*

急性イラン中毒?

公開日: : 最終更新日:2012/07/23 高野秀行の【非】日常模様


イランより帰国した。
たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、
濃密な旅だった。
ドバイで大阪行きの便に乗り換えたとき、
乗客が日本人だらけになり、私も森もえらく違和感をおぼえた。
「表情がのっぺりしていて、何を考えているかわからん」という気がしたのだ。
中に中東系の人を見かけるとホッとしてしまった。
そのくらい、イランに毒されてしまったってことだ。
自宅に戻って、やっと酒を思う存分飲んでも、
やはり頭の中ではイランがぐるぐる回っている。
(写真)ラシュトというカスピ海沿岸の町の市場で出会ったおっさん。
自分で「サダム(フセイン)だ」と言って、
「ウシシシシ」とだみ声で笑う。

関連記事

「ダ・ビンチ」2月号にてオードリー春日氏と対談

現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2月号にて、オードリーの春日俊彰氏と対談している。 私はテレビ

記事を読む

no image

独自の視点

最近こんな本も読んだ。 木村晋介『キムラ弁護士、ミステリーにケンカを売る』(筑摩書房)。 あくまで

記事を読む

no image

角幡唯介はノンフィクション界の村上龍

昨日は東北から帰った直後だったせいか、いつになく「正論」を述べてしまった。 現地に一週間ほど行って「

記事を読む

no image

知られざる名作がまた一つ

桜栄寿三『蝸牛の鳴く山』(藤森書店)を読む。 先日お会いした作家の古処誠二さんが「すごくいい本です

記事を読む

no image

ベトナムの猿人

紆余曲折の結果、ミャンマー行きは取り止めになった。 最近、ほんとについていない。 その代わり同じ時期

記事を読む

no image

熊の爪跡

「台風の爪跡」とか「戦争の爪跡」とか、 よく「爪跡」という言葉を目にするが、じゃあ、実際の爪跡はど

記事を読む

no image

メモリークエスト発進!

突然だが、五月の連休明けから一ヵ月ほど海外へ行くことになった。 例の「メモリークエスト」の取材、とい

記事を読む

no image

驚異の山形勉強会

昨年に引き続き、山形大学医学部の先生主催による「勉強会」にお招きいただき、 週末は山形に行き、今さ

記事を読む

no image

「王様のブランチ」撮影

『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)がTBSの「王様のブランチ」にとりあげられることになり、今

記事を読む

no image

V字に向けて

後手後手になってしまっているが、2月20日ジュンク堂書店での 「エンタメノンフ三銃士トークショー」は

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    中東の人を見ると安心するて!(爆笑)
    そうか〜日本人て 無表情のっぺり顔 なんですね。彫り浅いしね。
    でも今から顔は変えられないので、せめて笑い方だけでも変えたいと思います。
    ウシシシシ。

  2. ウーマン18 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SO702i(c100;TB;W24H12)
    お帰りなさい!
    携帯からでは画像は見れないのですか?ウシシのおじさん見たいのですが…

komari-ko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【新刊】『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行(新潮文庫)辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。山奥のジャングルで出会った納豆ご飯、ぱりぱりと割れるせんべい納豆、日本の究極の納豆…知的好奇心あふれるノンフィクション。… ReplyRetweetFavorite
    • RT : テレワークで自宅にいたり、衣替えも迫り、すっかりスーツを着たり、目にする機会がなくスーツ好きには残念な日々ですが、そんな不満を内澤旬子さんの『着せる女』を読んで解消しましょう! 宮田珠己さんや高野秀行さんのビフォーアフターの写真も収録!… ReplyRetweetFavorite
    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑