*

ブータン旅より帰国

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、
本日帰国した。
タイ王朝が崩壊するかもしれないという歴史的事件を目撃したかったが
しかたない。
自宅でブータンの写真をみると、なんだか夢のような世界だ。
自分がこんなところへ行ってきたのかと不思議に思う。
面白い本になればよいのだが。
(写真:ヤクを使って畑を耕す村人/ガザ県ラヤ村)

関連記事

no image

ああ、間違えた

どうやら大変な間違いを犯してしまったらしい。 なんとしたことか、某社の依頼で「生き方本」を書いてしま

記事を読む

no image

ソマリア大飢饉の嘘

やっとラマダンが終わり、新年際の「イード」も終わった。 今日から仕事始め。 だが、新年では大物政治家

記事を読む

no image

日本冒険界の奇書中の奇書

(昨日からのつづき) 「冒険家の藤原さん」で「イリアン」といえば、思い出すのは峠恵子の「ニュー

記事を読む

no image

アブディン(マフディ)結婚

古い友人で、スーダンから来た盲目の留学生のアブディンが このほどめでたく結婚し、私もお披露目のパー

記事を読む

no image

Let’s go パラグアイ!

残念ながら日本はパラグアイにPKで敗れてしまった。 さぞ落胆している人が多いだろうが、そんな人たちに

記事を読む

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

後輩がアジア大会で銅メダル

早大探検部の後輩・角幡唯介の『空白の五マイル』(集英社)が売れている。 アマゾンでは、発売から半月

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

異種格闘技戦、夏休み原理主義、未来国家

26日(日)、リブロ池袋店でジャーナリストの木村元彦さんの「争うは本意ならねど」(集英社インターナシ

記事を読む

Comment

  1. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.3) Gecko/20100401 Firefox/3.6.3 (.NET CLR 3.5.30729)
    おかえりなさい。
    いい写真ですね。あーますますブータンに行きたくなりました!
    ブータンの本楽しみにしてます。
    しかし、4月に高野さんがブータンに旅立ったときに立ち寄ったバンコクでは
    タクシーの運ちゃんが「マイペンライ!」って言ってたのに。
    まさかこれほどになるとは…。

  2. fukaya より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7
    おつかれさあっした!
    おかえりなさい!
    雪男の顛末とか早く聞きたいけど
    本で読むのを楽しみにしてようと思います。
    しかしまずはご無事でなにより(^^;/〜

  3. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.3) Gecko/20100401 Firefox/3.6.3 (.NET CLR 3.5.30729)
    おかえりなさい!
    いい写真ですね〜。
    ブータンに行きたくなりました。
    本、楽しみにしています。

  4. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    写真いいですね。
    そういや、イベントで使われるんですものね。

fukaya にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今までは料理しながら献立を考えていた。だから最終的にどんな食卓になるのか自分でもなかなか予想ができなかった。 ReplyRetweetFavorite
    • 主夫になって9年目、献立を先に作ると晩飯の支度がスムーズになることに気づいた!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : ここが #納豆 発祥の地かどうかは別として、「日本における納豆の本場中の本場」である可能性は高い。ひじょうに古い時代から納豆が食べられていたのも確かだろう。/納豆民族はアジア大陸では常に国内マイノリティにして辺境の民だった。(第九章)#高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • これは今まで全く考えてみたことがなかった。言語に関するとても面白い問題だ。 https://t.co/Q4utk1E4ex ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「うちの息子は特に好きで、毎朝、納豆チャーハンを食べてる」。父親より小さめのターバンを巻いた若者ははにかんで頷いた。/インドのシーク教徒が作る納豆チャーハン。それは何料理と呼べばいいのか、もう全然わからない。(第五章より)#高野秀行 著『#謎… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「日本人もトナオを食べる⁉ ほんとう⁉」「本当だよ」「ファンタスティック‼」納豆を食べると言って欧米人に驚愕されるとは夢にも思わなかった。(第一章より) 辺境作家 #高野秀行 さんの新たなる代表作『#謎のアジア納豆』。納豆を求める旅がこんなに… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 新潮社 高野秀行著「謎のアジア納豆」が文庫になって帰ってきた! 知られざるアジア各地の納豆がここに!! https://t.co/G4uznohU9k ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑