*

犬の力

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めてしまい、どこかへ行ってしまったから詳しいことは忘れたが、たしか犬の力とは聖書の中で「邪悪なもの」として書かれているということであった。

しかし、私が今回、福島いわき市から南三陸にかけての旅で実感したのは「犬の力は素晴らしい!」ということである。
別に「旅の相棒(バディ)にぴったり」とか「癒される」という話ではない。

そんなことより大事なのは、「犬と一緒にいると怪しまれない」ということだ。

私は四十半ばにもなって、無精ヒゲにハーフパンツ、サンダルというかっこうだし、同行した後輩にいたっては身長185センチ体重90キロの巨漢であるうえ、二十年も歌舞伎町に住んでいたため、体から隠しようもなく「無頼」の気配が漂っている。

そんな二人が、平日の真っ昼間から街や田んぼや原発周辺などを車でうろついたり、あてどもなく歩き回ったりしているのだ。
ものすごく怪しい――はずなのだが、犬と一緒にいるとなぜかそう思われない。
しかも、うちの犬はチビで、超ビビリ。もう成犬だが子犬に見える。誰が見ても人畜無害。

道端で出会う人が、お年寄りでも女性でもというか、むしろそういう人たちが率先してこちらに近づき、
「あれ~、かわいいね~」とか「どこから来たの?」と犬に声をかけ、ついでに私たちにも声をかける。
旅館でも私たちは仲居さんたちに人気だった。

私と後輩が二人で歩いていたら絶対に「あれ~かわいいね~」とか「どこから来たの?」なんて言われることはないだろう。仲居さんの間で人気を博すこともなかったろう。
警察に職質をされても不思議ではないし、まあ、普通の人は近寄らないと思う。

上にアップした写真だってそうだ。犬が一緒だからかろうじて許されるが、私と後輩だけのこんなツーショットをブログにアップしていたら相当ヤバイ。

犬の力。それは身分証明書やパスポートよりも強く、私たち、うさんくさいオヤジを社会の白い目から守ってくれるのである。

(写真:楢葉町の天神岬スポーツ公園にて。ここには写ってないが、第一原発の先端部分がわずかに見えた)

 

関連記事

no image

盲想、ソマリランド、犬部! 移民の宴

ツイッターを始めてから、書くことがどうしてもブログとダブるため、だんだんブログから遠ざかってしまって

記事を読む

no image

昔の愛読書

今から30年以上も昔、私が小学生になったかならないかの頃、 トラゴロウというトラの出てくる物語を愛

記事を読む

no image

形見の銃弾

 義父が昨年1月、義母が今月と、相次いで亡くなったため、 妻の実家は遺品の山である。  なにしろ8

記事を読む

no image

念願かなってモガディショ

今から十数年前だから、1990年代半ばか後半くらいだろうか。 ヨーロッパか中東かアフリカか忘れたが、

記事を読む

no image

あのUMAサイトが本に!

私がウモッカを知った伝説のウェブサイト「謎の未確認生物UMA」がムックとして登場。 管理人「さくだい

記事を読む

no image

「未確認思考物隊」出演者

関西テレビ「未確認思考物隊」のプロデューサーと会い、 やっと共演する人たちの名前がわかった。 MC(

記事を読む

no image

日本の路地を旅する

いやあ、昨日は日本がカメルーンに勝って驚いた。 誰がどう見てもダメだというチームが勝ってしまった

記事を読む

no image

Arrived at Amman

sakki yorudan no anman ni tsuita. shiria no damasu

記事を読む

no image

インディアンの驚くべき小説

シャーマン・アレクシー『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館)という本を妻の本棚で

記事を読む

no image

我が言い訳

昨日、なんと今月5度目の神楽坂詣で。 やっと「移民の宴」4回目の取材が終わった。 明後日までに原稿を

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    マドちゃんかわいいです。お母さんが旅行中なのでお父さんとお留守番ですか?
    昔からTVも子供と動物には勝てない、といいますからね。

山中温泉 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑