*

「野々村荘」で撮影

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「小説すばる」10月号(いつもは毎月17日発売だが今月は連休。15日か18日発売か)が手元に届く。
 『世界屠畜紀行』の内澤旬子と私の対談が掲載されている。
 題名も「エンタメ・ノンフィクションの現場」。
 『本の雑誌』の特集につづく、エンタメ・ノンフ普及運動の第2弾だ。
      ☆         ☆         ☆
『本の雑誌』10月号も届く。
私のコラムでは、島津法樹著の『魔境アジア お宝探索記』(講談社α文庫)と
『亜細亜、骨董仕入旅』(講談社)をとりあげている。
タイトルははっきり言ってよくない。
特に「魔境アジア」はひどい。
この文庫版は意味のない写真もふんだんに使われ、編集者のセンスを疑うが、
中味はいい。すごくいい。
       ☆        ☆        ☆
 「SPA!」のインタビューを受ける。
 撮影は早稲田界隈。
 ずいぶん久しぶりに昔のアパート(『ワセダ三畳青春記』では「野々村荘」)に行って、大家のおばちゃんに挨拶して、二階の廊下などで撮影を行う。
 私がいたときと全く変わらないが、玄関口で「ご自由におとりください」と記された、通称「野々村文庫」に私の『巨流アマゾンを遡れ』が置かれていて、目眩がする思い。
 外では大家のおばちゃんが近所のおばさんに、「タカノさんって人がね、うちのアパートの話を書いてね、あたしも出てくるんだけどさ…」と大声でしゃべっている。
 うーん、まだこのアパートに住んでいるような気がしてならない…。

関連記事

no image

少数民族の村で

別のミャンマー国境に近い村(?)にいる。 無国籍もしくは国籍不明の人がわさわさいるみたいだ。 雲南

記事を読む

no image

ソマリ娘、二十歳の新春

正月に八王子の実家で振り袖を着たソマリ娘のサミラ。

記事を読む

no image

イランにて思ふ

羽田発、関空経由でテヘラン直行のはずが、飛行機が遅れて乗り継ぎができず、 ドバイで一泊するはめになっ

記事を読む

no image

タカノゴダン来宅

先週は客人がぞこぞこうちにやってきて、中には泊っていく人もおり、 「民宿&居酒屋タカノ」状態だった。

記事を読む

no image

NHKの仕事でまたミャンマー

(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より) ※こんな映像が撮れればいいのだが…    

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

no image

独裁者列伝

いわき市にいるとき、コンビニで『東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集

記事を読む

no image

バングラ飲酒紀行

年末の締切りが一段落した。 問題の「生き方本」のほか、 Gダイアリー掲載の「ソマリランド2」、それに

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

トルコで未確認物体を目撃&撮影

昨夜、トルコより帰国した。 すでにお伝えしたように、トルコのワン湖での取材中に、奇妙な物体を目撃、ビ

記事を読む

Comment

  1. ももいち より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    はじめまして
    実は昨日、『ワセダ三畳青春記』を読み終えたばかりなのでSPA!の取材は驚きました!
    おばちゃんはまだお元気にされているんですね☆
    取材が載ったSPA!の発売日が気になります(本日、『巨流アマゾンを遡れ』を買って来ました)。

  2. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    私も先日『ワセダ三畳青春記』を読みました。 抱腹絶倒と感動を充分に堪能させて頂きました。 そして、未だあの野々村荘と大家のおばちゃんがご健在であるということで、なんだかホッとしました。
    で、ちょっと気になっているのですが、高野氏の著書は未だ『ワセダ〜』しか読んでいないので、失礼なことなのですが、その著書の最後に出てくる彼女は、今の奥様なのでしょうか? そうだとしたら、スンゴク良いロマンスですね。羨ましいです。

NYPD にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑