*

ほんとうに極限捜査

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


一週間くらい前、「あまりに重過ぎて飽きた」といった
オレン・スタインハウアーの『極限捜査』(文春文庫)を結局最後まで読んでしまった。
途中で挫折した本を、いくらも間をおかずに再挑戦するのは私には稀なこと。
どうしても「これからどうなるのか」が気になってしまった。
読んでみたら、後半、主人公の刑事がなんと犯人の一人を怒りに任せてブチ殺してしまったあげく、
びっくりしてそれを隠蔽するというありえない展開になり、目が点になる。
追う刑事が突然、追われる犯人になるのだ。
いや、ほんとに「極限捜査」だ、これは。
「こんな面白い展開はもっと早くやってくれよな」と思った。
これを言っても必ずしもネタバレにならないストーリーなのだ。
最後まで読んでも、重くて重くてしかたないが、
それでもシリーズ第一作を読んでみたくなったのはなぜだろう?

関連記事

no image

新企画持ち込みについて<関係者各位>

以前より私のところにはあちこちの出版社やテレビ制作会社・テレビ局より企画が持ち込まれているが、今年に

記事を読む

no image

記憶がないからどうにも

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。 今年はなぜか今がそう。 昨日、伊坂幸太郎の

記事を読む

no image

人生管理

春風亭昇太師匠が暮れに体調をくずしたと聞いたので、 「健康管理もファンサービスのうちですよ」と言った

記事を読む

no image

異国トーキョー漂流記

先週、中島京子さんより初の生メール(?)をいただいた。 「高野さんの『異国トーキョー漂流記』を朝日

記事を読む

no image

ソマリ兄妹来宅の巻

アブディラフマンとサミラのソマリ姉妹がうちに来て、遅まきながらラマダン明けのパーティ。 サミラ

記事を読む

no image

『悪童日記』に学ぶ小説技法

ただいま3:45AM。 目がかゆくて鼻が詰まって目が醒め、眠れなくなってしまった。 言わずと知れ

記事を読む

no image

辺境女子作家・名須川先輩デビュー!

『メモリークエスト』で、「日本への身元保証人になってほしいと迫ったミャンマー人のアナン君」と「古今東

記事を読む

no image

とんだハプニング

やっと仕事の山が峠を越えようとしていたとき、ハプニング。 一昨日の夜中(もしくは昨日の未明)に突然、

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PV&オタク本の魔力

『謎の独立国家ソマリランド』発売1カ月を記念して(?)、 プロモーション映像を作った。 http

記事を読む

シワユメは絶版ではなかった

また、とんでもない間違いをしてしまった。 去年の暮れあたり、『世界のシワに夢を見ろ!』(小

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.5) Gecko/2008120122 Firefox/3.0.5
    高野さん、こんにちは。
    すみません、「極限捜査」の話じゃないのですが…。
    昨日は高野さんの『世界のシワに夢を見ろ』(小学館文庫)の発売日でしたね。
    朝から役所へ行く用事があったので、駅前のバス停に行ったらちょっと時間があったので、駅前の本屋さんに行き『世界の…』を購入しようとしたのですが、見当たらず店員さんに聞いたら「12時〜の便できます」とのこと。
    そして夜に行ったらないのです!店員さんに携帯のPCサイトビュアーで「コレ!」と見せながら探してもらったのですが。
    (すご〜く失礼ながら)「あの〜、入ってないって事は…?」と聞いたら、「そんなことありません!今日出た小学館文庫は全て2冊づつ発注してます!」と怒られてしまいました。
    本当に好評発売中なので、嬉しくなってしまいました♪
    (アマゾンとも考えたのですが、)早速取り寄せの手続きをお願いしました。
    早く読みたくて待ち遠しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑