*

バトルロイヤル、参戦!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

先日「酒飲み書店員(中略)大賞」なるものに選ばれ、千葉と都内東部を席巻している(?)「ワセダ三畳青春記」が、今度は新宿に進出である。
私は知らなかったが、紀伊国屋新宿本店1階の常設フェアに「私のおすすめ本 バトルロイヤル」というものがあるらしい。
 毎月、店員おすすめの本をPOP付きで展開。売上を競い、一番売れた本は翌月もチャンピオン本として残すという、過酷な戦いである…という。
そこに「三畳記」が参戦することになった。
期間は7月1日から31日まで。
みなさん、新宿に立ち寄ったら、無理にでも紀伊国屋本店へ行き、
すでに買って読んでいてもいいから、頑張って「三畳記」を一冊買いましょう。
そして、あのバカな本を7月のチャンピオンにしましょう。
このブログのアクセス数は平均250くらい。
250人がみんなで一冊ずつ買えば、月間チャンピオンになれるんじゃないか。
なってどうする?…と訊かれると困るんだが。

関連記事

no image

2010年小説ベストテン

恒例(だったっけ?)の年間枚ベストテンを発表したい。 私が今年読んだ本だから、出版年はバラバラだ。

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

いよいよ『困ってるひと』

私がプロデュースする第1弾、大野更紗『困ってるひと(ポプラ社)の見本ができた。 カバーイラストはウェ

記事を読む

no image

朝鮮名探偵

amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。 特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。 私が人に配る

記事を読む

no image

魔術的リアリズムのブラジルサッカー

アレックス・ベロス『フチボウ—美しきブラジルの蹴球』(ソニーマガジンズ)は 実に面白い本だった。

記事を読む

タイ行きのお知らせ

今日からタイ行きである。 帰国は9月3日。二ヵ月弱も滞在することになる。 何しに行くのか

記事を読む

本の雑誌はみんなの実家なのか

ツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。  いつも買おうと思い

記事を読む

no image

まだやる気なのか?

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員

記事を読む

no image

勇午

先週から慌しい日が続いている。 人に会ってばかりで、いつ誰と会ったのか忘れてしまうほどだ。 義兄の

記事を読む

no image

何も知らない

NHK BSの「週刊ブックレビュー」の収録で赤坂のスタジオへ。 夏休み冒険特集とかで、冒険家の大場

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322)
    ではとりあえず1冊本店で。

  2. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    だーっ、7月1日はちょうど出張で新宿行ってたのにー。
    知ってたら、紀伊国屋で1冊買ったのに……ザンネン。

  3. haru より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    タカノさん、こんにちは。
    「三畳記」、買いました。
    ・・・いわき市で。
    遠いです、新宿紀伊国屋。
    参戦できなくてすみません。
    でも「三畳記」、買うの3冊目なんで許してください。
    この本を友達に貸すと、必ず、必ず、返ってきません。

  4. えみ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    では私が月曜日辺りに参りましょう。
    でも前の本も愛着があるから誰かにプレゼントしようかな

  5. kajie より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    ある出版社で書店営業の仕事をしている者です。遅ればせながら紀伊國屋新宿本店で「ワセダ・・・」を一冊購入し、拝読いたしました。すっごく面白かったです。ただ、この「バトルロイヤル」コーナーの10冊のうちの一冊に自社の本が入っておりましたため、申し訳ないですが高野さまのご健勝並びに自社本の勝利を祈念いたします。

kajie にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「クレイジージャーニー」が終了しました、お世話になりました、と担当ディレクターお二人からそれぞれ丁寧な挨拶の連絡が入った。私が一緒に仕事をした人たちは最初から最後まできちんとしたプロの仕事人だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 私もそう思いますよ。 https://t.co/SWyMPbTBJP ReplyRetweetFavorite
    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhAJZT 楽:https://t.co/4mUnuTJZ7v 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • ネトフリでときどき村西とおる監督の実話をもとにしたドラマ「全裸監督」を見てるのだが、妻がなぜかしょっちゅう間違えて「全裸警察」と言う。そんな番組はないっていうのに。あったら見たいが。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んでる海外ノンフィクション、すごく面白いんだけど、訳が下手すぎ。原文の英語が理解できてないのか、日本語のセンスがないのか、時間がなくてやっつけのまま出版してしまったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑