*

爆笑ムエタイ武者修行

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

上智大学の講義、第4回のゲストは
元女子ムエタイボクサーで現在はムエタイエクササイズのインストラクター兼
フリーライターの下関崇子さん。
これまでのゲストは3人とも、最初からぶっ飛んでいる人だったが、
下関さんの面白いところはひじょうに「普通」であること。
普通に悩み、普通の決断を積み重ねて、でもなぜかどんどん普通でない方向に
行ってしまうのだ。
ムエタイを始めたのも「ダイエットしてキレイになって彼氏がほしい」という
若い女子としてこれ以上ないくらい普通の願望から
女子向けの軽いムエタイエクササイズを始めたのがきっかけ。
タイに渡ったのも「失恋」が原因の一つだったという。
それがいつの間にかバンコクのゴーゴーバーの特設リング
(お立ち台を即興でリングに仕立てたもの)で
ゴーゴーガールを相手にデビューしてしまい、
その後、2年間で数え切れないくらい試合をした。
「私ほどタイで試合をした日本人は男子も女子も他にはいないと思う」
とのことだから、凄い。
その経緯は著書『闘う女』(徳間文庫=本の雑誌おすすめ文庫王国2004ノンフィクション部門で
ベストテン入りしている)に詳しいが、
本人に直接聞くともっともっと面白い。
学生も女子が多いので、普段以上に共感をもって爆笑していた。
私にとっていちばん興味深かったのはムエタイと日本のキックボクシングのちがい。
日本のキックは「とにかく倒れないで頑張る」のが美徳とされる典型的なスポ根なのだが、ムエタイは「いかにきれいに技を出すかを競うゲームみたいなもの」で
そういうド根性ファイトはポイントに全く結びつかないルールになっているそうだ。
下関さんは最終的にタイのジムで一緒になったトレーナーの男性と結婚、
今ダンナさんは渋谷のキックボクシングジムでトレーナーをしているが、
仕事上でいちばんの悩みは日本のキックとムエタイとの「思想的ちがい」であるという。
お笑いの中にもちゃんと比較文化的視点が現れ、
実に充実した授業だったと本来、講師であるはずの私は思ったのだった。

関連記事

no image

孤高の伝道者・大槻ケンヂ

 昨年暮れ、つまり10日あまり前にアップされた音楽関係サイトで、大槻ケンヂのインタビューが載っている

記事を読む

no image

「間違う力」と「巻き込まれる力」

話すと長くなるが、成り行きで、ソマリランドの新聞に日本の中古車輸出会社の広告を載せるという仕事をやっ

記事を読む

no image

カメの肛門問題

水泳仲間(というか先輩)で獣医師のKさんが ときどき私の本を読んで、専門家の立場から意見を言ってくれ

記事を読む

no image

舟を編む

何とは言わないが、ひどい小説を読んでしまい、 「とにかく上質な作品で口直ししたい!」と本屋の棚を彷

記事を読む

no image

小説家になるのは大変だ!

土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、 ホテルの部屋に戻ったのはもう12

記事を読む

no image

なぜか今、コソボ

突然だが、明日から約2週間、旧ユーゴスラビアのコソボに行くことになった。 といってもコソボだけ

記事を読む

no image

ハッピー・ストリート

一年ほど前から腰痛リハビリのために水泳をやっているのだが、 そこで知り合いになった獣医さんに「バング

記事を読む

仕事を減らして納豆探究?

慢性的な多忙状態が続いていて、すっかりごぶさたしてしまった。 なにしろ2年ぶりに出た自分の新刊

記事を読む

no image

怪談実話系7で「神隠し」

『怪談実話系』というシリーズをご存じだろうか。 実話という建前で、でもフィクションも交えた「怖い話

記事を読む

no image

前世マラソン

朝から深夜までかかって、横浜、東京都西多摩郡檜原村、新宿区の三ヶ所で 前世を見てもらう。 「未確認思

記事を読む

Comment

  1. しもせき より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    先日は、どうもありがとうございました。
    で、補足というか、タイで試合をした回数は、かなり多いですが、ほとんどの試合は草野球みたいな感じで、トップレベルで、もっとすごいレベルの試合に出てる人は、日本人でもいっぱいいます^^;。そう言っておかないと、みなさん私が最強のムエタイファイターのように誤解しそうなので(笑)。
    本場に行くと、「本格的」という印象がありますが、じつは、ピンからキリまで層が厚いので、自分のレベルの試合相手がいっぱいいるというのがいいところなのかなぁ、と。
    しかし、本の雑誌のおすすめ文庫に入っていたとは! 感激です。

しもせき にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑