*

高野本の未知なる領域

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。

大竹まことのゴールデンラジオと報道ステーションで『謎の独立国家ソマリランド』が紹介されたことではない。
まあ、それはもちろん喜ばしいし、ありがたいことであるのだが、
いまやソマリランド本は一種の「現象」であり、著者である私にも関係ないところで物事が進んでいっているような感がある。

2013.06.01machigauそれとは全く別次元の話だ。
6月に元「たま」のランニングこと石川浩司氏とトークイベントを行う予定で、
その打ち合わせのため、主催者3名とシャン料理屋で飲んでいた。
三人ともコアな高野本読者であり、高野本については下手すると著者の私より詳しい。
とある大手企業の人事部に勤めるSさんもその一人で、
何を思ったか、高野本の新しい使い方を発見したという。

あるとき、同じ人事部のメンタルヘルス担当の課長に私の『間違う力』を渡したところ、
課長がそれを10冊購入し、精神を病んで求職中の社員10名に送った。

すると、なんと10人中8人が読了後、会社に復帰し、
しかも社内の評価(恐ろしいことに学校みたく5段階評価になっているという)が、休職前は1か2だったのが復帰後は4か5という高評価をあげた。
それも他の社員と同じようにしゃかりきに働くのではなく、自分のペースで働いて好結果を生みだしているという。

一般に精神を病んで休職後、職場に復帰するのは3割程度で、ましてや評価をあげるなどよほどのことがないとありえないらしい。
なのに、8割が理想的な復帰を遂げた。

Sさんによれば、その人たちは「『間違う力』を読んで気が楽になった」と語っているという。
実際にSさんはうち5人に聞き取り調査(面談)を行い、同書のどんな部分で気が楽になったのかと訊いたら、
私が掲げた「オンリーワンの10カ条」のうち、「長期スパンで物事を考えない」というところが最も人気があったそうだ。

いやあ、驚いた。
『間違う力』は、今となっては「書いたことが間違いだった」と思う本なのだが、
メンタルヘルスに著しい効果を持っているらしいのだ。

残念ながら、私の周囲にあの本を読んで「気が楽になった」なんて言う人はいない。
一つにはもともと間違ってる人が多いからだろうが、もう一つには「読み方」の問題なのではないだろうか。
いくら精神を病んでいる人でも、あんな無責任きわまりない本を友だちや家族から勧められたら「バカにしてんのか!」と怒るだろう。

でも会社の人事部から送られてきたとなれば、話は全然ちがう。
会社の人事部が「間違っててもいいんだよ」「無責任でもOK」とメッセージを送っているわけで、
精神を病むような真面目な社員はほんとうに気が楽になるのかもしれない。

昨日は飲み会の席で聞いた話だし、私もSさんも酔っ払ってたし、細かいところをメモしたりしていない。
それに、その話がすべて事実だったにしても、さすがに被験者10人はデータとして少なすぎる。

というわけで、Sさんにはあらためて社内での治験を続けてもらうよう依頼した。
社員が国内だけで1万人以上いるというから、精神疾患の人も相当に存在するはずだ。
もし、50人くらいに試して、その8割に効果が確認されたとしたら大変なことだ。

今の日本では、精神疾患で求職中もしくは普通に勤務できない会社員が一体何十万人いることだろうか。
一つの社会問題であり、『間違う力』はその特効薬となる可能性があるのだ。
そのうちワールド・ビジネス・サテライトで紹介され、日本精神医学会や科学誌「ネイチャー」でも論文が掲載され、
ゆくゆくは書店でなく薬局で販売されるようになるかもしれない。

もしそんなことになれば、ソマリ本が何万部売れたとか賞をもらったなどとは比べものにならないほど凄い話で
今からSさんの報告が待ち遠しくてならないのである。

 

関連記事

no image

え、「謎と真実」?!

学研「ムー」別冊の、こんなムックでインタビューを受けてます。 なんだか、とても懐かしい気持ちになれる

記事を読む

no image

腱鞘炎

内澤さんの豚を食うイベント「飼い食い」のことや、 明日からのバングラ行きのことなどをいろいろ書きたい

記事を読む

no image

今、モガディショです

今、ソマリアの首都モガディショにいる。 昨年8月と比べると、格段に街が明るく、陽気な雰囲気に包まれて

記事を読む

no image

名探偵クイズ

うっかりしていたのだが、5月に本の雑誌社から『作家の読書道3』が刊行されていた。 柳広司、阿部和重

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

no image

オタクへの道

ノノさんが屋久島から東京に出てきていたので、 「ムベンベ」映画化をいまだ諦めていないらしいアベ監督と

記事を読む

no image

タマキングにカヌーを習う

先週の金曜日、またしてもタマキング(宮田珠己)と一緒に川へ出かけた。 私は来年初めにメコン川を二ヶ月

記事を読む

no image

「ムー」9月号ミラクル対談

不本意ながら「レジャー」を楽しんだと昨日書いたが、 もっと不本意なことに体のあちこちが筋肉痛になっ

記事を読む

no image

平山夢明、幻の助言

なぜかよくわからないのだが、『世界屠畜紀行』の内澤旬子さんとホラー作家(なのか?)の平山夢明さんと飲

記事を読む

no image

ソマリ兄妹来宅の巻

アブディラフマンとサミラのソマリ姉妹がうちに来て、遅まきながらラマダン明けのパーティ。 サミラ

記事を読む

Comment

  1. 伊藤 渉 より:

    高野先生 こんにちは

    高野本の副作用として その後 アスクルを買って仕事を辞めてしまう人
    が続出しそうです。
    それが幸か不幸かはわかりませんが。

  2. ahmad より:

    私の実家近くの図書館では、この本は確か「人事労務」の棚に置いてあったように記憶してます。あるいは『アスクル』と私が勘違いしているのかもしれませんが。

    今インドネシアにいるので確認できないのが残念ですが、『間違う力』が日系企業の人事総務部推薦図書に指定される日は近いと思います。

    『ソマリランド』大ヒットの余波で『間違う力』も大増刷がかからることを期待します。

  3. ajiketo より:

    アスクルもS社で付録扱いしてくれないかなぁ。

  4. ヒラメ より:

    この路線は子どもの「引きこもり」にも治療効果があるのでは?

    うちの会社でも社員が突然「辞める」というのでワケを聞いてみると「引きこもりで悩んでいる親子の相談に乗るNGOで活動したい」という。

    給料は出るのか?と聞くと相談に乗った出来高、NGOでの講演料などが見込めるがギャランティーはない。それでも自身も以前引きこもりだったので是非この仕事をやりたいという。

    理想はいいが食っていけるのかと心配すると、どうも貯金すらないらしい。尋問を続けて聞くとNGOからは自費出版のコンサルティングも受けていて給料どころかかなりの額のフィーをすでにそのNGO(ほんとにNGOか?)に支払っていてカネがないとのこと(amazon電子版で売られていて驚いた)。

    普通に考えてヤバイ話だと思ったのでさりげなく、理想はいいが継続しなけりゃ意味が無い、すこしカネが貯まるまで会社を辞めるなという話に誘導して終わったが、引きこもりとそれを取り巻くNGOというのはかなりビジネスモデルが確立されているなと素直に感心しました。それだけマーケットが広いのでしょう、今回の出社拒否のマーケットに比べても。

    高野さんの本でも「三畳記」「西南シルクロード」の一部でご自身のどん底の描写がありますね、これを「間違う力」の路線に繋げて「自分も引きこもりだったが冒険が出来た!」「心の辺境、引きこもりから脱出する方法」といったテイストで第二弾を企画すればかなり売れるような気がします。人事部を親、社員を子どもに置き換えて本が流通するのであれば当然規模が違ってくるでしょうから。

伊藤 渉 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑