*

さらば「増刷童貞」!?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 自慢ではないが、私は「増刷童貞」だ。
 これまで書いた本は8冊。さらに、文庫化された本が3冊。さらに、英語に翻訳された本が1冊。さらにさらに私が翻訳した本が2冊。
 つまり、私は延べ14冊出版しているのだが、いまだ増刷されたことがない。
 かなりすごい記録だ。
 ふつう、14冊も出せば、1つくらい増刷されるだろう。
 逆にいえば、まったく増刷されないのに14冊も出しているというのが不思議だ。ふつうなら、その前に出版界から淘汰されている。
 まるで、毎年二桁敗北を喫し続けていた、かつてのロッテの小宮山みたいだ。
 しかし、今度の「怪しいシンドバッド」ではついにその恐ろしい呪い?から解き放たれ、一人前の「男」になれるのではないかという期待がある(毎回あるけど)。
 昨日もその気配を感じた。
 辺境とは何の関係もない雑誌の仕事で、航空力学を専攻する筑波大学名誉教授に取材を申し込んだところ、「実はそれは私の専門ではありません」という丁重なお断りメールが来た。
 しかし、驚いたのはそのメールの最後。
「追伸:貴名についてはよく存じ上げております。幻獣ムベンベを追え、巨流アマゾンを遡れ、ともに書棚にあります。楽しく読ませていただきました。」
 な、なぜ、航空力学のエライ先生がそんなもん、読んでるのだ?
 「高野秀行」は日本の先端科学界に静かに浸透しているらしい。
集英社の編集者によれば、「怪しいシンドバッド」の売り上げは、「好調な立ち上がりを見せています」とのこと。
すごい!
 まだ発売されて数日だからなんともいえないけど、うちの投手陣、いや私の本はこれまで立ち上がりだろうが、中継ぎだろうが、抑えの切り札だろうが(何の話だ?)、「売り上げ好調」と言われたことは一度もないので、けっこう嬉しい。
 また、別の集英社筋の情報では、「京都のキオスクで5冊置かれていたのを目撃」とのこと。
 キオスク? 5冊?
 これもすごいぞ。キオスクの本は、内田康夫か西村京太郎でなければいけないという決まりがあるんじゃなかったっけ?
 「高野秀行」は京都にも静かに浸透しているらしい。
増刷童貞を破る日は刻一刻と近づいている…。

関連記事

no image

乱世をテキトーに生き抜く奥義!!

土曜日、ドンガラさん原作の映画「ジョニー・マッド・ドッグ」の試写会に内澤旬子さんと一緒に行こうとした

記事を読む

no image

どこでもオフ

ここ半年くらい、毎日自宅付近のドトールコーヒーに通って原稿を書いている。 家にいるとオンとオフの区別

記事を読む

「猿になりたい」

本日発売された『マンガがあるじゃないか わたしをつくったこの一冊』(河出書房新社)。 ヤマザキマリ

記事を読む

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

no image

ワット・パクナム

成田にあるワット・パクナム別院に行く。 日本にたった一つあるタイ人のお寺だ。 ここでウチザワさんが「

記事を読む

no image

草思社倒産

草思社が事実上、倒産した。 あれだけコンスタントにベストセラーを出し、 一時は幻冬舎と並んで新聞で紹

記事を読む

no image

怪獣ノノゴン、上智に現る!

「探検業界の寅さん」「永遠の日雇い青年」こと野々山富雄氏が 上智大学の対談ゲストに登場。 かつて一

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

no image

クリント・イーストウッドとモン族

一年ぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、観た。 ウチザワ副部長がかつてブログで絶賛していたクリン

記事を読む

no image

猪木信者は本屋信者でもあった!

2年ほど前、「本の雑誌」で「プロレス本座談会」なるものが開かれ、 私も「レフリー:ジョー高野」とし

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    大丈夫、ダイジョブ!
    高野君は知る人ぞ知る、判るヒトには判る、
    稀有な作家なのだ。
    編集者の評判もいいと聞く。
    今はあまり売れなくても、死後には、きっと評価される。
    そんなスタンスの長い作家なのだ。
    もしかしたら100年後くらいに新札の顔になってるやもしれん。
    子孫にはきっと印税を残せるから、
    今はとにかく面白いものを沢山書いてください。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    大いなる大器と存じ上げます。
    8月の辺境映像祭以来、大ファンになってます。
    いろいろあって、全く音がうかんでこなくなっていた僕を
    救ってくれたのは、バンドのメンバー、スタッフそして
    高野さんの本でした。失いかけていた大切な何かを補給して
    もらいました。
    きっと高野さんは、一旦、売れ始めたらでかいですよ。
    売れましょうよ。高野さんもうちのバンドも。
    いやになるほど売れて、ほんとにいやになったら、売るの
    やめればいいんだし。
    高野さんの本、僕には大切なものです。うまく言えないけど。

  3. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    『怪しいシンドバッド』、読了しました。
    まだ2冊しか読んでないのですが、高野さんの本はもっとたくさんの人に読まれてもおかしくないと思います。
    潜在的な読者、出会いさえすれば面白く読んでくれる読者は、たぶん、発行部数の何倍かはいると思います。
    ただ、出会いの機会が限られていると。
    日本冒険小説協会・内藤陳会長も、面白本と読者の出会いのため“読まずに死ねるか!”を書き始め、そして、日本冒険小説協会を立ち上げられたと理解しています。面白本の“おススメ屋”として。
    ここ数年、ライブハウス通いが趣味なのですが。
    インディーズバンド、いいなと思うバンドとの出会いがいくつかあって、
    もっとたくさんの人に聴いて欲しいなと思うのですが。
    いかんせん聴く人とミュージシャンの出会いが限られてくるのが歯がゆいところです。
    私だって人に誘われてライブハウスに行くまでは、そんな世界を知らなかった訳ですし。
    そして、思うところ。
    いや、あたしだって、あたしみたいなキモメンでも気に入ってくれる女性、ともに人生を過ごしてくれる女性は日本だけでも数百人はいると思うのですよ。潜在的に。ただ、出会いがないだけだと。
    しかし、まぁ、男が生涯に出会える女性、お互いの心まで話せる女性なんてせいぜい数十人くらいになるのかなぁ。
    だからあかんのかなぁなどと思う次第であります。
    それでは失礼いたします。

BUFF にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑