*

ラジカル加藤、現る!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「ワセダ三畳青春記」にちょっと書いたが、探検部の二つ上の先輩で
「ラジカル加藤」という人がいた。
仮名だがわかる人にはわかるだろう。
私たちにとっては「偉大な先輩」としか言いようのない人だ。
現役のときは部会で「本当の探検はいまや宇宙にしかない。山や洞窟なんかやめてロケットの開発をすべきだ」と主張したり、河童団という水泳チームを結成したはいいが、一年間飛び込みの練習に専念して泳ぎにいたらなかったとか、とにかく「ラジカル」な人だった。
就職してからも、ときどき朝、私の三畳間に突然現れた。
あるときは「電気の歴史」という本をもってきて、「タカノ、知ってるか。電気はエジプト時代に静電気が発券されたのがはじまりなんだ」と言う。
彼の会社は船会社である。
「どうして電気の歴史なんて調べてるんですか?」と訊いたら、
「いや、パソコンの使い方を覚えろって上司に言われてな。基礎からやろうと思ったんだ」と平然と答えたのでたまげた。
そこまで「基礎」をさかのぼらなくても…。
そのラジカル加藤さん、今はどこで何をしているのか誰も知らないまま十年近くがすぎたが、先週、屋久島の野々山さんから「加藤が来たぞ!」という驚きの連絡をもらった。
(大学はちがうが、加藤さんは野々山さんの二つ後輩にあたる)
なんでも野々山さんが山の中に立てた自宅で朝から酒を飲んでいたら、
突然ドアがノックされた。
人なんか来るような場所じゃないので「いったい誰だろう?」と思って開けたら、
加藤さんが汗びっしょりになって立っていた。
「おまえ、加藤じゃないか。何してるんだ!」と仰天して訊いたら、
「いやあ、引越したいと思って、住むところを探してるんです」と答えた。
いったい何がなんだかわからない。
「とにかく中に入れ」と言ったら、「いや、すぐ帰ります。水をください」といい、
水をがぶがぶ飲んで帰っていったという。
「いやあ、場所も知らないでいきなり来たやつは初めてだ」とさすがの野々山さんも驚きをかくせない。
「せんずりかいてるときじゃなくて本当によかったよ」
一日何回もするので、突然こられると困るんだそうだ。
それはともかく、加藤さんは何しに来たんだろう。
ラジカルに家探しをしていただけかもしれないが。

関連記事

no image

犬と辺境旅をしてみたい

最近頭がぼやあっとして、ここに書いたかどうかも憶えていないのだが、 7月1日に行う旅の本屋のまどでの

記事を読む

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

逃避の週末

大野更紗さんに『困ってるひと』の続編というか第2弾の連載を書いてもらうことになっていて、その構成案

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

旅いろいろ

私が最近寄稿した雑誌が2冊、ほぼ同時に送られてきた。 どちらも旅の本で、一冊は「バックパッカーズ読本

記事を読む

no image

酒とつまみ 最新号

酒飲みの酒飲みによる酒飲みのための雑誌「酒とつまみ」13号が届いた。 ここの名物インタビュー「酔客

記事を読む

no image

夢はソマリを

取材や長旅の終わりになると、緊張が緩んで体調を壊すとよくいう。 イシカワはアジスアベバをこれから発ち

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(ノンフィクション部門)

明けましておめでとうございます。 遅ればせながら2007年に読んだ本ベストテン(ノンフィクション部門

記事を読む

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

Comment

  1. 尊師 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 D904i(c100;TB;W24H12)
    すごい。おもしろすぎます
    わらいました

  2. 高野氏のファン より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
    笑いました。
    ぜひ 次回のメモリークエストで ラジカル加藤さんを探してください。

  3. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    >「いや、パソコンの使い方を覚えろって上司に言われてな。基礎からやろうと思ったんだ」と平然と答えた
     うわあ、ありえないような面白さですね。

  4. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506)
    ノノさんって、つい最近彼女ができて別人のようになった!って言ってませんでしたっけ?
    なのに、今も屋久島に棲んでおられるということは、あっけなく破局をむかえられたのかなぁ?

  5. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB5)
    ご期待を裏切って、まことに申し訳ないが、
    来春、結婚の予定です。
    ま、最期までわかりませんが。
    独身最後の好き勝手をしてる毎日です。
    ふたりになっても屋久島に住みます。
    それにしても、アイツの突然の来訪は、
    アセった。

  6. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506)
    それはそれは失礼致しました&おめとうございます!
    お相手の方が、屋久島での生活を承諾しているということは、相当逞しいお人なのですね。
    ならば、『ワセダ三畳...』の向こうを張って、彼女とのゴールインでハッピーエンドとなる『屋久島 生活記』の執筆を!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 朝、「今日は日曜日」という刷り込みがなされ、何度「いや、今日は休日だけど月曜なんだ」と言い聞かせても、すぐに「今日は日曜」気分に戻ってしまう。ラジオ出演も明日の夜だと思ってしまう。危険。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : そんな高野秀行さんが明晩、「荻上チキセッション22」に登場。お相手は同じ早大探検部の角幡雄介さん。角幡さんはかつて『中動態の世界』を熱く書評してくださいました。ケアひらは探検によく似合う? 「探検家は辺境の地で何を見るのか~新型コロナウイルス… ReplyRetweetFavorite
    • ちょっと私の「間違う力」に似てるんですよねえ。 https://t.co/gjnkBOV8dZ ReplyRetweetFavorite
    • 『やってくる』についてツイートしたら、友だちから「あれ、意味がよくわからないけど面白いよな!」と連絡が来て、1時間以上も電話で喋ってしまいました。いろんな人のところにやってきてるみたいです笑 https://t.co/aQDAxRidt7 ReplyRetweetFavorite
    • 奥村さんやザイール人ミュージシャンの生き方や音楽は「やってくる」で言われていることに近いような気がしてならない。少なくとも同時並行で読んでもいっこうに違和感がなかった。 https://t.co/67hq52qI9Z ReplyRetweetFavorite
    • 正直言って著者が語ることは半分以上わからないのだが、それでも面白くてちょっと笑ってしまう感じは、かつてオートポイエーシスを読んだときの感覚に似ている。今生きている世界の前提を地面から丸ごとひっくり返しにかかるような感覚。 https://t.co/SnNzOfUfLs ReplyRetweetFavorite
    • もう一冊は郡司ペギオ幸夫著『やってくる』(シリーズ ケアをひらく 医学書院)。帯のあおり文句が強烈で「これを買わずして何を買う」という気持ちになって買ってしまったが、読んでみたら想像したものとは全然ちがったのにすごく面白かった。そもそも何を期待していたのかも忘れてしまった。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑