*

ウモッカ・イベント(?)終了

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。
けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方々が集まってくれた。
りーだーさん、白谷さん、Kowさん…といった、このブログにときどき書き込みをしてくれる方とも直接会って話ができた。
ほんとうにありがたいことであります。
そのイベントで発表したのだが、私は12月13日より約三ヵ月、インドへ謎の怪魚「ウモッカ」を探しにいくことになっている。
いちいちこのブログには書かなかったけれど、目撃者の「モッカさん」や専門家に詳しく話を聞いたりして、事前準備は進めてきた。
幸いなことにモッカさんは常識的な人物で、目撃談の信憑性は「特A」と言ってもいい。
そして、彼が見た魚は、現代の魚はもちろん、古代魚にも似たものがまったくいない。
もし発見されたら、それはそれはすごいことになると思う。
発見されなければ、それはそれは悲惨なことになると思うが…。
ちなみに、上の絵はモッカさんに描いてもらった「トゲのついたウロコ」のスケッチである。
気持ち悪い魚ですね、ほんと。

関連記事

no image

タイ人による驚くべき被災地支援

在日タイ人の被災情報がないかと成田のタイ人ワット・パックナムに行ってみた。 同行者は後輩のKとU。

記事を読む

no image

英雄の葬儀

 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなっ

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』続編?

以前、アジア各国の新聞を発行しているエイジアンという不思議な新聞社で働いていたことがあり、その顛末を

記事を読む

no image

奇談

双葉社の雑誌(週刊大衆増刊)「奇談」のインタビューを受ける。 担当者はなんのことはない、探検部の後輩

記事を読む

no image

目指すはドリトル先生

読者の方からご指摘があったが、今回の『メモリークエスト』のカバーは 「ドリトル先生」をイメージした

記事を読む

no image

ベトナムの猿人

紆余曲折の結果、ミャンマー行きは取り止めになった。 最近、ほんとについていない。 その代わり同じ時期

記事を読む

no image

「酒飲み書店員(中略)大賞」に選ばれた!?

 最近人づてに聞いたのだが、拙著『ワセダ三畳青春記』が「第1回 酒飲み書店員共同企画文庫ベストセラー

記事を読む

今年はこんな本がほしい

新年明けましておめでとうございます。 昨年は私にとってラッキーな年だった。 『謎の独立国

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

Comment

  1. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    先日はありがとうございました。
    来年3月には、「ウモッカ」捕獲記念イベント(!)が開催されること楽しみにしております。
    森清さんの美しい写真でこのグロい魚をどう撮られるか是非見てみたいので、がんばって(?)ください。

  2. 二村 より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/N503iS/c10
    通信や電気などのインフラはそこそこありそうだけど、日本ーインドではなく現地の異民族間の壁を打ち破れるのはあなたしかいませんよねー。どうぞみつかりますように! そして二年前にカレーになった個体が最後ではありませんように。DNAシーケンスは協力しますので少なくとも個体の一部はゲットしましょう!

  3. 白谷 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.22; Mac_PowerPC)
    先日はありがとうございました。
    ウモッカだけでなく、ムベンベ探索のヴィデオは、テレビの撮影班が撮るのではない探検隊の目線が非常に生々しく、ナレーション等なしでも引き込まれました(UMA研究のお話も然り…非常に分かり易かったです)。
    ウモッカ探索、興味深いお話が聞けそうで、楽しみにしています。
    二村さん
    いろいろとありがとうございました。話下手は助かりました。

  4. 風りん ナベタ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    イベントお疲れ様でした!
    ムベンベ探索の映像は、本を一度読んだ僕にとって、スリリングな気持ちでとても楽しめました!
    12月からのウモッカ探索、がんばってください!
    陰ながら応援してます!

  5. mayu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    楽しい時間をありがとうございました!その後,会社にイベントパンフを持って行ったら大笑いされました〜。
    サバイバル経験の実に豊かな方なので大丈夫と信じたいですが,どうぞこの度のインド行きも無事にご帰還を迎えられるよう祈っています。では。

  6. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    心から成功をお祈りしています。

  7. ウモッカ

    突然だけど、ウモッカってご存知だろうか?いや、知ってたらおかしいと思うんだけど。未確認生物好きの間で噂になっていた謎の巨大魚らしい。Real—————————————-実際、こんなサイトまである。→http://uma.tenboudai.com/…

  8. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
     イベント盛況だったようで何よりです。
     前には「ウモッカ協力隊の有志を率いて高野さんの調査の初め
    1週間だけ同行」なども打診されていた私ですが、仕事の都合で
    駄目になりました。
     出発まであと1ヶ月ですね。お一人で行かれるのですか? それとも
    早稲田探検部OBの方々と?
     宿オヤジさんには連絡を取られていないようですが、返って下手な
    先入観を持たずに現地入りする方がいいかも知れませんね。
     先週、シーラカンス(冷凍保存)が日本に輸入されたニュースを
    やっていましたね。学術的にはやはり写真だけではなく現物、
    現物もホルマリン漬けや塩漬け、干物ではなく冷蔵が一番よい
    そうです。「ウモッカ発見した! でも輸送手段・資金がない!」との
    嬉しい悲鳴が聞かれることを期待しています。(が、一方で運良く
    発見できた際に備えてある程度の輸送手段・資金の準備もされて
    おいた方がいいのではないかとも思います)

  9. おもいつき より:

    さて、車検に行った工場から半年点検の案内が来てたので、今日は午後に休みもらって車持って行ってきました。で、その工場の受付のおねぇさんが終始すごい営業スマイルに高め…

mayu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 昨日取材で南アルプス市ふるさと文化伝承館に行った。何の予備知識もなかったので、「人体文様付有孔鍔付土器」なんてものがあり、「なんじゃこりゃ⁉︎」と驚く。私の好きなアフリカのアートにすごく近いものを感じる。 https://t.co/zNCJc0hdFR ReplyRetweetFavorite
    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑