*

記憶がないからどうにも

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。
今年はなぜか今がそう。
昨日、伊坂幸太郎の『重力ピエロ』をDVDで観た。
多くの人がそうであるように、私もこの原作を読んで、
「うわっ、こんな面白い小説を書く人がいたのか!」と驚き、
一時期、伊坂作品を片っ端から読んでいた。
で、昨日、その映画版を見たら、筋をまったく憶えていない!
一緒に見た妻によれば、「原作とだいたい同じ」と言うのだが…。
もっとミステリとして練られていたように思ったが、
ちがったのだろうか。
それとも映画になると、原作にあった言葉の綾みたいなものが失われて、
結果的に平板な調子になってしまうのだろうか。
記憶がないからどうにも判断がつかない。

関連記事

no image

珍しく円城塔氏と気があった、と思ったのだが……「本の雑誌」上半期ベスト1特集

「本の雑誌」8月号が届いた。今回の特集は「2012年上半期ベスト1」で、私も書いている。題して「超人

記事を読む

no image

元「たま」の石川浩司氏とトークイベントのお知らせ

元「たま」のランニングこと石川浩司氏とイベントを行うことになりました。 前に何度もイベントを企

記事を読む

no image

私の名は紅

前から気になっていたケン・フォレットの世界的ベストセラー『大聖堂』を読み始めたのだが、 物語はとく

記事を読む

no image

草思社倒産

草思社が事実上、倒産した。 あれだけコンスタントにベストセラーを出し、 一時は幻冬舎と並んで新聞で紹

記事を読む

no image

ブログとツイッター

半年ほど前、誰かに誘われてツイッターを始めたものの、使い方がよくわからないうえ、 面倒くさくなって放

記事を読む

no image

幻のポスター

最近、出版社が新刊の文芸書のゲラを書店員の人たちに前もって配り、 感想をいただくということがよく行わ

記事を読む

no image

海賊国家プントランド

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、 そこにいると同じ意見しか聞けない。

記事を読む

no image

写楽 閉じた国の幻

今日は仕事場(ドトールコーヒー)に行ったにもかかわらず、 まったく仕事ができなかった。 島田荘司『

記事を読む

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

仕事を減らして納豆探究?

慢性的な多忙状態が続いていて、すっかりごぶさたしてしまった。 なにしろ2年ぶりに出た自分の新刊

記事を読む

Comment

  1. みか より:

    AGENT: KDDI-SH38 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.349 (GUI) MMP/2.0
    おはようございます。初めてコメントさせていただきます。全然今回のブログ内容とも関係ないし、今さら?!という感じでもうご存知かもしれみせんが…
    アフリカのどこかを舞台にした自然保護管と野生のチーターの触れ合い(?)の実話で『野生のガラヤカ』 って本に川の主と呼ばれるムレンベという大きなワニが出てきます。昔は地元の村人がお供えをしていた とか…すみません。あやふやな話で。通勤中にふと思い出して手元に本がないものですから…高野さんの『ムベンベ』と関わりあるのかな〜と思い、なんとなくコメントしてみました。

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    伊坂幸太郎さん、私も好きでほとんど読んでます。
    でも覚えてないんですよ!いつも仙台が舞台だったり、前の作品のキャラが出てきたりするのが多いでしょ?だからかなぁと。
    記憶力が悪いのと思い込みが激しいのでそれが原因だと思いますが。
    映画になった「アヒルと鴨のコインロッカー」もよかったです。
    初めて読んだ伊坂作品は「死神の制度」だったんですが、こないだその映画を見て、高野さんと同じ状況に陥りました。
    息子に「原作もこんなだっけ?」と確認すると「見ただけですぐに結末思い出した」と。
    え〜〜〜!そうなの?私なんて結末を覚えてなくて、自分の記憶力と戦いながら見たのに?!
    まぁ作品を2度も3度も楽しめていいってことなんでしょうか(ポジティブすぎ。笑)

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    僕のお気に入りは「チルドレン」です。

みか へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑