*

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

以下のようなことになったそうです。

—————————————————————————————————————————————-

タイトル:第35回講談社ノンフィクション賞最終候補作決定!

第35回(平成25年度)講談社ノンフィクション賞の最終候補作が、下記の5作品に決定しました。

石塚健司著『四〇〇万企業が哭いている ドキュメント検察が会社を踏み潰した日』(講談社刊)

角幡唯介著『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社刊)

高野秀行著『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(本の雑誌社刊)

竹沢尚一郎著『被災後を生きる 吉里吉里・大槌・釜石奮闘記』(中央公論新社刊)

吉岡攻著『虐待と微笑 裏切られた兵士たちの戦争』(講談社刊)

6名の選考委員による選考会は7月30日(火)にホテルニューオータニにて行い、受賞作を決定します。なお、贈呈式・祝賀会は9月30日(火)に丸の内・東京會舘で行われます。

      

講談社ノンフィクション賞
賞状・記念品及び副賞100万円

選考委員(五十音順)/後藤正治・重松 清・高村 薫・立花 隆・中沢新一・野村 進(敬称略)

過去の受賞者一覧
http://www.kodansha.co.jp/award/archive/nonfiction.html

関連記事

no image

漫画探偵、登場!

浦沢直樹の担当編集者やプロデューサーを務め、 リチャード・ウーなる筆名で異色在日外国人漫画「ディア

記事を読む

no image

おもしろくないことがおもしろい

キタ帰国の二日後、つまり6日から9日まで沖縄に行ってきた。 10年以上前、大連に短期留学をしたときさ

記事を読む

no image

nairobi wa abunai?

kataaru no Doha wo keiyu shite Nairobi ni tsuita.

記事を読む

no image

2013年小説ベストワン決定

風邪は治ったものの今度は咳がひどく、声もがらがら。 とくに夜になると咳が止まらず苦しい。 朝

記事を読む

カーンとハーン

「すごくおもしろそう」と妻が買ってきたインド映画「マイネーム・イズ・ハーン」。  DVDの表紙を見

記事を読む

no image

ゾウ本について他

まずはお知らせから。 『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)を ただいま「本やタウン」でご予約いた

記事を読む

no image

ニュー蔵前本

次回の「辺境読書」では、蔵前仁一『わけいっても、わけいっても、インド』(旅行人)を 紹介することに

記事を読む

no image

25年ぶりに天龍源一郎を見た

なぜか一足早く忘年会シーズンになり、 連日飲んでいる。 日曜日は先日本屋野宿を行った伊野尾書店の伊野

記事を読む

no image

公私混同の推進を!

来年3月ごろ発売が予定されている『世界の市場』という本に掲載用のインタビューを受ける。 インタビュ

記事を読む

新キャラ・パープル旬子の『捨てる女』登場!

あと二時間ほどで家を出る。旅の準備はだいたい終わったと思ったら、大事なことがまだだった。 内

記事を読む

Comment

  1. タツ より:

    ほら、だから何かしらの賞をとるって言ったじゃないですか!
    しかもモノホンの候補ですね。

    こうなったら獲りますよ!
    タイで受賞を知るなんてかっこいい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ブルキナファソのできたばかりの「スンバラ」を手にうれしそうな高野秀行さん。アフリカまで納豆を探しに行った詳細を10月3日(土)14時からオンラインイベント「辺境チャンネル」で粘り強く語ります!見逃し視聴付きチケット発売中! https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「幻のアフリカ納豆を追え!」を完食した。毎朝納豆食べないと一日が始まらない僕だがもっといろんな世界の納豆を入手したい、と強烈な食欲の読後感で幸福になった。 https://t.co/eqBgsLndNJ ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行の『幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた〈サピエンス納豆〉』を読了した。これはめちゃくちゃ面白かった。高野秀行の代表作となるねこれは。みんな読んだ方がいいよ。 https://t.co/ky87EqXGun ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本当に韓国のチョングッチャンの話は面白かったですよ。ここだけ先にグイグイ読んじゃった。今はアフリカ部分を読みつつ(もちろんこっちも面白い)合間に「着せる女」で大笑いして🤪楽しい連休です。 ReplyRetweetFavorite
    • まだなんです😭 https://t.co/ZTFeWlTq79 ReplyRetweetFavorite
    • 『幻のアフリカ納豆を追え!』秘蔵写真③韓国納豆チョングッチャン 実は本書の3割ぐらいは韓国の話。韓国のチョングッチャンは日本の納豆と全く同じもの。なのに日本人は「納豆は日本独自の伝統食品」と言い続け、韓国人も文句をつけていない。な… https://t.co/JFPwvEZHuT ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行の幻のアフリカ納豆を追え!読了。前作のアジア納豆以上に取材困難地で文化的隔絶の大きい土地で日本の日常そのものの納豆を深堀するギャップ。次から次に登場する人物に食べ物一つで人はこれ程繋がるんだなあと感心しつつも、笑みがこぼれる。こ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑