*

怪獣はダメか

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ブログに長井さんのことを書いたため、
朝から電話とメールがひっきりなし。
ついには渋谷のNHKに呼び出されてインタビューを受けるが
ニュースには使われなかった。
かつて怪獣探しをしていたなんて、真摯なジャーナリスト長井健司のイメージを
損うだけと判断されたのかもしれない。
       ☆        ☆       ☆
電話の合い間を縫って、語学のレッスン。
最近、来るべき旅にそなえ、新しい言語を習いはじめているのだ。
これがすごくおもしろい。
今までかじった中でいちばんおもしろい言語かもしれない。
       ☆        ☆       ☆
無料出張上映会の件ですが、一つ言い忘れていました。
12月以降はどこかに長期で出かけるかもしれないので、
(現在は未定)
とりあえずは11月まででご考慮ください。
そして、もう一つ。
ミャンマー情勢がこんなことになり、もしかして私が現地に行くなんてことにも
ならないとは限りません。
こればっかりは私にも読めません。
直前のキャンセルもありうるとお考えください。
ただし、最低でも一週間前には連絡します。

関連記事

no image

パキスタンの辺境

週刊プレイボーイのインタビューで集英社の会議室に行ったら 探検部で3年先輩のTさんがふらっと現れた。

記事を読む

no image

世界陰謀の真実はビニール傘にあるのか

某出版社で編集をしている探検部の後輩・杉山の紹介で、丸山ゴンザレスという異端作家と新宿の客家

記事を読む

no image

勝利の方程式も崩れるときはある

丹沢・大山登山の翌日は予想通りというか、足が激しく筋肉痛。 トレランの鏑木さんに影響されて、山を駆

記事を読む

no image

平山夢明、幻の助言

なぜかよくわからないのだが、『世界屠畜紀行』の内澤旬子さんとホラー作家(なのか?)の平山夢明さんと飲

記事を読む

no image

宣教師ニコライのファンになる

今、「移民の宴」で在日ロシア人取材をやっているので、その資料として中村健之介『宣教師ニコライと明治

記事を読む

no image

エンタメ言語学者・黒田龍之助がおもしろい!

ときどき一緒に飲む編集者のAさんに「黒田龍之助の本は面白いですよ」と勧められた。 以前、NHKロシア

記事を読む

no image

後輩・角幡唯介が開高健ノンフィクション賞を受賞!

猛暑がつづく中、また難民シェルターに行き、コソヴォ出身のアルバニア人に話を聞く。 おみやげに井浦伊

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

雑貨のような本

『腰痛探検家』の韓国語版が届いた。 カバーはメールで送られてきていたからすでに知ってはいたもの

記事を読む

no image

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。  数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の

記事を読む

Comment

  1. ゆうすけ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 4.0)
    こんにちは 初めての書き込みをさせていただきます。
    昨日何気なく(すみません、ブログに対してのコメントではありませんが)書店で『怪魚ウモック格闘記 インドへの道』が目につき購入。
    本日一挙に読んでしまい、今手元には仕事の帰りに買った『アヘン王国潜入記』を買わせていただきました。
    もともとUMAには興味がありいろいろなサイトを拝読しており“ウモッカ”は知っていたのですが“…魚かぁ…”程度であまり気にしなかったのですが、高野さん著の本を読んでそんなにすごい生き物だったのか、と。
    でもそれより高野さんの書いた本に巡り合えたのがうれしいです。
    一挙に読ませていただきましたが、とにかくおもしろい!
    で、このサイトも今さっき見つけ“お気に入り”に早速登録。
    いろいろと書きたい事もあるのですが、これからもこのサイトに寄させていただきますのでどうかよろしくお願いいたします。
    (大阪在住の52歳のギタリスト兼音楽講師。UMA、UFOほど程に好きな男です)

ゆうすけ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑