*

ミャンマーがハリウッドになった!?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『ミャンマーの柳生一族』で、「ローマの休日」をパクッた武田鉄矢主演の映画「フォトグラファー・アンド・プリンセス」(原題は「ヨーロッパ特急」)がミャンマーでは日本映画の「名作」になっていると書いた。
最近知人より聞いたところによると、その人気はとどまるところを知らず、昨年、ついにこのミャンマー版リメイクが完成、VCD化されてミャンマーはおろか世界中のミャンマー人コミュニティーで売られているという。
日本映画をリメイクして世界中に発信って、ミャンマーはハリウッドか。
『月光がキスしたロマンチックの木』と題されたこの作品は
「ミャンマーの富豪の娘でポップ・シンガーのお姉ちゃんが東京に公演に来たけれど、きびしいガードに辟易して逃げ出し、日本人のカメラマン青年と一緒に日本を旅する」という内容だという。
なんだか凄い。
ご存知「ローマの休日」ではヘップバーン扮する某国の王女が逃げ出し、アメリカ人新聞記者と恋に落ちる。
それが「ヨーロッパ特急」では、無名ヨーロッパ女優扮する某国の王女が逃げ出し、冴えない雑誌カメラマンである武田鉄也とヨーロッパ中を旅し、恋に落ちる。
それが今度はミャンマーのスターが日本で逃げ出し、日本人カメラマンと旅をして恋に落ちる…。
どんどん視点(あるいは感情移入のポイント)がずれていってる。
特に今回のリメイクは、ズレがすごい。
一般的にミャンマー人は日本にあこがれ、その逆はないのだから、
ふつうなら当然ヒロインは日本人女性で、恋するほうがミャンマー人男性であるべきだろう。
そうでないと感情移入しにくい。
まあ、でもそんなことはどうでもいいのだろう。
実際のところ、主演の歌手役がミャンマーの人気歌手トウン・エインドラー・ボウという
こともあり「人気沸騰中」だという。
ちなみに、二人の会話はあやしげな英語でミャンマー語の字幕つき。
カメラマン役の青年はナガツカ・ミチタさんという聞いたことのない俳優さんで、それはまだしも、日本人の社長役に、新大久保にある老舗ミャンマー料理店「ヤッタナー」の社長さんが出演しているっていうのに驚いた。
東南アジアのハリウッドはキャスティングが大胆だ。
4枚組VCDだが、「各VCDの初めの20分は他の作品や政府広報の宣伝、コピーされた肝心のストーリーも途中画像や音声に問題がある所が多くてまいりました」とのことである。
でも、コアな映画ファン、ミャンマーファン、あと変なモノファンで、VCD再生機をお持ちという奇特なお方はぜひご覧ください。
“世界に向けての総発売元”は新大久保のアジア雑貨屋「フジ・ストア」だそうです。
さすが東南アジアのハリウッドはスケールがちがう…。

関連記事

no image

今明かされる「野々村荘秘話」

  新国劇の島田正吾が亡くなった。  「新国劇」など、私には何の関わりもないと思うだろうが、多少の縁

記事を読む

no image

プロデュース業はじめました

明大前にて、年下の友人Wと打合せ。 いつもと立場はちがい、今度は私が編集者役。 書くのは向こうだ。

記事を読む

no image

今日のアブちゃん

今週の講義のゲストでもあるアブディンのブログを発見した。 ていうか、どうして今まで気づかなかったんだ

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

未確認思考物隊

1月からどうやら本当に始まるらしい関西テレビの 変な番組のタイトルが決まったと連絡があった。 「未確

記事を読む

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

no image

バングラ飲酒紀行

年末の締切りが一段落した。 問題の「生き方本」のほか、 Gダイアリー掲載の「ソマリランド2」、それに

記事を読む

no image

「ムー」9月号ミラクル対談

不本意ながら「レジャー」を楽しんだと昨日書いたが、 もっと不本意なことに体のあちこちが筋肉痛になっ

記事を読む

no image

霊能質問会で充実

親戚の葬儀に出てお骨をひろったあと、斎場からそのまま大阪へ直行、 「未確認思考物隊」の第5回「霊能質

記事を読む

no image

ゾウ本、着々と

本の雑誌社の杉江さんと打ち合わせ。 ゾウ本(「辺境の旅はゾウにかぎる」)の製作が着々と進んでいる。

記事を読む

Comment

  1. マカロニ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    初めてコメントします。
    わたくし、「ムベンベ」を新刊当時に読んで以来の高野ファン。
    著作はほとんどリアルタイムで読んでいます。(最新作をまだ読んでいません・・・)
    売れない辺境作家・高野秀行は自分だけのものという意識がありましたが、思い立って、ネット検索してみたところ、HPはあるわ、ブログはあるわ、ミクシィではファンのコミュニティもあったりして驚きと共に妙な嫉妬を感じたりしています。意外と人気なのね・・・高野ちゃん・・・。
    先日のタイ旅行ではバンコクの書店で「アヘン王国潜入記」の英訳版を探しましたが、見つかりませんでした。
    何はともあれ、高野さんの活動これからも応援します。
    でも、応援が必要なほど肩に力入れてがんばってる感じじゃないですね。
    えー、なんと言うか、たとえば国会議員に立候補されるようなときには1票投じます。つまりその、いつまでもファンであり続けたいと思っています。
    最新刊、アマゾンで注文しました。
    今からワクワクします。
    では股。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    マカロニさん、大丈夫です。
    HPだとかブログだとかミクシイのなんとかだとかは
    つい最近の話です。
    まだ”意外と人気なのね”レベルで止まっており、
    これ以上は行きません。
    別に行かなくてもいいと思ってますし。
    (正直、今ぐらいが忙しくもなく、いちばんいいです)
    国会議員に立候補よりも、これから下り坂や逆風のときに
    応援してください。
    ともあれ、今までご愛読ありがとうございました。
    今後もよろしくお願いします。

  3. マカロニ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    さっそくのご返事ありがとうございます。
    感激です。
    しかし、ホテルルワンダの日本公開を見てもわかるとおり、ネットの力はバカにならないですよ。高野さんの場合、「三畳記」や「トーキョー漂流記」のように一般の人が呼んでも十分楽しめる作品書けますからね・・・
    少なくともこれからの若者には船戸作品より、受ける気がする・・・。
    いつか機会があったら絶版になっている「幻の怪獣・・・」にサインでも頂き、お宝にさせてください。同世代ですので、どちらかが朽ち果てるまで高野ファンを続ける覚悟があります。(同世代なだけにムベンベを学生時代に読んだときの衝撃は本当に大きかった)
    だから下り坂も逆風もご心配なく。
    間違って売れっ子になってしまったら・・・
    「間違って本が売れちゃった高野秀行の極上アジアンリゾート宿泊記」でも書いてください。それはそれで楽しめそうですよ。
    いろいろしゃべり過ぎました。
    しばらくは黙ります。
    では股。

  4. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    最近ですねぇ、集英社からファクシミリが来まして「一部の書店でブレイクしつつある高野秀行の文庫のフェアの注文書」ですって!
    在庫はあるのですが思わず注文出してしまいました。結構マジで売れっ子になりつつあるのかも?

  5. nono より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    「ヨーロッパ特急」実はオレも見ました。
    86年に行ったコンゴの天理教の宿舎で。
    初めてのアフリカで見たあれは、心に刻むものがありました。
    アホ臭いと言えば、アホ臭い話ですけどね。
    テーマソング、「フレンズ」は今でも、覚えてます。
    英語だったので歌えんけど。

nono にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑