*

記憶がないからどうにも

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。
今年はなぜか今がそう。
昨日、伊坂幸太郎の『重力ピエロ』をDVDで観た。
多くの人がそうであるように、私もこの原作を読んで、
「うわっ、こんな面白い小説を書く人がいたのか!」と驚き、
一時期、伊坂作品を片っ端から読んでいた。
で、昨日、その映画版を見たら、筋をまったく憶えていない!
一緒に見た妻によれば、「原作とだいたい同じ」と言うのだが…。
もっとミステリとして練られていたように思ったが、
ちがったのだろうか。
それとも映画になると、原作にあった言葉の綾みたいなものが失われて、
結果的に平板な調子になってしまうのだろうか。
記憶がないからどうにも判断がつかない。

関連記事

no image

かっこいい公務員たちの物語

片野ゆかの『ゼロ!こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?』(集英社)が本日発売である。

記事を読む

no image

2011年のベスト本はもう決まった!

数日前、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)を読了した。 これほど面白くて

記事を読む

no image

謎の猿人ナトゥー

作家の古処誠二さんが、「藤岡弘の最高傑作」と絶賛するミャンマーで猿人ナトゥーを追う DVDを本当に送

記事を読む

no image

トルコより帰る

 トルコより帰国した。  私の滞在中、トルコ国内でも二度テロがあり、外国人旅行者も犠牲になったよう

記事を読む

連投初戦で同志発見?!

先週の木曜日から月曜(昨日)まで、5日間で4回の飲み会。 しかもほぼ全てが深酒。 まるで昔の稲尾

記事を読む

no image

山松ゆうきちがインドだ

旅行者業界を震撼させた山松ゆうきち『インドに馬鹿がやって来た』(日本文芸社)の、なんと続編が出版さ

記事を読む

新キャラ・パープル旬子の『捨てる女』登場!

あと二時間ほどで家を出る。旅の準備はだいたい終わったと思ったら、大事なことがまだだった。 内

記事を読む

no image

日本の路地を旅する

いやあ、昨日は日本がカメルーンに勝って驚いた。 誰がどう見てもダメだというチームが勝ってしまった

記事を読む

no image

絶滅動物の生き残り?

さて、マリンダはいったいなにものなのか。 既知の現生哺乳類にはこんな動物はいない。 ところが、過去に

記事を読む

no image

『怪獣記』本日発売

本日、『怪獣記』(講談社文庫)発売。 見所は森清の単行本未収録(もしくは単行本時にはモノクロだった)

記事を読む

Comment

  1. みか より:

    AGENT: KDDI-SH38 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.349 (GUI) MMP/2.0
    おはようございます。初めてコメントさせていただきます。全然今回のブログ内容とも関係ないし、今さら?!という感じでもうご存知かもしれみせんが…
    アフリカのどこかを舞台にした自然保護管と野生のチーターの触れ合い(?)の実話で『野生のガラヤカ』 って本に川の主と呼ばれるムレンベという大きなワニが出てきます。昔は地元の村人がお供えをしていた とか…すみません。あやふやな話で。通勤中にふと思い出して手元に本がないものですから…高野さんの『ムベンベ』と関わりあるのかな〜と思い、なんとなくコメントしてみました。

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    伊坂幸太郎さん、私も好きでほとんど読んでます。
    でも覚えてないんですよ!いつも仙台が舞台だったり、前の作品のキャラが出てきたりするのが多いでしょ?だからかなぁと。
    記憶力が悪いのと思い込みが激しいのでそれが原因だと思いますが。
    映画になった「アヒルと鴨のコインロッカー」もよかったです。
    初めて読んだ伊坂作品は「死神の制度」だったんですが、こないだその映画を見て、高野さんと同じ状況に陥りました。
    息子に「原作もこんなだっけ?」と確認すると「見ただけですぐに結末思い出した」と。
    え〜〜〜!そうなの?私なんて結末を覚えてなくて、自分の記憶力と戦いながら見たのに?!
    まぁ作品を2度も3度も楽しめていいってことなんでしょうか(ポジティブすぎ。笑)

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    僕のお気に入りは「チルドレン」です。

みか にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑