*

無性に

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

http://www.webdoku.jp/suttoko/
宮田珠己の「スットコランド日記」は、後世に残る日記文学ではないかと
勝手に思っている。
今日更新された日記には、私の『メモリークエスト』に関連して、
宮田さんのメモリークエストが異例の長さで記されている。
こういうのを見ると、無性に探しに行きたくなる。
いや、居場所はわかっているらしいから探すというより会いに行きたくなるのだ。
双葉社に勤める後輩にも、先日、タイで10年前にものすごく変な老人に会ったという話を聞き、無性にいきたくなった。
それは何だったのか、今はどうなっているのか。
それを無性に突き止めたい。

関連記事

no image

とくに関西の女性に感謝!

二週連続で行った「旅の本屋 のまど」のトークイベントが終わった。 毎回ながら、熱心な読者の方が多くて

記事を読む

no image

仏教の週末

以前、『トルコのもう一つの顔』(中公新書)とその著者である言語学者の小島剛一氏を紹介し、 たしか「

記事を読む

no image

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」

高野秀行の災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」  昨年、新潟中越地震が起きたあと、私はいつになく

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

「高野秀行」の新刊?!

またもや「高野秀行」の新刊が出た! …といっても、今度は同姓同名の将棋棋士の高野秀行五段の著書だ。

記事を読む

no image

船戸与一は不死身

日本冒険小説協会の内藤陳会長が昨年末に亡くなり、その追悼イベント 「内藤陳帰天大宴会」というものが行

記事を読む

no image

「クロワッサン」で料理デビュー

明後日(3月25日)発売の「クロワッサン」が届いた。 表4(裏表紙?)をめくったところに、内澤

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

腰痛探検家

11月に集英社文庫から刊行予定の『腰痛探検家』のゲラが出たので、 久しぶりに読み返したところ… あま

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境は怖い

先日、ヤンゴンで世話になった友人Kさんから こんなメールがさっき届いた。 「昨日、ヤンゴン・プタオ

記事を読む

Comment

  1. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    自分も珠キングのメモリークエストを読んで、わざわざ面接までして公募?しなくても身近にいたんじゃん高野さん、という気分になりました。しかもミャンマーのサガインなんて場所も…家族全員実はゴーストだった見たいな感じでいいですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
狂言
NEXT :
天皇はロマン
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今のワ州はどうなってるんだろうか。一度見てみたい気はする。村はどうなってるのか、村の人たちの暮らしはどうなっているのか。 ReplyRetweetFavorite
    • あれから時代は移り変わり、ワ州からアヘンはなくなったようだが、ワ州連合軍は相変わらずミャンマー最強の反(非)政府武装勢力で、ボスのパオユーシャン(タ・パン)も健在だというのが凄い。 ReplyRetweetFavorite
    • 約25年前、ミャンマー国内の独立エリア「ワ州」で知り合った中国人女性からメールが来た。当時、村に住んでいた私には色白の町娘といった彼女の容姿がまぶしかったのを懐かしく思い出した。 ReplyRetweetFavorite
    • この漫画の時代ならアイヌ語ネイティブがたくさんいるから、習ったらさぞ面白かっただろう。ちと、生まれるのが遅かった。 ReplyRetweetFavorite
    • 「ゴールデンカムイ」の2巻を読んでいる。アイヌ語がカタカナ表記で出てきたが、語順が日本語そっくり。全然違うのかと思ってたから意外だ。 ReplyRetweetFavorite
    • とある事情でU-NEXTにお試し加入してラインナップを眺めていたら、なんと「古畑任三郎」を発見! 20年ぶり?に見たのだけど、最高だった。三谷幸喜によるキレキレの脚本、嬉しそうな田村正和の怪演。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : \話題です/ ・元会計士が作る究極のピーナッツバター ・毎年完売する100グラム1万円の茶葉の秘密 先端技術とマネジメントで高品質商品を生み出す変革者たち。#川内イオ さんの『#農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』ビジネスのヒントが満載! 電… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑