*

これからちょっとソマリランド

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

本日より約1年4ヶ月ぶりのソマリランド行きである。
帰国は今月の26日の予定。

おや、と思われた方もいると思う。そう、行程全部で三週間しかない。
本当は最低でも正味一カ月は行きたかったのだが、前後に仕事がどしゃどしゃ入って
こうなってしまった。

それもこれも私が「断る力」を存分に発揮していないからだ。
たいへん反省している。
仕事を理由にいちばんやりたいことができなくなったら、
何のために生きているのかわからない。

まあ、今年はたぶん夏と冬にあと2回くらいソマリランド(あるいはプントランドか南部ソマリア)取材に行くと思うので、
今回は短くても勘弁してやることにしよう。
それに何と言っても久しぶりのソマリランドは楽しみだ。
見たいもの、訊きたいことは山ほどある。

今回は『謎の独立国家ソマリランド』の続篇(ソマリ本第2弾)追加取材と
ソマリ本第3弾の取材を行う予定。
いつものように一人で行くつもりだったが、急遽探検部の竹村先輩が納豆取材に引き続き、
同行することになった。
先輩は映像を撮ってくれるのでありがたい。

ではみなさんによいご報告ができますように期待して行って参ります。

関連記事

no image

『雪』断念

オルハン・パムク『雪』(藤原書店)を修行のように少しずつ読んできたが、 今日ついに断念。 小説自体が

記事を読む

no image

Arrived at Amman

sakki yorudan no anman ni tsuita. shiria no damasu

記事を読む

no image

やさしい日本語

以前一緒にミャンマー新聞をつくっていて、今は難民認定を受けているミョウさんと 8年ぶりくらいに会う。

記事を読む

no image

あの映画は何だったのか

名前はよく知っているし、名場面や音楽も知っているような気がするが、 実は一度もちゃんと見たことがない

記事を読む

no image

立松和平とドンガラ

立松和平氏が亡くなったというニュースを見て驚いている。 というのは、一昨日、たいへん久しぶりにその

記事を読む

no image

子供がノノさんになっていいのか

杉江さんから「な、な、なんか大変なことになってる!」と まるで銭形平次のところに駆け込んでくる八五郎

記事を読む

no image

ミステリ・ノンフィクションの傑作『龍馬史』

ちょっと前まで「学者」というのは圧倒的に年上の先生ばかりだった。 だが今は本のプロフィールを見

記事を読む

no image

東京うんこナイト

探検部の後輩が2月5日、東京うんこナイト 〜ウンコロジー入門。「のぐそ」は地球を救えるか?〜」とい

記事を読む

no image

おすすめ文庫王国2012

本の雑誌の杉江さんと久しぶりに打ち合わせ。 私と杉江さんはとかく仲が良く、読書の好みもそっくりのよ

記事を読む

no image

日本人はサッカーをビルマ人から学んだ

二週間前くらいだろうか、電車に乗っていたら突然、啓示が下りた。 「スローに生きよ」 そういう声が聞こ

記事を読む

Comment

  1. EMI より:

    続編出ないかなあ。出て欲しいなあ。と思っていました。
    続編楽しみにしています!
    お気をつけて!

  2. SUE より:

    「仕事を理由にいちばんやりたいことができなくなったら、 何のために生きているのかわからない。」

    いちファンですが、さりげなく書かれているこの言葉が心にぐっと刺さり、コメントせずにいられませんでした。 
    今後の著作を楽しみにしています。危険に巻き込まれませんように。

  3. 久本彩蘭 より:

    はじめまして。本日3/6ジプチ経由で3/10アジスアベバに入りすぐにソマリランドに行きたいのですが、ソマリランドのVISAオフィスの場所を教えて頂けますでしょうか?場所、住所、連絡先などもしお分かりでしたら是非ご教授下さいますか?後アジスアベバーハルゲイサ間のエアーチケットはアジスアベバにてすぐ購入可能ですか?謎の独立国家ソマリランドは勿論道中一緒です!丁度同じ時期にソマリランドに滞在できるの心から嬉しいです。
    不躾に突然質問ばかりのメールで恐縮です。アジスアベバのソマリランドVISAオフィスに問い合わせメールを送りましたが、折り返し連絡します。とのメールが一度来て以降は連絡がありません。3/10アジスアベバに入り3/18夜中帰国便に乗ります。その八日間の間に数日でもソマリランドに入りたいと思っております。

  4. 高野秀行 より:

    ソマリランド大使館はBole RoadからZimbabwe stの方へ少し入ったBole Mikeというエリアにあります。各国の大使館がたくさんあり、でもちょっとわかりにくい場所ですね。エアーチケットはすぐ買えるんじゃないでしょうか。…とここまで書いて気づいたけど、きっともう用は済んでるでしょうね。あと、今更ですが、ジブチから直でハルゲイサに行けばよかったのに。ジブチにソマリランド大使館もあるし、フライトも普通にあるし。私がまだ書いてないからでしょうね。続編ではその辺のことも書きます。

    • 久本サイラ より:

      ありがとうございます。
      ジプチから往復となるとジプチでの滞在日数が多くなるので涼しいアジスアベバからの往復に決めました。
      もし行けなくてジプチ10日間の滞在は辛いと思いまして。
      あと、ジプチのソマリランド大使館の場所はどこでしょう。ここでビザとっておきたいと思うのですが、あとジプチのホテル情報とかあったら教えていただければ幸いです。
      ちなみに今朝のエチオピア航空アジス行き飛ばなかったので航空会社の用意したバンコックのホテルに主人と泊まってます。明日は無事飛びジプチ入りできることを祈ってます。

  5. 高野秀行 より:

    なるほど。ジブチのソマリランド事務所の住所はわからないですが、とにかく小さい町なのでホテルのフロントに訊けばまずわかるでしょう。ビザはその場で発行してくれます。ジブチにはエチオピア航空のオフィスもあるので、アディスアベバからハルゲイサまでのチケットも買えると思いますよ。あと、ジブチのホテルは常に不足気味なので、絶対予約していった方がいいです。ネットで空室か見つけ次第予約するべきと思います。ジブチのホテルはかなり高いです。

  6. 久本サイラ より:

    今朝、無事ジプチ到着しました。
    預けなければよかったのですが預けた荷物出てきませんでした。アジスージプチ夕方の便があるので、それで届くことを祈って、とりあえずカートで到着祝いです。
    ソマリランド大使館は明日、日曜日もやってるみたいなので明日ビザ取りに行きます。
    明後日、10日月曜日にアジスアベバに帰りビザ、チケットが取れれば12,か13日にハルゲイサ到着です。

  7. スクナ より:

    高野さん、はじめまして。
    ぼくは「アフリカの角」地域に関心を持っている者です。「謎の独立国家ソマリランド」はとても興味深く読ませていただきました。
    今度のソマリランド行き、すごく期待しています。
    アル・マド山地の縦断探検とテーディモ「遺跡?」
    の実態解明が実現できるとすばらしいですね。
    どうかご無事でお帰りくださいますように。

  8. 久本健二 より:

    こんにちは
    妻が何度か投稿させていただいてます。
    昨夜、なくなった荷物も無事届き、今朝ソマリランドビザもゲットしました、5400ジプチフランで外貨は受け付けてくれませんが、その場でスタンプのビザくれました。場所は日本大使館のサイトの地図を開くと出てます。
    アジスアベバーハルゲイサ間のチケットは往復約446ドル、3泊だけですが13日にハルゲイサに着きます。
    噛みすぎで顎が筋肉痛です。

  9. 久本健二 より:

    3月10日未明、ジプチで妻サイラがホテルで脳内出血により急死しました。
    来週一緒に帰国予定です。
    ソマリランドのビザ、チケットともにゲットしていたのに残念です。
    いつもなら聞き慣れているアザーンがすごく悲しく聞こえます。
    ジプチの人たちの優しさが心にしみます。

  10. 高野秀行 より:

    ショックで言葉もありません。
    あり得ないという気持ちです。

  11. 加藤弘也 より:

    こんにちは はじめましてです

    一昨日の愛知県公立高校入試に問題文として『またやぶけ』が出題されておりました

    こういうのの引用の承諾とか実際に解いてみたご感想とか ぜひまたエッセイかなんかで書いてください!

    『ムベンベ』以来の一ファンです

  12. 久本健二 より:

    先日、妻の死後10日が過ぎてようやく妻と2人パリ経由で帰国することができました。
    ジブチの諸管轄、Hotel al marina、日本大使館、フランス軍その他大勢の方々のご御尽力のおかげです。
    謎の独立国家ソマリランド をお世話になった日本大使館に寄贈させていただきました。既に読んでおられる館員のかたもおられました。

久本彩蘭 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
    • 頭木弘樹著『食べることと出すこと』(医学書院)を読了。と言いたいのだけど、この本に「読了」なんてあるのかと思ってしまう。繰り返しエンドレスに読む必要のある本なのではないかと。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンター創業祭の企画で、高野秀行さんセレクトの選書が展開されているのですが、すんごいラインナップの中に私の「バンコクドリーム Gダイアリー編集部青春記」も選ばれてて感激。このコーナー自体かなり面白い本が揃ってて、そそられます。 http… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑