使館のロビーで読んでいた。ちょうど第二章の「コンゴより愛をこめて」でジェレミー・ドンガラというコンゴ人が登場する場面を読んでいたら、面会すべき人物が現れた。
それがなんとジェレミー・ドンガラだった。
「こんなことがあるんですね!!」と興奮した白石さんはさっそく私に電話をかけてきた。
私は白石さんを知ってはいたが、面識はなかった。
それについてこんな文章をブログで書いた;


 16年前、1989年、ちょうど私がコンゴに怪獣探しに行く前後の頃だが、東京で「アフリカ映画祭’89」というマイナーな催しが行われた。
そのときに舞台挨拶をした映画祭実行委員長がこの白石顕二さんだった。
 白石さんはアフリカの映画、音楽、美術などを日本に紹介した草分け的な存在で、『アフリカ直射思考』(洋泉社)、『ザンジバルの娘子軍』(現代教養文庫)など、評論やノンフィクションも多数発表しており、私も何冊か彼の著作を持っている。
 私がミャンマーから帰国後、白石さんとジェレミーと三人で渋谷で飲んだ。
 白石さんは髪はもう真っ白だったが、おそろしく意気軒昂で、よく飲み、よく食べ、よく喋った。
 ちょうど愛知万博のアフリカ館(アフリカ二十二カ国合同のパビリオン)のカタログを制作しているところで、各大使館からあれこれ文句や注文をつけられ、かなり怒っていた。 万博自体はとっくに始まっているし、一刻も早く完成させなければいけないと焦っている様子でもあった。
 そのあとで、「ついにカタログが完成しました。各国の大使や関係者が美しい、立派だと喜んでくれ、ほんとうに感激です」と書かれていた。
 私のところにもカタログが一部送られてきたが、日本人がプロデュースを引き受けたとは思えない色やデザインのセンスに感服した。
 まさにアフリカが息づいていた。
 白石さんはアフリカ中心の辺境専門旅行会社「道祖神」の月刊ニュースレター「DoDoWorld News」の編集長もやっており、私にも「何か連載してよ」とおっしゃっていた。
 少なくとも、これから二人で面白いことができるだろうと話し合っていた。
 それから一カ月も経たず、訃報である。
 心臓系の急な病気だったらしい。
 なんとも惜しまれる−−それ以上言葉がない。
 これから万博へ行かれるみなさん。アフリカ館へ足を運ぶ機会があれば、ぜひカタログをじっくりとご覧いただきたい。そして、一生を金にもならないアフリカ文化の研究と紹介に捧げた人のことに、一瞬でもいいから、思いを馳せてほしい。

関連記事

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

帰国&新刊「アスクル」

さっき帰国した。 これで年内は長期で出かけることはなく、おとなしくしていることと思う。 年明けには一

記事を読む

no image

新刊ラマダンの危機

新刊ラマダンが危機に瀕している。 ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読ん

記事を読む

no image

日本の路地を旅する

いやあ、昨日は日本がカメルーンに勝って驚いた。 誰がどう見てもダメだというチームが勝ってしまった

記事を読む

no image

七夕に願いを

本日やっと東京の自宅に戻った。 ハルゲイザ(ソマリランドの首都)はさすがに遠い。 →ジブチ→アジスア

記事を読む

no image

ハサミ男、驚愕のラスト

前々から気にはなっていたが、読んでいなかった殊能将之『ハサミ男』(講談社文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

外国語に泣き、日本語に笑う

日本語教師およびそれを目指す人向けの雑誌「月刊日本語」(アルク)4月号から、新連載をはじめた。 題

記事を読む

no image

私が原稿を書けないワケ

今週は原稿を一行も書けていない。 毎日パソコンに何時間も向かっているのに。 もともと苦しまずに原稿が

記事を読む

no image

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、 即読んだ。  あまりにも意外性のない

記事を読む

「ダ・ビンチ」2月号にてオードリー春日氏と対談

現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2月号にて、オードリーの春日俊彰氏と対談している。 私はテレビ

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    悔しいです。
    一度、お会いしてお話を聞いてみたかったです。
    合掌

  2. 玉川千絵子 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; .NET CLR 1.1.4322)
    初めまして。
    私は白石さんが中心となって行っていた
    アフリカ映画祭に2003年から参加させて頂いています。
    それが縁で、今回の愛知万博のカタログ作成では
    翻訳の仕事を少々手伝わせていただきました。
    2005年5月の連休にミニ映画祭を行い
    10月には本格的な映画祭を行おうと準備を進めていただけに、
    今回の白石さんの訃報については
    急なことでもあり本当に残念に思います。
    先日愛知万博に行き
    アフリカ共同館に行って来たのですが、
    せっかく白石さんが苦労して作ったカタログが
    一般の来場者の目に触れるところに置いてありませんでした。
    理由はわからないのですが、一般には配っていないとのこと。
    無料配布をするにはもったいない立派なものなのですが
    有償で販売したらアフリカに興味がある人は購入すると思います。
    資料としての価値は十分あるものですから。
    また、印刷部数が少ないようでしたら、
    せめて、各国のブースの受付に
    一部ずつ置くことぐらいはできると思います。
    白石さんのアフリカに対する情熱に敬意を払うためにも
    このカタログを有効活用してもらえたらと切に思います。
    万博のオフィシャルサイトには意見のメールをしておいたのですが…。
    もしこのサイトをご覧の方で今後万博に行く機会がありましたら
    カタログがその後活用されているか知らせて頂けたらと思います。

  3. gorgui より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    はじめまして
    白石さんは、数年前からある本を翻訳していました。柘植書房新社よりの刊行が決まっていましたが、「最後のところがまだだ」といっていたのが思い出されます。多分、パソコンの中にはあるはずなので、刊行されるとよいのですが。
    一緒にお酒を飲めないのが、残念です。
    ご冥福をお祈りします。

  4. 岩田 香 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Hotbar 4.6.1)
    はじめまして。
    今日アフリカ映画祭のウエブサイトを見て驚きました。
    あの元気な白石さんが亡くなられたなんて、、、
    6月のはじめに西荻のお店であったばかりだったのに、、、
    南アフリカ大使公邸で一緒にワインを飲んだり、
    愛知万博のパンフレットの翻訳の仕事、
    多摩美大でアフリカの写真展、
    残念です。
    もっとアフリカを日本に紹介して欲しいと思っおりました。
    ご冥福をお祈りいたします。
    岩田 香

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 何度も言いますが、高野秀行さんの本は本当に死ぬほど面白いので皆さん読んでください。 「アヘン王国潜入記」は流石に皆さん全員読んだと思うので、次は「西南シルクロードは密林に消える」を読んでください。58件のレビューで星5の作品です。 https:… ReplyRetweetFavorite
    • リプ、ありがとうございます。そうですね、今のところ、その2件だけです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑