*

他社の本を宣伝する出版社って…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


今注目を集めているポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」をたまに眺めているが、
いろいろな意味でユニークなサイトだ。
多種多彩な作家を集めているのもさることながら、編集者がそれぞれ個性をむき出しにして、自分の意見や感想を述べているのも珍しい。
その日替わりの表紙「本のある風景」が今日「幻獣ムベンベを追え」になっていた。
以前も、たまたま覗いてみたら、「異国トーキョー漂流記」が表紙になっていた。
聞いたところでは、これも編集者が替わりばんこに自分の好きな本の写真を載せるらしい。
編集者の誰かが高野本ファンなんだろうか。
しかし、自社の本だけでなく、他社の本を載せるというのもそうとうに変わっている。
いろいろな意味でユニークなサイトだ。
(表紙は日替わりなので、今日(29日)しかムベンベは見られません。)

関連記事

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

no image

『怪獣記』がいよいよ…

トルコの怪獣ジャナワール探しの本がようやく手を離れた。 写真にカラーとモノクロがあり、しかも章ごと

記事を読む

no image

片野ゆか「愛犬王」発売

妻・片野ゆかによる本年度小学館ノンフィクション大賞受賞作『愛犬王 平岩米吉伝』(小学館)がようやく上

記事を読む

タイ行きのお知らせ

今日からタイ行きである。 帰国は9月3日。二ヵ月弱も滞在することになる。 何しに行くのか

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

高島先生の新刊

連合出版より高島俊男先生の新著『お言葉ですが… 別巻2』が届いた。 最近出版社や編集者からいろんな

記事を読む

no image

風呂と泥酔でリフレッシュを!

ヤマザキマリの傑作風呂漫画『テルマエ・ロマエ3』(ビームコミックス)を読んだ。 第1巻には爆笑し、

記事を読む

no image

続・プロレスの罠

こんなことをしていてはイカン!と思いつつも またもやプロレス本を一気読み。 小島和宏『ぼくの週プロ

記事を読む

no image

総選挙近し!!

ようやく来月、総選挙が実施されそうだ。 もっと早くやるべきだったのを与党が自分の都合で引き伸ばしてき

記事を読む

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

Comment

  1. 空手部後輩 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    ムベンベは、処女作とは思えない傑作です。
    三畳記、私がテレビマンだったら、ドラマにするのに…。

  2. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    テレビドラマ化に一票!
    ドラマ化(架空)を記念して
    配役ゲームでもしますか。
    じゃーまず、高野秀行役。。。。思いつかない。

  3. NONO より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/R692i/c10
    高野秀行役、本人が出たらいいんじゃないでしょうか。どうせ演技力なんか誰も期待してないし。
    ところで昨晩は看護師さん達との合コン!?だったけど、また焼き畑をやってしまったようです。
    あまり覚えてないが。

  4. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    それよりもNONOさん役こそご本人で。。。

  5. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    今日はムベンベになってましたね。
    でも、左端のコメントがなんだか…  

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「クレイジージャーニー」が終了しました、お世話になりました、と担当ディレクターお二人からそれぞれ丁寧な挨拶の連絡が入った。私が一緒に仕事をした人たちは最初から最後まできちんとしたプロの仕事人だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 私もそう思いますよ。 https://t.co/SWyMPbTBJP ReplyRetweetFavorite
    • RT : 3位『移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (講談社文庫)』(高野秀行/講談社) 尼:https://t.co/JMJAbhAJZT 楽:https://t.co/4mUnuTJZ7v 日本に住む二百万を超える外国人たちは、日頃いっ… ReplyRetweetFavorite
    • ネトフリでときどき村西とおる監督の実話をもとにしたドラマ「全裸監督」を見てるのだが、妻がなぜかしょっちゅう間違えて「全裸警察」と言う。そんな番組はないっていうのに。あったら見たいが。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んでる海外ノンフィクション、すごく面白いんだけど、訳が下手すぎ。原文の英語が理解できてないのか、日本語のセンスがないのか、時間がなくてやっつけのまま出版してしまったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 雑誌FRaU最新号の書評コーナーに寄稿しました。「海」をテーマに『海と陸をつなぐ進化論』『タコの心身問題』『日本人の世界地図』を選書。一緒のページのノンフィクション作家の高野秀行さん、モデルのKIKIさん、漫画家の鳥飼茜さんお三方の書評もとっても面白… ReplyRetweetFavorite
    • 著者マルジは女性が人前で男と話をすることさえ憚れるイランから、80年代ドラッグやパンク文化全盛のヨーロッパに1人で移住、人前で平気でセックスする男女を見て絶句するが、読者も絶句だ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年10月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑