*

お詫びとやり直し

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


先日このブログで内澤旬子さんについてかなり失礼なことを書いてしまったような気がする。
あまりに刺激的で楽しかったので、ちょっと斜に構えてシャレにしようと思ったら
やりすぎてしまった。
内澤さんから別に何も言われてないが、削除してお詫びします。
申し訳ありませんでした。
で、あらためて書くのだが、その晩は内澤さんの「絶対に守りに入らない」という強い信念に打たれてしまった。
最近も『おやじがき—絶滅危惧種中年男性図鑑』(にんげん出版)なんて本を出しているし、『世界屠畜紀行』で読書界のみならず世間で高い評価を得ているのに、
エンタメ路線ばりばりだ。
まさに「先鋭」なのである。
それに引き換え、最近私はずいぶん小さくまとまっているよなと思ったのだ。
もっとどーん!といかねばいけない。
よくわからないが、どーん!と。
今それについて毎日考えている。
そうそう、内澤さんとは「エンタメノンフ文芸部」を立ち上げて、
部活動をしようという話もした。
エンタメノンフは文芸じゃなかったのかと驚く人もいるかもしれない。
私も驚いたが、それはいいとして、
他の大物も引き込み、部活で面白いことをやりたいと思っている。

関連記事

no image

今度はUFO…

「未確認思考物隊」は毎週放映である。 しかも私はレギュラーで、毎回現場レポートに行かねばならない。

記事を読む

no image

「花より男子」

高校講演会ではいつもいろいろ面白いことがあるが、 今回いちばん驚かされたのは同行している集英社の担当

記事を読む

no image

まつりスペシャル

この前話題にあがった神尾葉子氏だが、少女マンガの絵にアレルギー体質がある私には さすがに『花より男

記事を読む

no image

TBS「クレイジージャーニー」とすしざんまい

さきほど私が出演したTBS「クレイジージャーニー」が放映された。当初は「ムベンベ」「アヘン王国」「ソ

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

「大人の遠足」速報

みなさん、お久しぶりです。 私は、アルジェリア領のサハラ砂漠で行われた「サハラ・マラソン」42.19

記事を読む

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行<第3弾>

「小説現代」(講談社)で不定期連載中の「アジア未知動物紀行」。 第1弾はベトナムの猿人フイハイ、そ

記事を読む

no image

おお、神よ、私は働きたくない

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。 単行本の新刊は一年半ぶ

記事を読む

Comment

  1. うちざわ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.22
    内澤です。わーびっくりした。ぜんぜん削除しなくていいっすよ。おもしろかったよ。再載せしてくれよー。じゃまた。文芸部よろしくおねがいします。あたしは本気ですから。いうまでもなく締め切りからの逃避でもありませんから!!

  2. ちか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    内澤さんとの飲みのブログ、シャレがきいてて面白かったですよ☆
    それくらいのシャレが分からない人もいるんですね・・・。

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    読者の方からご丁寧に削除された部分をメールで送られてきたので、
    ここに「再乗せ」することにします。
    ちなみに「そのくらいのシャレがわからない人」は私です(笑)。
    屠畜の女
    新宿ゴールデン街横の韓国料理屋で、鬼畜ならぬ「屠畜」の内澤旬子に会い、
    最近行ってきたモロッコ取材の話その他を聞く。
    ここに書いていいかわからないので詳しくは書かないが、
    屠畜紀行パート2のほか、
    世間に顰蹙を買うこと必至の突撃インタビューを試みるとか、
    田舎の廃屋に半年暮らして飲んだくれるとか
    内澤さんが「今度これ、やるんだ」という企画はみんな豪快。
    すごいねと感心すると、
    「だってアタシ、失うモンないからさー、はっはっは」とこれまた豪快。
    ちなみにこの店で日本冒険作家協会の内藤陳会長と会長が経営するバー「深夜プ
    ラスワン」の若い衆数名が新年会をしていた。
    会長は内澤さんをよく知らないようだったが、若い衆は「え、あの『屠畜』
    の?!」と大興奮していた。
    内澤さんは一見、清楚なお嬢様系美人なので驚きが倍増するらしい。
    そういうところではちゃんと膝に両手をそろえてしとやかにお辞儀をしたりして、
    内澤さんはほんとに食えない女なのだった。

  4. ちか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    気の置けない仲だからこそ言えちゃう事ってありますよね(^^)
    根底にちゃんとしたリスペクトがあるからこそお互い笑い飛ばせちゃうっていうか。てか周りもちゃんとそれに気づいてるし。
    再載せされてて良かったー☆

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑