*

名著復刊!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

知らなかったが、本屋大賞では現在絶版になっている本の復刊も訴えているらしい。
それに応え、集英社文庫で、広瀬正というSF作家の小説『マイナス・ゼロ』が復刊された。
読んでビックリ。
もう二十年以上も前の作品なのに、古さをまったく感じさせない。
タイムマシンものとしてはさほど意外性のあるストーリーではないが、
懐の広い美しい文章と
「時間旅行」の丹念な描写はそれを補って余りある。
すっかり持っていかれてしまった。
テレビ番組は半分以上再放送でいいと前から思っていたが、
出版も同じなのかもしれない。
ときどき「文庫のタマがない」という話を聞くが、
現代のつまらないものを無理に出すより
昔の名著を復刊したほうがよっぽどいい。
たとえ私のように現代の書き手が多少困ったとしても、だ。
そう思わせる名著なのだった。

関連記事

no image

お湯割をください。涙の数だけ

さまざまな困難を乗り越え、 イランでの「アルコールクエスト」を続けている。 イランに来て、やっと一週

記事を読む

no image

おすすめ文庫王国2012

本の雑誌の杉江さんと久しぶりに打ち合わせ。 私と杉江さんはとかく仲が良く、読書の好みもそっくりのよ

記事を読む

no image

『猛き箱舟』をうっかり再読

いろんな仕事がたまっているのに、船戸与一の大作『猛き箱舟』を読んでしまった。 西サハラを舞台にして

記事を読む

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

no image

元アヘン王国・ワ州の今

中国ネットウォッチャーで、ライターでもある安田峰敏君がワ州へ行ってきた。 中国領内でしかるべきコ

記事を読む

no image

何の詐欺だろう?

ここ1ヶ月で2回、実家の母親から「変な電話があった」という知らせがあった。 最初は「ヒデユキ」を名乗

記事を読む

no image

願い事は強要から

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。 中島さんの『均ちゃんの失踪』(

記事を読む

no image

ブログとツイッター

半年ほど前、誰かに誘われてツイッターを始めたものの、使い方がよくわからないうえ、 面倒くさくなって放

記事を読む

no image

「いちおう民主国家」ミステリ

今さらだが、伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』を読んだ。 独裁国家でのミステリ読書週間の番外編だ。

記事を読む

no image

速報 最後の決戦の舞台

バンコクに着いた。 空港から乗ったタクシーの運転手に「タクシン派と軍の衝突は今どうだ?」と訊いたら

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    >テレビ番組は半分以上再放送でいいと前から思っていたが、
    ほんとですね!目からウロコ!(ウンコじゃないですよ
    高野さん絶賛の「マイナスゼロ」帰省のお供にします。

  2. amano より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん、「マイナス・ゼロ」は1970年に発表された作品なので、38年前になります。広瀬正全集という形で文庫化されたのが1982年です。まあどうでもいいことかもしれませんが。
    個人的には広瀬正の小説第2作「ツィス」の方が好きです。

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    え、38年前?!
    でもそうですよね、時代設定や著者の逝去した年齢から考えても。
    ますます感心しますねえ。
    今月21日にその「ツィス」が出るので楽しみです。
    集英社文庫ではしばらく毎月広瀬正全集復刊がつづくらしいです。
    嬉しいですね。

  4. amano より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    広瀬さんは1970年から作家活動を本格的に始めて、72年に亡くなられたため、出版された本は全部で6冊なんですよね。
    「マイナス・ゼロ」(直木賞候補)
    「ツィス」(直木賞候補)
    「エロス」(直木賞候補)
    「鏡の国のアリス」「T型フォード殺人事件」「タイムマシンの作り方」の6冊です。
    全部復刻されると素晴らしいですね。
    (ちなみに高野さんと同い年の私は中坊の頃に全部読みました)

タカノ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
    • 頭木弘樹著『食べることと出すこと』(医学書院)を読了。と言いたいのだけど、この本に「読了」なんてあるのかと思ってしまう。繰り返しエンドレスに読む必要のある本なのではないかと。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンター創業祭の企画で、高野秀行さんセレクトの選書が展開されているのですが、すんごいラインナップの中に私の「バンコクドリーム Gダイアリー編集部青春記」も選ばれてて感激。このコーナー自体かなり面白い本が揃ってて、そそられます。 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : このあと24:00-は NAVI GROWING REED ・・‥‥━━━━☆ 様々な分野の専門家を招き 岡田准一の質問を通して リスナーと一緒に成長していく ラジオプログラム🌿 今夜のゲストは ノンフィクションライター・高野秀行さ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑