*

お詫びとやり直し

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


先日このブログで内澤旬子さんについてかなり失礼なことを書いてしまったような気がする。
あまりに刺激的で楽しかったので、ちょっと斜に構えてシャレにしようと思ったら
やりすぎてしまった。
内澤さんから別に何も言われてないが、削除してお詫びします。
申し訳ありませんでした。
で、あらためて書くのだが、その晩は内澤さんの「絶対に守りに入らない」という強い信念に打たれてしまった。
最近も『おやじがき—絶滅危惧種中年男性図鑑』(にんげん出版)なんて本を出しているし、『世界屠畜紀行』で読書界のみならず世間で高い評価を得ているのに、
エンタメ路線ばりばりだ。
まさに「先鋭」なのである。
それに引き換え、最近私はずいぶん小さくまとまっているよなと思ったのだ。
もっとどーん!といかねばいけない。
よくわからないが、どーん!と。
今それについて毎日考えている。
そうそう、内澤さんとは「エンタメノンフ文芸部」を立ち上げて、
部活動をしようという話もした。
エンタメノンフは文芸じゃなかったのかと驚く人もいるかもしれない。
私も驚いたが、それはいいとして、
他の大物も引き込み、部活で面白いことをやりたいと思っている。

関連記事

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

no image

民族問題とイスラムはダメなのか

こんな写真が出てきた。 うちには至る所に本があるが、ダルマはそれをいたずらすることは滅多になかった

記事を読む

no image

中国40年の狂気

また外出。 町のあちこちで運動会の練習をしている。 「フレー、フレー、赤組!」なんて今でも言ってる

記事を読む

no image

biiru no aji

Sakenomi ni totte,atsui kuni de naniyorimo nom

記事を読む

新連載に驚く

昨日発売の季刊誌「考える人」(新潮社)にて、ようやく私の新連載「謎のアジア納豆」が始まった。

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ的映画の真髄

「パパは出張中」と「アンダーグラウンド」で史上唯一カンヌを2回制した映画監督エミール・クストリッツァ

記事を読む

no image

今まだそこにいるんだけど…

ソマリランドの首都ハルゲイサもそろそろ一週間。 ソマリ人との付き合いは二週間。 さすがに最近は慣

記事を読む

no image

謎の猿人ナトゥー

作家の古処誠二さんが、「藤岡弘の最高傑作」と絶賛するミャンマーで猿人ナトゥーを追う DVDを本当に送

記事を読む

no image

ポプラ社で「ムベンベ」キャンペーン?!

ポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」の日替わり表紙写真(「本のある風景」)が6月29日、「ムベ

記事を読む

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

Comment

  1. うちざわ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.22
    内澤です。わーびっくりした。ぜんぜん削除しなくていいっすよ。おもしろかったよ。再載せしてくれよー。じゃまた。文芸部よろしくおねがいします。あたしは本気ですから。いうまでもなく締め切りからの逃避でもありませんから!!

  2. ちか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    内澤さんとの飲みのブログ、シャレがきいてて面白かったですよ☆
    それくらいのシャレが分からない人もいるんですね・・・。

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    読者の方からご丁寧に削除された部分をメールで送られてきたので、
    ここに「再乗せ」することにします。
    ちなみに「そのくらいのシャレがわからない人」は私です(笑)。
    屠畜の女
    新宿ゴールデン街横の韓国料理屋で、鬼畜ならぬ「屠畜」の内澤旬子に会い、
    最近行ってきたモロッコ取材の話その他を聞く。
    ここに書いていいかわからないので詳しくは書かないが、
    屠畜紀行パート2のほか、
    世間に顰蹙を買うこと必至の突撃インタビューを試みるとか、
    田舎の廃屋に半年暮らして飲んだくれるとか
    内澤さんが「今度これ、やるんだ」という企画はみんな豪快。
    すごいねと感心すると、
    「だってアタシ、失うモンないからさー、はっはっは」とこれまた豪快。
    ちなみにこの店で日本冒険作家協会の内藤陳会長と会長が経営するバー「深夜プ
    ラスワン」の若い衆数名が新年会をしていた。
    会長は内澤さんをよく知らないようだったが、若い衆は「え、あの『屠畜』
    の?!」と大興奮していた。
    内澤さんは一見、清楚なお嬢様系美人なので驚きが倍増するらしい。
    そういうところではちゃんと膝に両手をそろえてしとやかにお辞儀をしたりして、
    内澤さんはほんとに食えない女なのだった。

  4. ちか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    気の置けない仲だからこそ言えちゃう事ってありますよね(^^)
    根底にちゃんとしたリスペクトがあるからこそお互い笑い飛ばせちゃうっていうか。てか周りもちゃんとそれに気づいてるし。
    再載せされてて良かったー☆

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑