*

なんといってもインド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ちょうど映画「スラムドッグ・ミリオネア」がアカデミー賞を受賞した日に
その原作であるヴィカス・スワラップ『僕と1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社文庫)を読み終わった。
インドの貧しい若者がクイズ番組で奇跡の12問完全正解をなしとげたが、
インチキじゃないかと疑われる。
しかし、それは孤児院、スラム、酒場、乞食使い、映画女優宅住み込みなど
彼が遍歴してきた最下層生活から必然的に得た知識だった…。
最近の日本の小説でも増えてきたように、ところどころプロットだけ、
あるいは会話とト書きで進むという欠点はあるものの、
物語のもつパワーが圧倒的で最後もゾクッときた。
幼児虐待、DV、殺人、レイプなど、悲惨さが信じがたいものだけに
主人公のつかむ奇跡的な幸運にリアリティが出てしまうという逆説がインドだ。
インド映画をモチーフにした冒険ミステリにも読める。
やっぱり、インドは面白い!!

関連記事

no image

ここでは不審者

セイシェルはなにしろ高級リゾート地だから、カップルと家族連れしかいない。 一人旅の日本人なんて存在が

記事を読む

no image

身体のいいなり

内澤旬子副部長の新刊『身体のいいなり』(朝日新聞出版)はもうとっくに読んだのだが、 来月11日にト

記事を読む

no image

イスタンブール無事到着

昨夜8時ごろ、ようやくイスタンブールに到着した。 東京の自宅を出て、36時間後のことだ。 なんでも一

記事を読む

no image

羨ましい病

ニューギニア、アマゾン、ナイル、モンゴル、タイ、カンボジア…と世界中の辺境に単身で飛び回って、巨大

記事を読む

no image

いわゆる「エア取材」

咳がひどいため医者に行ったところ、「咳喘息」と診断された。 私は小学生の頃喘息でひじょうに苦しんだ

記事を読む

講談社ノンフィクション賞を受賞しました

今日、タイの時間で3時過ぎ、チェンマイ大学の裏門前(通称「ランモー」)を通過中に驟雨にあい、 移動

記事を読む

no image

一時帰国

イスタンブールから飛行機内と空港で二泊三日し、 やっと東京に着いた。 いろんな意味で長く感じられた旅

記事を読む

no image

連絡とれました

「巨大生物UMA」のサイトを主催しているSさんから、 めでたくお返事がきました。 私もいよいよ「謎の

記事を読む

no image

美しき日韓問題

講談社ノンフィクション賞を受賞した安田浩一『ネットと愛国』(講談社)を読んだ。 丁寧に取材した

記事を読む

no image

早稲田についての質問は困る

「早稲田」についての記事をつくっている毎日新聞の記者の人から取材を受ける。 その記者さんの話では、今

記事を読む

Comment

  1. えい より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 1.1.4322)
    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=73777288&expand
    高野先生、話の腰を折るようですがタイの巨大エイですって。
    まだまだこんな発見あるんですねえ・・・。

  2. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    ところでVISA関係は??インドは遠くから眺めている程度が丁度いいのかも??

  3. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     さっそく買って読み始めまっした。
     つかみのところだけで、ググッと引き込まれています。
     これはさすがにノンフィクションではありえない(ウェイターが
    こういう小説は書けない)のでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年6月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑