*

ムエタイのちチュニジア飲酒紀行

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

ScannedImage-3
3,4日前に発売になった「ゴング格闘技」7月号で、格闘家・ムエタイ研究家の菱田慶文先生(帝京平成大学)と私の対談が掲載されている。
1万字以上もあり、質量ともにひじょうに読み応えがあり、「賭博と真剣勝負」「ボディキャピタルと安全性」「興業と公平性」「技術の進歩と防御」「ムエタイ・ジムの疑似家族制度」
「教育における格闘技の効果」など、これまでの格闘技論にはなかった視点の話が目白押し。
格闘技・プロレス好きの人、タイ好きの人には、ぜひ読んでいただきたいと思う。

        ☆          ☆            ☆

2013.05.27innshu今年から昨晩は大久保に移転したチュニジア料理店「ハンニバル」で夕食。
ハンニバルは10年以上前に新大久保に開店した。
その頃、たまたま行ったらチュニジア人の陽気でイケメンオーナーシェフと当時新婚で初々しかった奥さんの二人が一生懸命に
料理の説明をしてくれた。料理も素晴らしく、すっかりこの店のファンになった。

その後、ハンニバルは原宿に移転した。
私はチュニジアに行く前に、この店でモンデールさんにチュニジアの酒事情について聞いたのだ。
(その経緯は『イスラム飲酒紀行』に少し載っている)

そして今年の初めから、今度は総武線大久保駅のすぐそばにこぢんまりした店をオープンしたという情報を
あろうことか「おとなの週末」の新宿特集で知り、行って見ることにしたのだ。
モンデールさんはいきなり「アミーゴ!!」とスペイン系でもないのに叫ぶ陽気さで、変わりない。
卵と野菜を春巻きのような皮に包んで揚げた「ブリック」も久しぶりに食べたが、やっぱり絶品。
でも昨日いちばん印象的だったのは中東に広く存在するお菓子「バクロワ」。

バクロワは一般的にひじょうに甘い。
トルコで食べたときは、あまりの甘さに頭痛がしたほどだったが、
ここのバクロワは甘さ控えめで、その分、各種ハーブやナッツ類の味が引き立っている。
モンデールさんはムスリムながら無類の酒好きだから、やっぱり酒飲みが好むスイーツが何かよく知っている。

実をいえば、『イスラム飲酒紀行』をモンデールさんに送るのを忘れており、
「え、本に出たの? 俺、見てないよ!!」と怒られてしまった。
いくら知り合いでも、ムスリムには見せづらい本だが、モンデールさんなら喜んでくれるだろう。
本を持って近々再訪したい。

関連記事

no image

犬の力

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めて

記事を読む

no image

ワンの大地震

バンコクで大洪水、そしてトルコ東部のワンでは大地震が発生。 私にとって思い入れが深く、知人友人が何人

記事を読む

no image

溝畑宏とイビツァ・オシム

木村元彦作品読書週間が続いている。 次に読んだのは『溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(

記事を読む

no image

『西南シルクロード』がなぜか増刷

驚いたことに、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社)が重版(増刷)になった。 刊行当初からさっ

記事を読む

辺境ドトールで大宴会

土曜日、仕事場である「辺境ドトール」にて受賞祝賀パーティが行われた。 ドトールの常連である高級

記事を読む

no image

Iran no kiken

Iran no Tehran,Esfahan to mawari, ima wa K

記事を読む

2015年読んだ本ベストテン<ノンフィクション>

今年はブログをほとんど書かなかった。 というか、最近はブログがあったことすら忘れていた。 とても

記事を読む

no image

決起集会よりも

月曜日、幻冬舎の編集者2名と『メモリークエスト』決起集会。 もう原稿は完成しており、クオリティの高さ

記事を読む

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

no image

メモリークエスト2

遅ればせながら、ようやく『メモリークエスト』の続編を開始することが正式決定した。 現在、幻冬舎の編集

記事を読む

Comment

  1. HU より:

    あんまり長文を書くのもアレなので手短に…菱田先生との対談も最高でしたが、この雑誌はいいですね。「強い者は強い」というシンプルな価値観が貫かれていて、在日外国人やアジア圏の選手に対しても平等に暖かいエールが送られているなあと感じました。勿論格オタの全てがこうでない事は知ってるんですが、排外主義がはびこる21世紀初頭の日本で、格闘技はコスモポリタン最後の楽園になるのかも知れない、と…。
    格闘技の世界では在日外国人と日本人がずっと共存してきており、民族主義はとっくの昔に乗り越えている気がします。この状況の根底には、故・大山総裁の人柄があるのかも知れません。
    モハン・ドラゴンには是非カレー屋オーナーの夢を実現してほしいです。

HU にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今までは料理しながら献立を考えていた。だから最終的にどんな食卓になるのか自分でもなかなか予想ができなかった。 ReplyRetweetFavorite
    • 主夫になって9年目、献立を先に作ると晩飯の支度がスムーズになることに気づいた!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : ここが #納豆 発祥の地かどうかは別として、「日本における納豆の本場中の本場」である可能性は高い。ひじょうに古い時代から納豆が食べられていたのも確かだろう。/納豆民族はアジア大陸では常に国内マイノリティにして辺境の民だった。(第九章)#高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • これは今まで全く考えてみたことがなかった。言語に関するとても面白い問題だ。 https://t.co/Q4utk1E4ex ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「うちの息子は特に好きで、毎朝、納豆チャーハンを食べてる」。父親より小さめのターバンを巻いた若者ははにかんで頷いた。/インドのシーク教徒が作る納豆チャーハン。それは何料理と呼べばいいのか、もう全然わからない。(第五章より)#高野秀行 著『#謎… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「日本人もトナオを食べる⁉ ほんとう⁉」「本当だよ」「ファンタスティック‼」納豆を食べると言って欧米人に驚愕されるとは夢にも思わなかった。(第一章より) 辺境作家 #高野秀行 さんの新たなる代表作『#謎のアジア納豆』。納豆を求める旅がこんなに… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 新潮社 高野秀行著「謎のアジア納豆」が文庫になって帰ってきた! 知られざるアジア各地の納豆がここに!! https://t.co/G4uznohU9k ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑